ル オー メドック ド ジスクール

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

オルゴールの音楽に乗せてゆっくりと短いけれど 、ちょっとっ楽しい旅のようなメリーゴーランドの微笑ましさを感じるワイン。
ジェットコースターのような迫力も 観覧車のようなスケール観もないが、飲み手を楽しませてくれる変化に富んだ『小旅行』がこのワインの味わいにはある。

ちょっと省略していますが、漫画神の雫でのセリフの引用です。

メドック格付け第3級の人気銘柄シャトー・ジスクールのサードラベルの紹介です。

上記のように神の雫で紹介されたことで話題になっていることと、高価なイメージの強いボルドーワインにおいてコスパに非常に優れる事、そしてとても評判が良かったこともあり、調べてみることにしました。

このサードラベルがファーストラベルのジスクールと違う点は、ブドウだけ。

その他はジスクールと同じ醸造チームが同じ醸造工程を行い製造されます。

そのブドウのクオリティーが決め手では?

という声も聞こえてきそうですが、ややカジュアルな品質のワインを生む樹齢の若めのブドウの樹を使用しますが、小石と粘土の混ざり合った良質な土壌と、ブドウのクオリティーを上げるための栽培方法の工夫にも取り組んでおり、量より質にこだわった栽培を実践しています。

そうして得られるブドウから造られるワインは、凝縮感ある果実味と複雑性そして繊細さを併せ持ち、お値段以上の評価を得るに至っているわけです。

という訳で今回をはそんなル オー メドック ド ジスクールの
・価格
・味わい
・当たり年と飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ル オー メドック
ド ジスクール

画像は2009ですが2015です
ファーストラベルのジスクールがパーカー95点を獲得したビッグヴィンテージで、すぐ飲んでも良いですし、10年以上の熟成にも耐えるでしょう。
2400円税込です

《価格》

【およそ21003800円】

《ブドウ品種》
メルロー

カベルネソーヴィニョン

《ボディ》フルボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス>ボルドー>オー・メドック
《生産者》シャトー・ジスクール

《特徴》
凝縮感ある果実味
複雑で骨格ある品質

このワインの特徴は、凝縮された熟した果実の香りと心地良い味わいがあり、品格を感じさせるスケール感は無いまでも、しっかりとしたタンニンとほどよい酸味が感じられ、ボルドーらしい樽や土を思わせる複雑性で飲み手をほどよく楽しませてくれるバランスの良さを持っているところです。

メリーゴーランドのようなワインとはうまく表現したもので、小旅行気分を味わえる手頃なワインなのですね。

【外観】
深いガーネット色

【香り】
ベリー系果実にカシスやプラムなどの豊かな果実香に、ドライフルーツのような落ち着いたニュアンス、樽にスパイスなども加わり複雑さがあります。

【味わい】
生き生きとした凝縮感ある果実味が感じられ、タンニンは非常に豊富で骨格ある味わいを表現しています。
程良い酸味は全体のバランスを整え、心地よい風味を伴った余韻が続きます。
熟成させるほど果実味は円熟味のある落ち着いた表情を見せ、タンニンもワインに溶け込むことでなめらかさが増し、エレガントさも感じさせる品質になるでしょう。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
少し冷やし気味にして酸を際立たせ軽快さを楽しんでもいいですし、温度を上げる事で広がる風味を楽しんでもいいですね。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《当たり年と飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ4年~12年】
良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

※ヴィンテージによって飲み頃にも差がありますから、ヴィンテージチャートも貼っておきましょう。
第36回【ワインの産地別ヴィンテージチャート】

一般的にボルドーの当たり年は、
2005・2009・2010・2015・2016
が特に良かったとされています。

よりどり6本で送料無料[2015]
ル オーメドック ド ジスクール

ファーストラベルのジスクールがパーカー95点を獲得したビッグヴィンテージで、すぐ飲んでも良いですし、10年以上の熟成にも耐えるでしょう。
2299円はかなりお得だと思います。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


和牛ハンバーグ


ホタテバター

など、コクのある味わいの料理と合わせる事で、コクのある風味の広がりを体感できる楽しいマリアージュになるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

上質ボルドーをそこそこの価格で楽しみたい時には、ぜひ候補にして欲しいワインです。

コクの豊かな肉料理やチーズやバターを使った料理に合わせても、複雑な風味の広がりを楽しめるでしょう。

日常消費用としては少し高いかもしれませんが、ちょっとだけ上質なワインが飲みたい時には丁度良いのではないでしょうか。

また、ワイン漫画で大人気の神の雫に登場したことでも知られるワインで、そこそこ話題にもなり知名度もあるワインです。
ちょっとした手土産などにも最適で、ワインにくわしい方ならばその品質の良さに加え、神の雫にも出た絶妙な知名度が興味をそそられ喜んでもらえそうです。

 


《こんな場合には不適切!?》

品格あるワインとまではいかないまでも、まあまあのワインですから、あまりカジュアル過ぎる場面ではもったいないですし、特に重要な接待などの場面ではちょっと品格不足です。

特に重要な場面ではやはり格付けワインをはじめとする、知名度・品質共に十分なワインが適切ではないでしょうか。

とは言っても、かわいい子供が自分の小遣いを使って、ワイン好きのお父さんやお母さんにこのワインを選んでくれたとしたら、それはもう宝物級のワインに格上げとなるでしょう😊

心がこもってるかどうかの方が重要という事ですね。

《飲んだ人の口コミ》
2019年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「5年目の2014は果実香に革に樽が加わり芳醇。ゆたかな果実味のアタックで柔らかなタンニンと心地よい穏やかな酸味はメルローらしさを感じる。それでもボルドーらしい骨格も残しており、とても飲みやすく美味しいワインでコスパもこれなら悪くないでしょう。」


「9年目の2010とあって円熟味の感じられる品質。人で例えるなら様々な経験を積んで魅力が増した大人のような雰囲気を持っている。」


「4年目の2015は深いルビーレッド。華やかな果実香にスパイスやバニラも加わり心地よい香り。フレッシュでありながら濃厚な果実味でなめらかなタンニン、キレイな酸味がエレガントさも感じさせる。とてもフードフレンドリーな味わいで人気が高い事にも納得できる。」

悪い口コミ

「4年目の2015はタンニン強くやや硬いか!?メルローの穏やかさで何とかバランスとってる感じ。5~6年後に試してみたいワイン。」


「7年目の2012は渋味が強く濃い。酸味甘味は少なめ。しまった!!2、3日放置したらまずくなった!!早く飲むべきでした。」


「2015のビッグヴィンテージにしては青っぽさを感じるね。悪いわけではないが、もっと深いワインを想像してしまった。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     3%
美味しい     50%
普通       44%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

バランスの良い品質で、奥深さこそ足りないまでも価格以上のクオリティーを感じさせ、ボルドーらしい複雑な風味を持ち程良く上質なワインである事が伝わってくる印象でした。

4年程度の熟成の場合、硬いという評価とメルローの優しさで美味しいという評価の両方がありましたから、タンニンが苦手な方は6年以上は熟成させた方が良いかもしれません。

また、ある程度の熟成にも耐えるようで、落ち着きある味わいを楽しむ方もいらっしゃいました。
当たり年のものを10年~15年程度適切に熟成させてみても、違う表情が現れ楽しそうです。

 

以上です。

ル・オー・メドック・ド・ジスクール。

あなたは遊園地に行ったらどんな乗り物に乗りますか?

スリル満点のスチールドラゴンですか?

大きく揺れるバイキングに、水に突っ込むスプラッシュマウンテンもいいですし、スケール感を味わえる観覧車もいいですね。

でも、小さなお子さんや彼女あるいは彼氏と乗るメリーゴーランドも違う魅力があり、気が付けば乗ってる間ずっと笑顔ですね。

このワインもずっと笑顔で飲んでいられるような楽しさがあるという事です。

大切な時間を楽しいワインと共にお過ごしください。

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ル・オー・メドック・ド・ジスクールの最安値

※2013は難しい年でパーカー氏の評価も88点とジスクールにしては低い評価です。
安いところもありますが、おすすめはしません。

よりどり6本で送料無料
[2015] ル オーメドック ド ジスクール 

2299円税込・送料別
ファーストラベルのジスクールがパーカー95点を獲得したビッグヴィンテージで、すぐ飲んでも良いですし、10年以上の熟成にも耐えるでしょう。
かなりお得だと思います。

 

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

クラレンドル ルージュ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

シャトー・オー・ブリオン

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン

この2つのオーブリオンはグラーブの格付けワインで、非常に知名度も高く品格溢れる味わいは、世界中のワインラバー達を魅了し続けています。

そんな両シャトーを所有し、フランスワイン界きっての名門と呼ばれるのがクラレンス・ディロン・ワインズ

ボルドーでのワイン造りに強いこだわりを持っているところも特徴的で、ボルドーのテロワールを知り尽くした彼らは、利益よりもワインのクオリティーの向上を追求する事でその名を守り続けています。

今回紹介するワインは、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンの畑のブドウも使用し、シャトー・オー・ブリオンと同じ醸造チームによって造られるワインです。

ボルドーワインの魅力を世界に伝える事がこのワインの目的で、立ち位置としては、2つのオー・ブリオンのサードラベル的存在で、価格もカジュアルです。

オー・ブリオンの片鱗を感じさせる!?

かどうかは、まず2つのオー・ブリオンを飲まないとわかりませんが、ボルドーらしいバランスの良い品質で、多くの人々に親しまれているワインです。

ボルドーが好きな方、ボルドーらしさを感じてみたい方、オー・ブリオンを妄想したい方などにおすすめしたい1本。

という訳でそんなクラレンドル・ルージュの
・価格
・味わい
・飲み頃と当たり年
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
クラレンドル
ルージュ

2354円送料590円

《価格》

【およそ23003300円】

《ブドウ品種》
メルロー主体

カベルネソーヴィニョン少し
カベルネフラン少し

《ボディ》ミディアム~フルボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス>ボルドー
《生産者》クラレンス・ディロン・ワインズ

《特徴》
心地よい複雑な芳香
バランスの良い味わい

クラレンドルの特徴を2つ挙げます。

1、複雑さのある芳香
シャトー・オー・ブリオンの特徴である複雑な芳香性の片鱗はクラレンドルにも感じられ、果実香に加えタバコやコーヒーを思わせるスモーキーなニュアンスが心地よく感じられます。

2、ボルドーらしい風味でバランスが良い
昔ながらのボルドーワインは果実味は豊かですが主張しすぎことはなく、甘味・渋味・旨味・酸味・アルコール感などの総合力で豊かでバランスの良い味わいを表現します。
近年多く見られるニューワールドにも似た、熟した果実味主体でまろやかなモダンな造りというよりは、クラシックなボルドーらしさを持ったワインと言えるでしょう。

味わいの特徴は2つですが、価格の割に高級感溢れるボトルデザインなところも特徴と言えます。
プレゼントにしてもなんだかカッコいいので助かります(笑)

【外観】
深いルビーレッド

【香り】
チェリーやラズベリーなどのフレッシュな果実香や、カシスやプルーンなどのフルーティな果実香に、樽に由来するチョコレートやコーヒーの香りも加わり心地よい複雑性があります。

【味わい】
果実味は豊かなものの甘味は控えめでドライな印象で程よい旨味が感じられます。タンニンは豊富でなめらかさがあり、生き生きとした酸味は味わいを引き締め、スモーキーさやスパイシーさを伴った余韻が続きます。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
少し冷やし気味にしても軽快な飲み口が楽しめますし、温度を上げるほど広がりある複雑な風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ4年~8年】

※ヴィンテージによって多少の品質の差があるでしょうから、ヴィンテージチャートも貼っておきましょう。
第36回【ワインの産地別ヴィンテージチャート】

一般的にボルドーの当たり年は、
2009・2010・2015・2016
が特に良かったとされています。

【6本〜送料無料】
クラレンドル ルージュ 2015

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


鴨のみそ鍋


ラムチョップ

など、コクのある味わいの料理と合わせる事で、心地よい複雑な風味の広がりを体感できるマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

そこそこの価格で美味しいボルドーらしさ、いや、オー・ブリオンっぽさ?を感じられる赤ワインです。

ニューワールドのような果実味主体の味わいというよりは、果実味もありながら渋味・酸味・旨味・樽の風味や革に土などの複雑な成分をバランスよく感じられるボルドーらしさを持っており、様々な料理に寄り添ってくれる事でしょう。

ちょっと贅沢な気分を味わいたい時、あるいは美食家の方であれば日常消費用にも良いのではないでしょうか。

また、価格の割に高級感溢れるボトルデザインも魅力的です。

ワイン好きの方にちょっとした手土産にしても、見た目がかっこいいですから使いやすいのではないでしょうか。


《こんな場合には不適切!?》

不適切とまではいきませんが、ニューワールド系の豊かな果実味主体のワインが好みの方には少しドライすぎておすすめしにくいです。

それから、しっかりとした味わいを持った赤ワインですから、白身魚の薄造りや塩焼きなど繊細な素材の味わいを感じたい時には合わせない方が良いでしょう。
ワインの味わいが強すぎて、素材の繊細な味わいを感じにくくしてしまうのも勿体ないですね。
とは言っても、ある程度コクのある料理であれば幅広く適応するところがこのワインの良いところでもあります。

《飲んだ人の口コミ》
2018年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「黒い果実にスパイスの風味に、なめし革、土のニュアンスもある。果実味は豊かで滑らかなタンニンとの調和も取れていて、ほどよく長い余韻。オーブリオンには到底及ばばいまでも、価格も考えれば楽しめるしっかりとしたワイン。」


「ビターチョコやコーヒーのようなスモーキーなニュアンスがオーブリオンの片鱗を感じる。5年目の2014はタンニン滑らかで果実味豊か。いいんじゃないかな。」


「オーブリオンのサードラベル。さすが大きな資本の基で造られるという事で安定感があります。王道ボルドーを手軽に感じられる優れたワインだと思います。」

悪い口コミ

「5年目の2014はまだタンニンが硬いかな。旨いけどな。」


「オーブリオンを彷彿?させるかもしれない複雑な香りは良かったけど、酸味が強いワインは嫌いなの!!期待させないで!!5年目の2014よ!!」


「4年目の2015は酸味が主張しすぎている。タンニンも豊富で終始閉じた印象。翌日は少しましになったが、もっと熟成させるべきであったか。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     3%
美味しい     33%
普通       57%
良くない      7%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

まず、このワインは非常にたくさんの口コミがあり、非常に多くの方に飲まれている事がわかりました。

オーブリオンのサードという事で、複雑さのある香りがあり、バランスの良い造りになっている印象で、ニューワールド系のワインのような豊潤な果実味の甘味のある品質ではなく、ボルドーらしいドライな品質である事が伝わってきます。

一部で酸味が強すぎたという口コミや、若くて硬いというマイナス評価も見られたので、開栓するタイミングも考慮した方が良い事と、ニューワールド系のワインのような甘味の感じられ穏やかな酸のあるやさしい品質が好みの方には、このようなドライなニュアンスのボルドータイプは好みに合わないかもしれないとも感じました。

 

以上です。

クラレンドルの味わいがイメージできましたでしょうか。

味わいを言葉で表現する、あるいは言葉から想像するというのは、何度も何度も何度も経験を繰り返さないと身に付きにくいものだと思います。

ニューワールド系のワインと違い、クラシックなボルドーらしいバランスに優れた味わいと言われても、飲んだ経験が無ければ理解不能で超アバウトな言葉に聞こえるでしょう。

クラレンドルは、そのクラシックなボルドーのスタイルを持ったワインだと思いますから、飲んでみることでその超アバウトな表現が少し理解できるのではないかと思います。

要は百聞は一見に如かず。

見るだけでもダメだすが(笑)

飲んでボルドーらしさを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

【クラレンドル ルージュの最安値

クラレンドル ルージュ
2353円税込・送料885円
まとめ買いしないと割高ですね。

クラレンドル ルージュ 2014
2354円税込・送料598円
6本以上で送料無料のコチラがお得ですね。

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

クロ レオ

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

篠原麗雄。

シンデレラワインとして有名なシャトー・ヴァランドローを所有するテュヌヴァン社で2000年より働き、2002年には「自分のワインが造りたい!!」という情熱が爆発し、0.82haという非常に小さな畑を購入し自身のワイン造りを始めた日本人です。

海外のシャトーに修行に行き、しかもそこで独立してしまうとは、言葉の壁もあったでしょうし、その努力と行動力には頭が下がる思いです。

そんな篠原氏が造るワイン名には自身の名が入っており、インパクトのあるエチケットはすぐに覚えられ、品質も高いと評判です。

フランスで活躍する日本人のワインという事で、知っておくべきそして飲んでおくべきワインではないかと感じています。

今回はそんなクロ・レオの
・価格
・味わい
・当たり年と飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
クロ レオ

このリンクではいろんなラインナップが紹介されています

《価格》

【およそ800013000円】

《ブドウ品種》
メルロー主体

カベルネフラン少し

《ボディ》フルボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス>ボルドー>コート・ド・カスティリョン
《生産者》クロ・レオ

《特徴》
力強さと繊細さを併せ持つ

《力強く繊細なワインを造り上げること》

これが篠原氏の理想であり、そのような品質がワインに反映されています。

厚みのある果実味はメルロー主体の優しさがあり旨味が感じられますが、甘味が主張してくることもないクラシックボルドーらしい品質で、カベルネフランに由来するクオリティーの高いキレイな酸味は繊細さを表現しており、樽や皮に土といった様々なニュアンスがバランス良く融合しています。

【外観】
深いルビーレッド

熟成するほどレンガ色に近づきます。

【香り】
若いうちはベリー系果実やカシスなどのピュアな果実香に、杉やハーブに樽のニュアンスも加わります。
熟成するほど果実香は円熟味のある落ち着きあるニュアンスで、樽の心地よい香りに土や革製品といった熟成香も加わります。

【味わい】
豊かな果実味は凝縮感のある旨味が感じられ、存在感のあるタンニンはなめらかですが骨格を形成し、豊かで美しい酸味は味わいを引き締め優雅な余韻が続きます。
熟成させるほど渋味・酸味の成分がワインに溶け込みまろやかさが増し、力強さよりもエレガントさを感じさせる品質になっていきます。

《飲む時の適正温度》

16℃18℃
その豊かで洗練された香りと味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《当たり年と飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ5年~15年】
良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

※ヴィンテージによって飲み頃にも差がありますから、ヴィンテージチャートも貼っておきましょう。
第36回【ワインの産地別ヴィンテージチャート】

一般的にサンテミリオンは、
《2000年代》
00・05・08・09・10・15
が特に良かったとされています。

2013は難しい年で、努力はしたものの飲んだ人の評価もいまいちですから、避けた方が無難かもしれません。

クロ レオ[2015]

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ホタテバター


ラムチョップ

など、上質な素材などを使用しコクのある味わいの料理と合わせる事で、豊かな風味とコクの広がりを体感できる上質なマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

ボルドーで日本人が造る上質ワインです。
大切な方へのちょっとした贈り物にしても、恥ずかしくない品質ですし、特にワインにくわしい方に贈るのでしたら、ヴァランドローで修業した日本人がコート・ド・カスティリョンで造る上質ワインは非常に興味深く、喜んでもらえる可能性も高いですね。

また、誕生日や結婚記念日などの特別な日に飲むワインにもいいですし、フランスに修行に行き成功した人のワインですから、遠方へ転勤される方に激励を込めて贈るワインにもいいですね。
上質な味わいも加わり、思い出の1ページに残るワインとなるでしょう。
コクの深い料理と共に素敵な時間をお過ごしください。


《こんな場合には不適切!?》

上質なワインですから、あまりカジュアル過ぎる場面には合わないですね。
気軽なバーベキューなどの場面で、ワインの味がよくわからない人達と紙コップでクロ・レオを飲んでしまったら残念です。
そんな事をする人はこの記事を読む方にはいらっしゃらないでしょうが。(笑)

また、風味豊かな赤ワインですから、繊細な素材の味を感じたい時もやめた方が良いでしょう。
ワインは美味しいけど料理の味が感じにくいのも良くないですね。
そんな時には、繊細な白ワインや軽快なスパークリングワインが合うでしょう。

《飲んだ人の口コミ》
2015年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「3年目の2015はしなやかでエレガント。妖艶さがあってメロメロ。以前飲んだ3年目の2014と随分違う印象です。素晴らしい。」


「開栓したてはタンニン強いかなと思ったが、時間経過でまろやかな質感に。これは中々美味しいワインです。5年目の2010。」


「7年目の2008です。メルロー主体のやさしい味わいに、エチケットのライオンのような力強さも感じられ、非常に満足度の高いワインでした。」

悪い口コミ

「4年目の2013は早く飲むべきとの事で開けたけどまだまだ若いじゃん。良いワインだとは思いますが、もう少し熟成させるべきでした。」


「6年目の2012をグラスで。開栓後何日だろうか。疲れた味わいでもったいない。半額でも価格以下。」


「3年目の2013は。あまり好みじゃないかも。普通かな。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    13%
美味しい     62%
普通       22%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

大半の方々が良い評価をしており、満足度の高いワインだという傾向が読み取れました。
ただし、ヴィンテージによる品質の差もあるのと、若すぎたという評価もちらほら見られたので、当たり年を知っておくことと、若くして開ける場合は抜栓のタイミングやデキャンタージュも考えた方が良さそうだと感じました。

 

以上です。

クロ・レオのイメージが広がりましたでしょうか?

レオは篠原氏の名前。

クロ・・

黒?

クロわかりますか?

 

【答え】
クロとは

壁に囲まれたブドウ畑の事。

昔壁があって、今はない場合も名は残している場合もあります。

です。

結構クロが付くワインは他にもたくさんありますから、豆知識として知っておくと3分くらいその話題で盛り上がるかもしれません(笑)

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

【クロ・レオの最安値

クロ レオ[2015]
8316円税込・送料別

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!