アントワーヌ シャトレ シャブリ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「1000円台程度の手頃な価格で、フレッシュでフルーティーな飲みやすい白ワインありませんか?」

そう聞かれたら提案したいワイン。

ブルゴーニュの有力ネゴシアン(自社で畑を所有せず、ブドウ又はワインを仕入れて製造するタイプの生産者)で、多くの航空会社や星付きの有名レストランでもオンリストされる生産者。

そんな生産者の造るシャブリは非常に手頃で、飲んだ方々の評価も好感度の高い傾向がありましたので紹介する事にしました。

 

今回はそんなアントワーヌ シャトレ シャブリの
・価格
・味わい
・飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
アントワーヌ シャトレ
シャブリ

《価格》

【およそ16002300円

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>シャブリ
《生産者》  アントワーヌ・シャトレ

《特徴》
ほどよい強さの果実味主体で
飲みやすい品質

【外観】
グリーンがかった淡いレモンイエロー

【香り】
柑橘類のフレッシュな香りに、リンゴ・白桃・パイナップルなどのフルーティな果実香も感じられます。

【味わい】
グレープフルーツなどの爽やかな果実味に加え、ほのかに蜜を感じさせる甘味も感じられます。
ほどよい酸味は味わいをまとめ、軽やかな余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃12℃
よく冷やせば酸味が際立ち軽快な飲み口が楽しめます。
少し温度を上げれば、フルーティで豊かな風味が広がる飲み口を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ1年~5年】
若いうちの生き生きとした風味を楽しむワインで、長く熟成させてしまうと風味は弱まりどこか枯れた印象のワインになってしまうでしょう。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりorふくらみのあるグラス】
温度が上がりにくいように設計された小ぶりのグラスで飲めば、軽快で上品な味わいが楽しめます。
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみたい時は、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


カマンベールチーズフライをレモンと塩で

など、比較的繊細な味わいから程良いコクを持つ料理に合わせると良いでしょう。フルーティでほどよい酸味を持ったこのワインは、料理の味わいを引き立て寄り添ってくれるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

フルーティなワインが好きな方
シャブリにしては果実味豊かなワインで、飲みやすいフルーティなワインが好きな方にはおすすめですね。

気軽な場面で
特にワインに興味のない仲間との気軽なパーティーなどの席では、品格溢れる高級ワインよりも、このようなカジュアルなワインの方が良い場合もあります。
割れてもショックが少ない厚めのグラスで乾杯でもしながら楽しんではいかがでしょうか。
ほどよいボリューム感のあるこのワインは、繊細な料理からほどよいコクを持った料理まで幅広く寄り添ってくれるような親しみやすさがあります。


《こんな場合には不適切!?》

ジューシーなワインが飲みたい時
シャブリの中では果実味豊かな方ですが、カリフォルニアや南フランスなどの温暖な産地の、ジューシー果実味を持ったワインほどのパワーはありません。
そのようなワインが好みの方には、厚みや甘味が足りず物足りなく感じるでしょう。

上質な場面や料理に合わせる時
接待や特別な記念日などの場面で、天然とらふぐ、鮑(あわび)、和牛など上質な素材を使ったような料理に合わせるのであれば、奥深い味わいを持った品格あるワインを選んだ方が良いでしょう。
もしこのワインを選んでしまうと、口の中で上質とカジュアルが出会い、ミスマッチが起こるでしょう。
このワインの良さはカジュアルで心地よく親しみやすい品質にあり、日常的な気軽な場面や料理に向いているのですね。

《飲んだ人の口コミ》
2017年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「最初の一口はそこそこの印象でしたが、温度が上がって開いた香りと味わいはなかなかいいですね。」


「キリリと酸とミネラルというよりは、フルーティな風味に蜜も感じる穏やかな印象で好みのシャルドネですね。」


「甘すぎる事も辛すぎる事も旨すぎる事もない。(笑)心地よい飲み口で良質なワインだと思います。」

悪い口コミ

「8年熟成のこのワインはフレッシュさが抜けてしまった印象。早く飲むべきでした。」


「甘味を感じる柑橘系果実の風味に酸味も感じますが、好みではありません。」

 

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     0%
美味しい     43%
普通       50%
良くない      7%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

親しみやすさを感じさせるフルーティな品質である事が伝わってくる口コミが多く、価格も考えればまあ良いのでは?と、感じている人が多い傾向です。

平均的なシャブリに比べると酸やミネラルはやや弱く、その代わり心地よい果実味が感じられるシャブリで、キリリと爽やかなワインが好みの方にはあまり合わず、ほどよいフルーティさを好む方におすすめできるようなコスパワインではないかと考えます。

 

以上です。

このワインは日常消費用白ワインの候補にしても良さそうですね。

奥深く品格あるワインは、特別な日や特別上質な料理に合わせるワインとして力を発揮します。

しかし、普段家に帰ってジャージに着替えて、軽い晩酌気分でカジュアルなチーズなどをつまみながら厚めのグラスで飲むワインであれば、品格あるワインよりもこのような軽快で飲みやすいワインが合う事もよくあります。

動物園に行ってライオンの勇壮さや、象のスケール感を楽しむのもいいですが、家に帰った時はかわいい犬や猫あるいはインコくらいが丁度いいですね。

このワインはそんなワインです。

家に帰ったらライオンや像はちょっと・・・

ですね(笑)

あなたにとってのかわいい日常消費型ワインが見つかる事を願っています。

 

【アントワーヌ シャトレ シャブリの最安値

【よりどり6本以上送料無料】
アントワーヌ シャトレ シャブリ 2018 

1598円税込・送料598円
ここより少し安いところもありましたが送料なんと1000円以上でしたから、6本以上で送料無料にもなるこちらがおすすめです。

 

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

 

ドメーヌ ド ピスルー シャブリ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

元農業高校の教師のジャック・ユゴー氏。

土への探究心が強く教師から地質学者になり、さらには土壌が非常に影響力を持つワイナリー経営を1985年より開始。

非常にコスパの高いワインを生むことでも知られ、フランスのワイン雑誌「レヴュード・ヴァン・フランス」ではベストシャブリ生産者に選ばれるほどで、美味しいワインを造るための努力を様々実践しています。

実際飲まれた日本の消費者の皆様にも高評価を受けていましたので、紹介する事にしてみました。

今回はそんなドメーヌ ド ピスルー シャブリの
・価格
・味わい
・飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ドメーヌ ド ピスルー
シャブリ

《価格》

【およそ21603000円】

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>シャブリ
《生産者》  ジャック・ユゴー

《特徴》
豊かな果実味とミネラル感
厚みのある品質は
お値段以上

地質学者であるジャック・ユゴー氏が手掛けるシャブリの畑は、2004年より農薬や化学肥料をを使用しない自然農法に転換。土のプロフェッショナルである彼が育てた畑は今や、村名シャブリのレベルを超えプルミエクリュと同等のレベルを持った畑と言われています。

栽培においては、地表深い部分にあるキンメリッジ土壌(貝殻などの化石を多く含んだ土壌)にブドウの根が届くように、あえて密植する事で表土を栄養不足にし地中深くまで値を伸ばさせる工夫をしたり、一本のブドウの樹につけさせるブドウの房の量を制限する事で、質の高いブドウを得る技術も実践しています。

そして珍しいこだわりは、ブドウのピュアな味わいを表現するために樽を使わないのですが、ステンレスタンクも使わない事。
それはステンレスのメタリックな風味がワインに反映される事を嫌うからで、エナメルコーティングされた鉄製タンクを使用している事で、よりピュアな果実味を表現しているのですね。

また、搾りたての果汁を24時間静置し、その上澄みとオリ混じりの部分を分離し、オリのある部分はネゴシアンに売却。つまり上澄みの綺麗な部分のみを自社のシャブリに使用しているという事です。

このように優れた畑で、こだわりある栽培そして製造工程を経て造られるワインは、通常のシャブリよりも厚みのある味わいで、洗練された品質、それなのに価格は手頃。

お値段以上のポテンシャルを持ったシャブリと言えるでしょう。

 

【外観】
輝くレモンゴールド

【香り】
柑橘類のフレッシュな果実香や、青リンゴやラフランスなどのフルーティな果実香に蜜のニュアンス、白い花の華やかさや火打石のミネラリーな香り(チョークのような香り)も加わり、非常に豊かで心地よい印象です。

【味わい】
熟度の高い果実味は心地よく広がり、ミネラル感が芯のある質感を表現しており、キレイな酸味は味わいをまとめ上品な余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃12℃
よく冷やせば酸味が際立ち軽快さが増します。
少し温度を上げれば、フルーティで豊かな風味が広がる飲み口を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ2年~6年】
若いうちの新鮮で豊かな果実味を楽しむタイプですが、少しの熟成で円熟味のある風味も楽しめるでしょう。
参考となる指標がありませんでしたので、2年~6年はあくまで一般的な傾向と品質を考慮すれば、それくらいではないかという個人的見解です。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりorふくらみのあるグラス】
温度が上がりにくいように設計された小ぶりのグラスで飲めば、軽快で上品な味わいが楽しめます。
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみたい時は、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


グラタン各種

など、比較的繊細な味わいから程良いコクを持つ料理に合わせると良いでしょう。フルーティで豊富なミネラルとほどよい酸味を持ったこのワインは、料理の味わいを引き立て寄り添ってくれるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

お値段は据え置きでワンランク上の綺麗なシャブリをお探しでしたら、このワインを選択肢の一つに入れても良いのではないでしょうか。

エナメルコーティングされた鉄製タンクによるピュアで清潔感ある果実味と、豊富なミネラル感を持つエレガントな質感は、樽の効いた上級シャブリのような深さこそ無いものの、カジュアル過ぎて薄っぺらくもないので、様々な場面で使いやすく料理にも寄り添い活躍してくれる事でしょう。

厚みのある味わいはちょっと贅沢気分を味わえますし、このレベルのワインはちょっとした手土産にしても喜ばれそうです。


《こんな場合には不適切!?》

シャブリにしては果実味豊かですが、ニューワールド系や南フランスに南イタリアなどのジューシーで凝縮感ある果実味を持ったワインが好みの方にはおすすめしません。
ちょっと物足りなさを感じてしまいそうです。

また、樽の効いた上級シャブリでもありませんから、大切な接待や特別な日に、深いコクを持った料理と共に楽しむワインを選ぶのであれば、このワインではちょっと軽く品格不足になる事が多いでしょう。

そのような場合はもっと深い味わいを持ち、品格を感じさせるようなスケールを持ったワインを選ぶことで、接待相手を満足させられるでしょうし、特別感のある味わいは特別な日をより深く印象付ける事に一役買ってくれるでしょう。

シャブリから選ぶならばラヴノーヴァンサン・ドーヴィサがその条件を満たしているでしょう。

《飲んだ人の口コミ》
2016年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「レモンや青リンゴのような爽やかな香りで、味わいは結構果実味ありミネラルも感じられる。樽は使わないようで物足りなさもあるが、価格を考えれば十分のシャブリと言える。」


「柑橘類に鉱物的な香りもある。シャブリらしい強めの酸を感じますが丸みを帯びた印象で親しみやすい。生カキにもピッタリで豚肉にだって合いました🎵コスパシャブリです。」


「シャブリはそっけないイメージがあったがピスルーのシャブリは近づきやすいフルーティさがある。香りも心地よく、雑味の無い味わいはどれが主張しすぎる事もなくバランスの良い味わい。」

悪い口コミ


「シャブリらしい飲み口だけどちょっと薄い印象で、お値段通りですね。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     0%
美味しい     53%
普通       47%
良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

お値段も含めて、とても親しみやすさのあるワインである事が伝わってきて、シャブリにしてはやさしい果実味を感じさせる傾向が読み取れました。

また、普通より下の評価をする人がいない事もこのワインの特徴で、それなりにまとまりあるバランスの良い味わいは、万人受けしやすいお値段以上のワインなのだと思います。

 

以上です。

ドメーヌ・ド・ピスルーのイメージが膨らみましたでしょうか。

味には関係ないですが、このワインのエチケットの山の部分、横に寝かせてみてみると女性のボディーラインを表現しているとの事。

美しい山並み=美しいもの=女性。

という意味らしいです。ちょっとした小ネタになりそうですから知っておくといいかもしれません。

いろんな造り方や、ボトルデザインを考える人がおり味わいも様々。

いろんなワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ドメーヌ ド ピスルー シャブリの最安値

ドメーヌ・ピスルー シャブリ 750m
2160円税込・送料750円

 

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

ヴェルジェ シャブリ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「白ワインの魔術師」とも呼ばれ、ブルゴーニュのワイン生産者の中でも最高クラス評価を受ける生産者。

1980年に彗星のごとく現れ、今やフランスのシャルドネファンならば知らない人はいない!?かもしれないくらい有名生産者になった造り手のシャブリの紹介です。

ベルギー出身のジャン・マリ―・ギュファンス氏が立ち上げたネゴシアン(自社で畑を所有せず、ブドウ又はワインを仕入れて製造するタイプの生産者)で、このジャン・マリ―・ギュファンス氏はとても個性的な人物で【変人】とも呼ばれるそうですが、ワインは変なところがなく非常にキレイです。(笑)

様々な地区のワインを生産していますが、まずは定番のシャブリを知るのがこの生産者の特徴が感じやすいかとも思いましたので紹介する事にしました。

それでは今回はそんなヴェルジェ シャブリの
・価格
・味わい
・飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ヴェルジェ シャブリ

《価格》

【およそ33004200円】

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>シャブリ
《生産者》  ヴェルジェ

《特徴》
爽やかでバランス良く
ミネラリーな品質

ヴェルジェのワインの特徴は非常にミネラル感を大切にしている事。
ミネラル感とは、カリウムやマグネシウムといったミネラル分を多く含んだキリッと芯のある味わいで、硬水をイメージするとわかりやすく、キーンとくる感じです。

これは【変人】かもしれないギュファンス氏のミネラル感のあるワインが好きな事が影響しており、そのような土壌を見抜きそれを引き出す造りをしているからなんですね。

冷涼なシャブリらしく、爽やかな果実味とミネラル感の豊富な品質で、非常に清潔感あるピュアな果実味はほんのりと甘味やコクが感じられ、そのようなバランス良く心地よい味わいもヴェルジェが高評価を受ける要因にあると考えられます。

【外観】
淡いレモンゴールド

【香り】
フレッシュな柑橘類の爽やかさに青リンゴなどのフルーティな果実香、火打石のような鉱物的なミネラリーな香りも加わります。

【味わい】
ピュアで清潔感あるフレッシュでフルーティな果実味はほどよい強さで、豊富なミネラル感が凛とした質感を表現し、生き生きとした酸味は味わいを引き締めエレガントな余韻があります。

 

《飲む時の適正温度》

6℃12℃
よく冷やせば酸味が際立ち軽快さが増します。
少し温度を上げれば、フルーティで豊かな風味が広がる飲み口を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ2年~6年】
若いうちから生き生きとしたフレッシュな風味を楽しめます。
熟成で落ち着きある風味になると推測されますが、基準となるデータが無かったのでおそらく6年程度ではないかと思いました。
それ以上熟成に耐える可能性もあるかもしれませんから、試してみるのもおもしろそうです。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりorふくらみのあるグラス】
温度が上がりにくいように設計された小ぶりのグラスで飲めば、軽快で上品な味わいが楽しめます。
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみたい時は、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


グラタン各種

など、比較的繊細な味わいから程良いコクを持つ料理に合わせると良いでしょう。フルーティで豊富なミネラルとほどよい酸味を持ったこのワインは、料理の味わいを引き立て寄り添ってくれるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

とても綺麗な造りをしており、ミネラル感とは何かを感じたい方や、ピュアでバランスの良いエレガントで美味しいワインを探す方におすすめしたい一本です。

主張しすぎる事はありませんが、ほどよい厚みを持ったこのワインは食事との相性も良く、ワンランク上の食卓を彩る力も十分に持ち併せた品質と言えるでしょう。

とても【変人】が造るとは思えないほど、エレガントで清潔感ある味わいを楽しめます。

 


《こんな場合には不適切!?》

非常にバランスの良い味わいで素晴らしいと思いますが、カリフォルニアなどの温暖な産地の白ワインのように、ボリューム感溢れる果実味を持ったワインが好みの方には、ジューシーさや甘味が物足りないと感じてしまうかもしれません。

このワインの良さは、ほどよいボリューム感でエレガントな質感にあり、グラマラスでメイクも強めの女性と言うよりは、スレンダーで薄化粧の清潔感ある女性といった印象です。

《飲んだ人の口コミ》
2014年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「若々しくやや緑がかった色調で、ミネラリーな香りが特徴的。2年目のこのワインは美しい酸味が心地よく、ほのかな苦味がいいアクセントになっています。」


「4年目の2015。淡めのイエローで、爽やかでフルーティな果実香に火打ち石の香りがある。ほどよい厚みを持った果実味はほのかな甘味があり、ミネラル感もある。豊かな酸味は味わいを引き締めエレガントな余韻がある。爽やかだけど飲み応えも持ち合わせた優れたコスパワインだと思う。」


「2年目のこのワインは、生カキに抜群の相性を持っていました。」

悪い口コミ

「低評価をする方もいましたが、無言の低評価でマイナスイメージを表現する具体的な口コミは見つかりませんでした。」

 

という皆様の声でした。
(最後は私ですが。)

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     0%
美味しい     41%
普通       56%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

とても綺麗でバランスの良い品質が伝わってきて、エレガントなシャブリであることがわかる口コミが多かった印象です。
奥深さやスケール感を持った複雑なワインではないので、感動するほどの評価をする人は見られませんでしたが、そのシャブリらしい爽やかでミネラリーでほどよいコクを持った品質に好感を持っている方は多く、無言の低評価をする方もいましたが、どういうところが良くないという具体的なコメントは無く、欠点を言い表しにくいバランス型ワインなのかとも思いました。

とは言っても全員に好まれるワインは存在しませんから、ニューワールド系のジューシーな果実味を持ったワインが好きな方、樽のよく効いた風味豊かなワイン、特徴的な味わいを持ったワインが好きな方には、エレガント過ぎて物足りないのかもしれないとも思います。

 

以上です。

ヴェルジェはシャルドネが好きな方や、サラリとしたワインが好きな方でしたら、必ず試すだけの価値のあるワインを生んでいると感じます。

さすが白ワインの魔術師と呼ばれるだけあると私自身も飲んでみてそう感じました。

今回はシャブリを紹介しましたが、その他もラインナップも素晴らしいです。

別の回でシャブリ プルミエクリュ ヴァイヨンも解説していますので、興味のある方は是非覗いてみて下さい。

価格が上級クラスでもそこまで価格が高騰していないのがヴェルジェの嬉しいところでもあります。

選択肢の一つにヴェルジェを加えてみてはいかがでしょうか。

 

さて・・

あまり褒めすぎるのも逆に怪しくなるのでこれくらいでやめましょう。

変人が造るワインですから注意してください。(笑)

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ヴェルジェ シャブリの最安値

【6本〜送料無料】
シャブリ テール ド ピエール 2015
ヴェルジェ[スクリューキャップ]

3283円税込・送料756円

もっとヴェルジェを手軽に体感したい方はこちらもあります。
シャブリよりも穏やかでソフトな味わいが楽しめます。
【6本〜送料無料】
マコン ヴィラージュ 2016 ヴェルジェ

2160円税込・送料756円

 

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!