ルイ・ロデレール ブリュット プルミエ

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

私が選ぶ飲むべき一本

楽天ではコチラが最安値

4860円税込】

 

《ワイン名》
ルイ・ロデレール
ブリュット プルミエ

《ブドウ品種》
ピノノワール

シャルドネ
ムニエ

《ボディ》ミディアムボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 シャンパーニュ
《生産者》ルイ ロデレール

《特徴》
アタックはスッキリだが
豊かな味わいが現れ
コク旨エレガント

「広告費にお金をかけるくらいなら、より良いシャンパーニュを造るためにお金を使いたい。」
というこだわりを守り続けている生産者で、2013年にはフランスのワイン誌において、シャンパーニュトップメゾンの中で第1位に輝いた実績もあります。

スッキリとした印象の口当たりから、立体的に広がる複雑で心地よい風味はリッチさも感じられバランス感覚にも優れています。

私自身ルイロデレールの味わいが大好きで、お店でも活躍中です。

お客様の評判も良いですから今回飲むべき一本に選ばせていただきました。

フレッシュでスッキリしていながら奥深い熟成感も感じられる味わいを持つ理由には、シャンパーニュの瓶詰後最低熟成期間の15ヶ月の規定よりもはるかに長い36ヶ月以上の熟成を経ている事にもよります。

シャンパーニュを知る上でルイロデレールは外せない一本だと思いますから、ぜひ味わってみて下さい。

【外観】
美しく輝く淡い黄金色
持続力のある繊細な泡立ち

【香り】
青りんごやグレープフルーツなどのフレッシュな果実の香りは豊かで、焼いたパンのようなトースト香や、アーモンドなどのナッツ系の香りが加わります。

【味わい】
柑橘系果実などのフレッシュで心地よくキレの良い印象の口当たりですが、上品なハチミツを思わせる甘味・コク・トーストのニュアンスなどの複雑さも加わり立体的な味わいが感じられます。
心地よい上質な酸味は味わいを引き締め、エレガントな余韻へと導いてくれます。

 

《飲む時の適正温度》

℃~10℃
よく冷やす事でその上質な酸味が際立ちキレが出て爽快な飲み口が楽しめます。
少し温度を上げれば、豊かな果実の風味やトーストのニュアンスが広がり、ふくらみのある味わいになるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【購入から1年以内】
このシャンパーニュは複数年のワインをブレンドして造られるためヴィンテージがありません。
この価格帯のワインは飲み頃で販売してますから、買ってからおよそ1年以内に飲む事をおすすめします。
2年くらいは適切に保存すればおいしく飲めると思われますが、長く熟成させすぎるとフレッシュさが弱まり、どこか枯れた印象の味わいになっていきます。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【フルート型グラス】
美しい泡立ちを見れますし、温度も上がりにくいように設計されています。
シャンパーニュの華やかさは、グラスの美しい外観によってさらに引き立ちます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ふぐ刺(鉄刺)


キャビア


天ぷら各種をレモンと塩で

・アワビバター
・ハマグリコキール

など、ルイロデレールには上質で比較的繊細な味を持つ素材やシンプルな味付けのされた料理から、中間程度の強さの味わいを持つ料理によく合い、爽やかさと旨味の広がるマリアージュを楽しめるでしょう。
また、発泡性と爽やかな酸味ででスッキリさせる効果もあるため、強い味わいの料理にも無難に適応します。
そして、唐揚げや天ぷらなどのように【サクッ】とした食感の料理には【シュワツ】としたシャンパーニュはよく合います。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

バランスの良い上質な泡を飲みたい時
非常にバランス感覚に優れ上質なシャンパーニュだと思います。
口に入った第一印象はサッパリとしてドライですが、後に旨味・コクが広がりを見せ奥深さも感じさせ上質なシャンパーニュである事が伝わってきます。
スッキリ系のシャンパーニュとふくらみのあるボリューム感を持ったシャンパーニュの中間程度の味わいを持ったバランス型シャンパーニュと言えます。

あらゆる料理に合わせられるワインを選ぶ時
スパークリングワインはその爽やかな泡がある事で、味わいをサッパリさせる効果があります。
そのため、繊細な味わいの料理はもちろん比較的強い味わいの料理と合わせても、口の中をサッパリさせるという事でそれなりに適応します。
そのような事で、このルイロデレールはあらゆる料理に合わせやすく、品質も高く豊かなものですから上質な料理にもマッチします。
サクッとした食感の車エビの天ぷらなどに、シュワッとしたこのルイロデレールを合わせても抜群ですね。

贈り物やプレゼントに
品質が高く人気のシャンパーニュですから、贈り物やプレゼントにも最適ですね。

モエ・エ・シャンドンもいいですが、有名過ぎますから、このルイロデレールを候補にしてみても良いのではないでしょうか。

成人祝・父の日・母の日・結婚記念日・誕生日など様々なシチュエーションで華やかな場面を引き立てる名脇役となってくれる事でしょう。

 


《こんな場合には不適切!?》

カジュアル過ぎる場面
上質なシャンパーニュですから、カジュアル過ぎる場面も不適切でしょう。
社会経験豊富な経営者達の集まるようなパーティーなどではシャンパーニュがふさわしいでしょうが、大学生のガチャガチャの飲み会にルイロデレールが登場したら・・・

《仮想ルイロデレール》

「あれ?なんか思ってた感じのパーティーと違う!!」

と、なるでしょう。
カジュアルな場面にはカジュアルなスパークリングワインの方が合うでしょう。

非常に奥深い風味の泡が好きな方
ヴィンテージシャンパーニュのような深い旨味とボリューム感のあるシャンパーニュではありません。
そのような品質のシャンパーニュはこの価格帯では存在しないですね。
ヴィンテージシャンパーニュを飲みましょう!!

 

以上です。

ルイロデレールはとてもおすすめです。

あらゆる場面での候補にしてみてはいかがでしょうか?

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

アマゾンではコチラが最安値


この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

 

ランソン ブラックラベル ブリュット

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

私が選ぶ飲むべき一本

楽天ではコチラが最安値

3150円税込】

 

《ワイン名》
ランソン ブラックラベル
ブリュット

《ブドウ品種》
ピノノワール

シャルドネ
ムニエ

《ボディ》ミディアムボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 シャンパーニュ地方
《生産者》ランソン

《特徴》
爽やかな酸味と旨味を持った
キレの良い品質

春風のような香りと爽快な酸味があり、コクも感じられるこのシャンパーニュは、夏の暑い日などに爽快で華やかな場面を引き立たせる事ができる品質だと感じましたので、今回飲むべき一本に選ばせていただきました。

爽やかな泡が飲みたいと思った時の選択肢の一つに入れていただきたいですし、価格も比較的お値打ちなところも嬉しいですね。

ランソンの特徴的なところは、その美しくキレの良い上質な酸味にあります。

ほとんどのシャンパーニュの生産者は、製造工程でアルコール発酵をさせた後に味わいをまろやかにする効果があるマロラクティック発酵を行います。
※マロラクティック発酵とは※
アルコール発酵の後に起こる二次発酵。
爽やかなリンゴ酸が乳酸に変化することで味わいがまろやかになります。

しかしこのランソンはこのマロラクティック発酵を行わない事で、果実の新鮮さと豊かな酸味を残しているのですね。

とてもフレッシュな飲み口で、旨味も持ち合わせた味わいはバランスに優れます。

夏の暑い日に、生カキにレモンを搾って食べてランソンを飲めば、体感温度も2℃くらい下がるくらい爽快な飲み口を楽しめるでしょう!!(笑)

 

【外観】
輝く麦藁色
豊かな泡立ち

【香り】
レモンや青りんごのようなフレッシュな果実の香りを主体に、白い花や焼いたパンのようなトーストのニュアンスも感じられます。

【味わい】
香りから連想されるような柑橘系果実やリンゴなどのフレッシュな果実の味わいがあり、豊かな発泡性と生き生きとしたフレッシュな酸味は非常にキレが良く爽やかな印象です。
コクもほどよく感じられ、ほのかな苦味がアクセントとなり心地よい余韻があります。

《飲む時の適正温度》

4℃~10℃
よく冷やす事でその上質な酸味が際立ちキレが出て爽快な飲み口が楽しめます。
少し温度を上げれば、豊かな果実の風味やトーストのニュアンスが広がり、ふくらみのある味わいになるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【購入から1年以内】
このシャンパーニュは複数年のワインをブレンドして造られるためヴィンテージがありません。
この価格帯のワインは飲み頃で販売してますから、買ってからおよそ1年以内に飲む事をおすすめします。
2年くらいは適切に保存すればおいしく飲めると思われますが、長く熟成させすぎるとフレッシュさが弱まり、どこか枯れた印象の味わいになっていきます。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【フルート型グラス】
美しい泡立ちを見れますし、温度も上がりにくいように設計されています。
シャンパーニュの華やかさは、グラスの美しい外観によってさらに引き立ちます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


生カキにレモンを添えて


白身魚の薄造りを薬味ポン酢で


天ぷら各種をレモンと塩で

・ふぐの唐揚
・カプレーゼ

など、ランソンには上質で比較的繊細な味を持つ素材やシンプルな味付けのされた料理から、中間程度の強さの味わいを持つ料理によく合いますが、発泡性と爽やかな酸味ででスッキリさせる効果もあるため、強い味わいの料理にも無難に適応します。
また、唐揚げや天ぷらなどのように【サクッ】とした食感の料理には【シュワツ】としたスパークリングワインはよく合います。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

キリっと爽やかで上質な泡が飲みたい時
とても上質で爽快な酸味があるためキレが良く、コクも感じられる爽快なシャンパーニュです。
暑い日にシュワッと爽快な泡を飲みたい時の候補にしてみてはいかがでしょうか。

食前酒の候補に
スパークリングワインは食前酒としてよく使用されます。
このランソンはその上質な酸味がある事で、食欲もますます増進させる効果があります。

贈り物やプレゼントにも
シャンパーニュは華やかさがありますから贈り物やプレゼントにもいいですね。
特にこのランソンは爽やかさがありますから、夏の暑い日の贈り物にしても喜ばれそうですね。

 


《こんな場合には不適切!?》

奥深い味わいを求める方
ヴィンテージシャンパーニュのような、豊かなトースト香を持ち複雑な旨味を持ち合わせた味わいは求めてはいけません。
ランソンはそのような奥深さはなく、フレッシュさを楽しむシャンパーニュと言えます。

カジュアル過ぎる場面や料理
シャンパーニュ全体から見れば軽快で爽やかなシャンパーニュですが、やはり上質である事に変わりません。
あまりカジュアル過ぎる場面や料理に合わせてはもったいないですね。
ホテルのディナーショーでシャンパーニュは良いでしょうが、町内カラオケ大会でたこ焼きを食べながらシャンパーニュでは不釣合いのような話です。(笑)
カジュアルな場面や料理には、カジュアルなスパークリングワインの方が合うでしょう。バランスが大切なんですね。

 

以上です。

ランソンのイメージが膨らみましたか?

ぜひ試していただきたい一本です。

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

アマゾンではコチラが最安値

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

 

モエ・エ・シャンドン ブリュット アンぺリアル NV

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

私が選ぶ飲むべき一本

楽天ではコチラが最安値

《3820円のところもありましたが、ラッピングなど贈り物にも対応しているコチラをおすすめします!!》
3830円税込】

 

《ワイン名》
モエ・エ・シャンドン 
ブリュット アンぺリアル NV

《ブドウ品種》
シャルドネ

ピノノワール
ムニエ

《ボディ》ミディアムボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 シャンパーニュ地方
《生産者》モエ・エ・シャンドン社

《特徴》
しなやかな泡と味わいでバランスに優れる品質

スパークリングワインを語る上で、いや、ワインを語る上でモエ・エ・シャンドンの味わいを知らないというわけにはいかないですし、その知名度の高さだけではなく品質もやはり素晴らしいです。

という事で、今回飲むべき一本に選ばせていただきました。

スパークリングワインで最も有名で品質が高いのはシャンパーニュですが、そのシャンパーニュの中でも最も有名な銘柄と言えばモエ・エ・シャンドンではないでしょうか。

270年以上もシャンパーニュのトップ生産者として君臨し続けており、ご存知の方も多いと思いますがドンペリニョンというのは、モエ・エ・シャンドン社が造る最高クラスのシャンパーニュ(キュヴェ・ド・プレステージ)として有名です。
※もう少しくわしく知りたい方は
第52回 シャンパーニュ地方ラベル表記の規定、キュヴェ・ド・プレステージ
で確認できます。

世界一飲まれているこのシャンパーニュの味わいを知って、その味わいを基準に他のシャンパーニュやスパークリングワインの味わいを感じてみてもいいですね。

やはり外せない一本と言えるでしょう。

 

【外観】
美しく黄金がかった麦藁色
豊かでキメの細かい泡立ち

【香り】
青りんごやグレープフルーツなどのフレッシュな果実の香りに、焼いたパンのような香ばしさも加わります。

【味わい】
キメの細かい泡はしなやかな口当たりで、フレッシュな果実の風味が心地よくコクのある味わいで、非常に調和のとれたバランスに優れた印象です。
ほどよい酸味は味わいを引き締め、爽やかでエレガントな余韻が続きます。

《飲む時の適正温度》

℃~10℃
よく冷やす事で酸味が際立ちキレが出て爽快な飲み口が楽しめます。
少し温度を上げれば、豊かな果実の風味やトーストのニュアンスが広がり、豊かな味わいになるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【購入から1年以内】
このシャンパーニュは複数年のワインをブレンドして造られるためヴィンテージがありません。
この価格帯のワインは飲み頃で販売してますから、買ってからおよそ1年以内に飲む事をおすすめします。
2年くらいは適切に保存すればおいしく飲めると思われますが、長く熟成させすぎるとフレッシュさが弱まり、どこか枯れた印象の味わいになっていきます。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【フルート型グラス】
美しい泡立ちを見れますし、温度も上がりにくいように設計されています。
シャンパーニュの華やかさは、グラスの美しい外観によってさらに引き立ちます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


天然トラフグの薄造り(鉄刺)


天ぷら各種をレモンと塩で


白身魚のソテーをバタークリームソースで

・地鶏の塩焼
・天然トラフグの唐揚

など、上質で比較的繊細な味を持つ素材やシンプルな味付けのされた料理から、中間程度の強さの味わいを持つ料理によく合いますが、発泡性でスッキリさせる効果もあるため、強い味わいの料理にも無難に適応します。
また、唐揚げや天ぷらなどのように【サクッ】とした食感の料理には【シュワツ】としたスパークリングワインはよく合います。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。


 


《こんな場合におすすめ》

贈り物や記念日に
シャンパーニュはボトルデザインから、グラスに注いだ時の美しい外観まである事から、とても特別感があり華やかな場面を引き立ててくれます。
結婚祝・成人祝・還暦祝・誕生日・結婚記念日・父の日・母の日などキリがありませんが、様々なお祝いの場面をさらに華やかに引き立ててくれる事でしょう

自分へのご褒美に
他人からの評価はされなくても、自分なりによく頑張ったなぁ~。
やりきれたなぁ~。
と、思う時もありますよね?
そんな時に自分へのご褒美にモエ・エ・シャンドンはいかがでしょうか。
きっと《モエ》はあなたの頑張りを称えてくれる事でしょう。(笑)

あらゆる料理に合うワインを選ぶ時
スパークリングワインはその爽やかな泡がある事で、味わいをサッパリさせる効果があります。
そのため、繊細な味わいの料理はもちろん比較的強い味わいの料理と合わせても、口の中をサッパリさせるという事でそれなりに適応します。
そのような事で、このモエ・エ・シャンドンはあらゆる料理に合わせやすく、品質も高く豊かなものですから上質な料理にもマッチします。

 


《こんな場合には不適切!?》

互いを高め合うマリアージュを楽しみたい時
特に味わい深く上質な肉料理などに合わせ、料理とワインが互いを高め合うマリアージュを楽しみたいのであれば、サッパリさせるアプローチの要素が強いモエ・エ・シャンドンはあまりおすすめできません。
味わいや品格に共通点があるような深い味わいを持つ白ワインや赤ワインなどを選んで、互いの味わいを引き立て合うマリアージュを楽しまれる事をおすすめします。

カジュアル過ぎる料理や場面
モエ・エ・シャンドンに限らずシャンパーニュというのは非常に品質が高く、品格を感じさせる味わいを持っています。
そんな品格あるシャンパーニュには、品格ある味わいを持った料理がふさわしいという事ですね。

美しくドレスアップした品格ある女性に合うのに、Tシャツ短パンで行ったら・・・


「あぁ・・服装間違えた~。しかも完全に・・。」

と、なります(笑)

バランスが大切なんですね。
カジュアルな料理やパーティーなどにはカジュアルで軽快なスパークリングワインの方がバランスがいいですね。

 

以上です。

すでに飲まれてる方が多いとは思いますが、まだの方はここまで読んだのであればきっと興味があるのですから必ず飲んで下さい!!(笑)

知名度抜群で品質の高いモエ・エ・シャンドンはとても華やかで、贈り物やプレゼントにも大変人気が高いですから、様々な場面での選択肢の一つにするべき一本ですね。

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

アマゾンではコチラが最安値

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!