第2回☆おいしいワインの選び方☆STEP1序章




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

ワインの選び方
■序章■

あなたは酒屋でワインを買ったりお店でワインを注文したりする時、何を選んだらよいか困ってしまったことはありませんか?

ご安心ください。

これから私が数回に分けて解説する記事を読み、理解してもらえればそのようなことは起こらなくなります!

なぜなら、ワインのボトルに書いてある情報である程度の味わいが想像できるようになるからです。

そうすればあなたの好みのワインを見つけやすくなり、間違ったものを買ってしまう事も無くなることでしょう。

 

それでは何からしていけばよいのでしょう。

順に解説していきましょう。

StepⅠ
いろんなワインを飲んでみる

まずは飲んでみないとわかりません。

誰が飲んでもおいしいワインは存在しません。

いろんな国のいろんな品種をお店の人に選んでもらったりして自分の好みの味わいを探してみてください。

StepⅡ
ブドウ品種別特徴を知る

いろいろ飲んでみると好きな品種苦手な品種がわかってくると思います。

こんなにも品種で味わいが違うのかと知ることも楽しいものです。

品種の知識はコチラ
・第3回 STEP2品種別白ブドウの特徴を知る
・第4回 STEP3品種別黒ブドウの特徴を知る

StepⅢ
産地別特徴を知る

ザックリ言うと冷涼な産地ではキリリとした酸のあるシャープな味わいに、温暖な産地では穏やかでジューシーな味わいになりやすいです。

以上の事を理解すればボトルに書いてある情報を見ただけで味わいがある程度想像できるようになっている事でしょう。

産地別特徴の知識はコチラ
・第5回 STEP4フランスの産地別特徴を知る
・第6回 STEP5フランス以外の産地を知る

 

【まとめ】
おいしいワインを見つけるには
1、いろんなワインを飲んで、
2、好みのブドウ品種や
3、好みの産地を知る。

あなたの好みのワインの味わいはどんなものでしょう。
サラリとエレガント?しっかり骨太タイプ?みんな違ってみんないい?

ワインの知識を深めて、良き人生の傍らに良きワインがあるなんて素敵ですね。

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

第3回☆ワインの選び方☆STEP2白ブドウ主要5品種の特徴を知る




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

ワイン用白ブドウ
主要5品種の特徴

ワイン醸造用ブドウはおよそ5000品種存在し、中でも重要とされている品種が200程度あると言われています。(そんなにあるなんて・・・)

今回はその中でも特に主要な品種をいくつかピックアップして解説していきます。

今はワインのボトルに使用品種が書かれることが多いですからぜひ参考にしてください。
(品種が書かれない産地もありますが・・・シャブリとか・・・)

白ブドウ主要5品種の特徴

シャルドネ

1番有名でよく使われている品種ですね。

その特徴は・・・大きな特徴がないことです!!

いきなり特徴言わないなんて(笑)

というのは気候や土壌の個性を最も反映する品種で、変幻自在の品種なんですね。

冷涼な産地、例えばシャブリなどでは柑橘類や青りんごのような爽やかなニュアンスに、温暖な産地、例えばカリフォルニアなどでは桃やマンゴーのような熟した果実のふくらみのある味わいが現れます。

モンラッシェ(フランスの最高級白ワインです)などの高品質なワインに最も使用される白ブドウの女王と言えます。

私が選ぶ飲むべき一本です
【カレラ セントラルコースト シャルドネ】
カリフォルニアらしい厚みを持ちます。
【コノスル20バレル シャルドネ】

チリのバランスに優れた味わいです。
【シャブリ1er ヴェルジェ】
シャルドネの天才が生み出す洗練された味わいです。
【コート・シャロネーズ ヴィレーヌ】
ロマネコンティのオーナーが造るエレガントなワインです。
【ムルソー ルイ・ジャド】
世界一白ワインに適した産地と言われるムルソーの厚みのあるワインです。
【バルディビエソ ブリュット】
ビールより安いコスパ最強スパークリングワインです!!
そこそこ飲める旨さなところもうれしい。

よかったらお試し下さい。

ソーヴィニョンブラン

ハーブやグレープフルーツのような爽やかな香りが特徴的で、キリリとした酸味を持ちフレッシュ感を楽しめる品種です。

フランスのロワールの爽やかなワインや、トロピカルで華やかさも加わったニュージーランドのワインも有名です。

私が選ぶ飲むべき一本です
【サンセール ドメーヌ・デュ・ノゼ】
ソーヴィニョンブランらしい爽やかさがありバランスの良い品質です。
【アンペリデ ル エス】

ロワールのソーヴィニョンブランらしくないしっかり厚みとコクのある味わいです。
よかったらお試し下さい。

リースリング

ドイツを代表する品種で世界各地でも栽培されています。

若いうちはリンゴのようなフルーティーな果実味を持ち、熟成するとハチミツやこの品種独特の石油香(ペトロ-ル香とも呼ばれ、ゴムの浮き輪を連想させるような香りです)が現れ、官能的な甘口から深みのある辛口ワインまで造られています。

甲州

私たちの住む日本原産そして日本を代表する品種です。

香り味わい共に淡く、みずみずしく繊細な味わいです

例えるならシャルドネやリースリングが油絵なら、甲州は水墨画のような淡さです。
伝わりますか?(笑)

私が選ぶ飲むべき一本です
【クラレーザ 甲州】
淡く繊細な甲州です。
よかったらお試し下さい。

ゲヴェルツトラミネール

インパクトのあるネーミングですね(笑)

非常にアロマティックな品種で、ライチ香が特徴的で酸も豊かですす。
ほんとにライチの香りプンプンですよ。
フランスのアルザスやドイツ、チリなどでも栽培され甘口から辛口まで造られています。

 

以上白ブドウ主要品種でした。

この特徴を覚えておけばワイン選びもきっとスムーズになります。

この他にまだまだたくさんの品種がありますから、ご自身でチャレンジして確かめてみてください!!

【まとめ】

白ブドウは
シャルドネ
ソーヴィニョンブラン
リースリング
甲州
ゲヴェルツトラミネール
が特に重要。
それぞれの特徴を知る。

いかがでしたか。

いろんな品種を試して特徴を知り好みの品種を見つけ出すもよし。
みんな違ってみんないいの精神でそれぞれの個性を楽しむもよし。
一期一会のワインを楽しんでもらう事を願っています。

もっとたくさんの品種の知識はコチラ
全200種【ワイン用ブドウ品種一覧】

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

第4回☆ワインの選び方☆STEP3黒ブドウ主要5品種の特徴を知る


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

ワイン用黒ブドウ
主要5品種の特徴を知る

ワインといえばやっぱり赤でしょう。
という方も多いのではないでしょうか。
牛肉の血液を感じる味わいや上質な脂のコクには、骨格ある赤ワインがよく合いますね。

果肉のみを使用する白ワインに対して、皮や種まで使用する赤ワインは色も味わいも濃密になるわけです。

それではそんな黒ブドウを代表する5品種を解説しましょう。

黒ブドウ主要5品種の特徴

カベルネソーヴィニョン

黒ブドウの王と呼ばれる最も有名な品種で世界各地で造られています。

色合いは深く濃く、酸味・渋味共に力強く感じられ骨太のワインを造ります。

熟成すると葉巻や革製品のような香りが現れ、渋味が落ち着き旨みが増します。

私が選ぶ飲むべき一本です
【コノスル レゼルバ カベルネソーヴィニヨン】
1000円程度なのになかなかやります。

【TEXT BOOK テキストブック カベルネソーヴィニョン】
まさにカリフォルニアワインの教科書と呼ぶに相応しい赤ワインです。

【ネイピア レッドメンダリオン】
南アフリカですがボルドーブレンドで造られるこの赤ワインは、非常に心地よい旨味と複雑味があり、スルスル飲めてしまうような上質ワインです。

【フランシスカン カベルネソーヴィニヨン】
オーパスワンの隣の畑という好立地から生まれるコスパ赤ワインです。

【クロぺガス カベルネソーヴィニヨン】
カリフォルニアらしくパワフルですが料理との相性にもこだわり、主張しすぎないエレガントさも兼ね備えた上級赤ワインです。

【クロデュヴァル カベルネソーヴィニヨン】
テイスティング大会でボルドー1級ワイン達を破った伝説的赤ワインです。
濃さだけでなくエレガントさも持つ品質の評価は高く、熟成を経る事でさらに深まる味わいを楽しんでも良いですね。

よかったらお試し下さい。

ピノノワール

カベルネとは対照的に淡く美しい色調で、渋味は少なく綺麗な酸味を持つエレガントなワインを生みます。

若いうちはイチゴやチェリーのような赤系果実の若々しいニュアンス。

熟成するとキノコや紅茶などの優美な香りが現れます。

世界最高のロマネコンティもピノノワールから造られます。

私が選ぶ飲むべき一本です
【コノスル レゼルバ ピノノワール】
1000円程度ですが、厚みがありコスパ抜群です。

【ジヴリ ルイジャド】
ブルゴーニュらしさが感じられる品質です。

【カレラ セントラルコースト ピノノワール】
カリフォルニアのロマネコンティと呼ばれる風味豊かな品質です。

【シャンボールミュジニー コンフュロン コトティド】
天才?変態?と呼ばれるコトティドが造る、豊かで奥行きのある上級ブルゴーニュです。

【ルイラトゥール ニュイサンジョルジュ】
熟成を経ればさらに官能的な広がりを見せる上質なブルゴーニュワインです。

【ヴォーヌ・ロマネ ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ】
最も美しく芳香性豊かなピノノワールを生むヴォーヌロマネのワインで、気品溢れる魅惑的な味わいは知っておくべきでは!?と、思っています。

【ジュブレ・シャンベルタン プルミエクリュ ルネ・ルクレール-】
熟成によって広がる奥深い味わいを体感したいならば、このワインを必ず候補に入れるべきだと思っています。

よかったらお試し下さい。

メルロー

メルローも世界各地で造られ馴染み深く親しみやすい品種ですね。

色合いは濃いものの酸や渋味が穏やかなため、まろやかでふくよかなやさしいタイプのワインを造ります。

またボルドーのシャトーぺトリュスはメルローから造られる世界最高峰のワインとしても有名です。

私が選ぶ飲むべき一本です
【ツィンガナ モンテベルナルディ】
かなりパンチのある味わいは、高次元の密度の濃さを持っています。

よかったらお試し下さい。

シラー

オーストラリアではシラーズとも呼ばれる品種で、色合いは濃く渋味も多いです。

カシスのような黒系果実の風味とブラックペッパーのようなスパイシーなニュアンスがあり厚みのあるワインを生みます。

熟成すると土の香りなどが加わり、複雑でエレガントな味わいになります。

私が選ぶ飲むべき一本です
【DBデ・ボルトリ シラーズ カベルネ】
【コノスル シラー ビシクレタ】
ビールより安い赤ワイン!!
そこそこうまいところがまた嬉しい。

【コノスル 20バレル シラー】
やさしく濃厚でコクのある上質赤ワインです。

【ディアバーグ シラー】
カリフォルニアの上質シラーといえばこの赤ワインを選択肢に入れるべきです。

よかったらお試し下さい。

ガメイ

ご存知ボジョレーヌーボーに使われる品種です。

若いうちに良さを発揮するタイプで、イチゴなどのフレッシュでチャーミングな果実味。渋味は少なく軽やかな味わいです。

 

以上です。

ひとまず5品種だけ紹介しましたが、黒ブドウも上記の品種以外にもグルナッシュ・サンジョベーゼ・ネッビオーロ・マルベックなどよく見かける品種が多く存在します。
解説した5品種を軸にしてカベルネのようにしっかりしているとか、ピノノワールのような繊細さがある、またはガメイのようなチャーミングさがある。
といったように味わいを感じてみるとわかりやすいと思います。

【まとめ】

黒ブドウは
カベルネソーヴィニョン 
ピノノワール
メルロー
シラー
ガメイ
が特に重要。
それぞれの特徴を知る。

いかがでしたか。

白ブドウ同様にそれぞれの品種の特徴を理解して、好みの品種を見つけ出したり、それぞれの個性を楽しんだりしてください。

ワインの味わいを知識と共に味わうのも楽しいものです。

もっと深くたくさんの品種を知りたい方はコチラ。
全200種【ワイン用ブドウ品種一覧】

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!