第21回【ビオワインとは】


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■ビオワイン■

 

近年よく聞きそしてよく見られるようになったビオワイン。

農薬を使わない自然派の造りは消費者にも好まれています。

ビオディナミやビオロジック、またヴァンナチュールやリュット・レゾネなど自然派の文言はいろいろありますが、今回はそんなビオワインについて正しく理解しましょう。

■ビオワインとは?■

ビオワインはフランスではヴァンナチュールとも呼ばれビオロジック農法もしくはビオディナミ農法で造られたワインです。

◆ビオロジック農法とは?◆

農薬を使わず、鶏糞などの認められた有機肥料のみを使用する農法です。

◆ビオディナミ農法とは?◆

ビオロジック農法をベースに、さらに天体の動きを含めた自然環境の要素を元に種をまいたり農作業を行う農法です。

■ビオワインの特徴■

●無農薬のため様々な微生物の影響を受けたり、造り手によっては無濾過にすることでより自然でありのままの状態を目指す人も多いです。よって個性的で複雑な香り、味わいを持ったワインが多いです。
とはいえ、ピュアなブドウの味わいを表現するクリアーな品質のワインもあります。

●ワインの酸化を防ぐための亜硫酸の使用は認められていますが、使わない造り手も多いです。よって酸化によって風味が変化しやすいワインと言えます。

■ボトルにビオの表示はある?■

書いてあるものと書いてないものがあります。

●ビオワインであることをラベルに表示して名乗るには、認証団体であるAB(フランス農業省)やECOCERT(エコセール)などの審査をクリアして、お金を払わなければいけません。なので表示がなくてもビオワインである事はよくあります

■リュット・レゾネもビオワイン?■

いいえ違います
「減農薬農法」
が直訳で、できるだけ除草剤や化学肥料を使わずブドウを栽培する農法です。

土地の条件でどうしても無農薬にすることが難しい場合にこの農法で栽培されることが多いです。

■結論■

・ビオワインとは、農薬を使わず有機肥料のみで栽培されるビオロジック農法、あるいはさらに天体の動きなどの自然環境の要素まで取り入れたビオディナミ農法から造られるワイン。

個性的な味わいのものが多く(そうでないものもある)酸化されやすい。

ラベルには書いてない場合も多い。

リュット・レゾネは減農薬でビオワインではない。

以上です。

普通のワインを飲み慣れた方にとってビオワインは変化球的要素をたくさん持ったものが多いです。ぜひチャレンジして楽しんでみてもらいたいですね。

鴨やイノシシなどの野性味溢れるジビエ料理などに、自然から生み出されたビオワインなんてよく合いそうですね。地球に生まれてよかったぁ~!!ってなるかもしれませんよ。

私が選ぶ飲むべき一本です
【ラディコン リボッラジャッラ】
ビオワインといばこのワインを知らないわけにはいかないと思いました。
よかったらお試し下さい。

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

第22回【パーカーポイントとは】


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■パーカーポイントとは■

ワイン好きのあなたなら必ず聞いたことのあるフレーズ。

パーカーポイント〇〇点獲得!!

見たり聞いたりした事ありますね。

無い方もみえますか!?
今知りましたね(笑)

では、そもそもパーカーポイントとはどんなものなのでしょうか。

パーカーポイントとは?

パーカーポイントの採点方法。

ポイントの評価

について解説していきます。

■パーカーポイントとは■

世界一影響力のあるワイン評論家であるロバートパーカー氏が、100点満点でワインを評価する点数のことです。

パーカー氏は元々弁護士でしたが、ワイン好きであることからワインに関する記事を書くようになり、1978年にザ・ワインアドヴォケイトというワイン情報誌の発行をスタートしました。

その本の中で100点満点でワインを評価する方法を造り出し、ワイン界に衝撃を与えたのでした。

同誌では一切広告を載せず、読者からの購読料のみを収入源にしているため、第三者の介入がなくワインに対する評価が公平なシステムであることが、パーカー氏のテイスティング能力と合わせて信頼されるようになり、絶大な影響を誇る要因となりました。

■パーカーポイント採点方法■

パーカーポイントは5つのカテゴリーに分けて採点されます。

  1. 評価に値するワインでああること。
    まずこの時点で50点獲得
     
  2. 色などの総合的外観。
    1点~5点
     
  3. アロマ(ブドウの香り)とブーケ(熟成香)の強さ・複雑さ・清潔さ。
    1点~15点

  4. 味わいの強さ・バランス・清潔さ・後味の深さと長さ。
    1点~20点
     
  5. 全体の質のレベル※若い場合は将来の可能性への評価。
    1点~10点

合計100点

というわけです。

■パーカーポイントの評価■

  • 100点~96点  格別
  • 95点~90点   傑出
  • 89点~80点   かろうじて並み以上から優良
  • 79点~70点   並
  • 69点以下     並以下

 

以上がパーカーポイントの概要です。

このポイントでは85点以上のワインが本当に良いとされ、世界のわずか1%といわれています。

また、高額のものが高得点というわけでもなく、1000円台のものでも高得点を獲得したワインも多く存在します

そしてパーカーポイントは価格にも大きく影響を与えており、例えば2007年のシャトーラトゥール92点はおよそ57000円でしたが、2009年の100点満点は180000円と3倍もの価格になってしまうといったことも起こります。

■まとめ■

パーカーポイントとは世界一影響力のあるワイン評論家、ロバートパーカー氏が公平にワインを100点満点で評価した点数の事で、85点以上が本当に良いワインという事。

いかがでしたか。

とはいうものの、パーカーポイントも賛否両論ありますから、このポイント通りにワインがおいしいと感じる方は参考にすればよいと思いますし、そうでもない方はポイントなんて気にしないという事でよいかと思います。

私個人の場合は、パーカーポイントが高いワインは確かに雑味が少なく口当たりも非常によくバランスに優れている印象がありますから、はずさないという印象はありますね。
しかし私の場合はどちらかというとブドウのそれぞれの個性をポジティブに捉えるタイプです。
そうです、よく言ってますが「みんな違ってみんないい」と思っていますから、アツシポイントがあるならおおよそ80点以上になってしまうかも知れません(笑)

ともあれ、この採点方法は別の回でもやりますがテイスティングのやり方の勉強にもなりますね!!
ワインを口に入れて全体で感じるだけではなく、外観・香り・味わいの強弱やバランス・余韻などを分けて感じることでそれぞれをより明確に判断できますね。

あなただけの○○ポイント。
やってもおもしろそうですね🎵

 

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

第23回【ワインのテイスティングの目的・やり方】




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■ワインのテイスティング■

あなたはワインを飲む時、しっかり成分を分析する意識で飲んでいますか?

それともなんとなく無意識に飲んでいますか。

「分析?なんだそりゃぁ・・。俺はあの雲のように自由に生きるのよぉ。飲みたい時に飲み、食いたい時に食うのさぁ・・・。」ですか?(笑)
ちょいちょいこの人登場します。好きなんですよ。(笑)

ワインは楽しむものですから、難しいことは考えず「おいし~🎵」と飲んでもらえれば全然OKだと思います。

しかし、この記事に目を通すあなたはきっとワインをもっと知りたい!!ワインの本質を理解して楽しみたい!!と思っている方だと思います。

というわけで、今回はワインの本質を知るためのテイスティングのやり方について解説していきます。

■テイスティングの目的

■テイスティングのやり方

この2点を順に解説しましょう。

◆テイスティングの目的◆

まずはそもそもテイスティングの目的ってなんでしょう??

意外となんて言ったらわからないですね。

テイスティングの目的のは主に2つあります。

  1. ワインが健全かどうかを確かめる事。
    これは品質が劣化していないか、傷んでいないかを確かめることで、ソムリエがお客様に提供するワインの状態が健全かどうかを確かめるという意味です。

  2. どのようなワインなのか見極める事。
    こちらが今回主に解説する部分ですね。難しく聞こえますが、誰にだってできる簡単なことです。
    だって同じ人間ですもんね。

◆テイスティングのやり方◆

ほら!そんな飲み方しちゃだめですよ!!

・・・。

さてテイスティングのやり方です(笑)

ワインの本質を見極めるって言い方するとなんだか天才にしかできない特別能力のように聞こえてしまいますね!!
しかしそんなことはありません。

ではどのようにワインを見極めていくのでしょうか。

ワインを口に含みただ全体を感じようとしても、おいしいとかあまり好きじゃないくらいの感じ方しかできません。

ここでコツ!!

ワインの味わいをチェックポイントを作り、分けて考え感じとるということです。そうすればテイスティングが正確にできるようになります。

分ける点はまずは大きく3つです。

外観・香り・味わいです。

それではそれぞれのチェックポイントをさらにくわしく解説します。

◆外観のチェックポイント3つ

グラスに入れたワインを傾けて外観をチェックします。この時チェックするのは

1.色の濃淡

色が濃ければ味わいも濃く、淡ければ繊細と推測できます。

2.透明度

透明度が高ければ澄んだ味わい、濁りがあれば複雑さや粗さがあると推測できます。

3.粘性

グラスを傾けもとに戻したときに残る成分で、ワインの涙とも呼ばれるものですね。このとき粘性の強い流れ方をすれば、アルコールも強めで成分が充実していると推測されます。逆にサラッと流れるようなら、アルコールはやや弱めで軽快だと推測できます。

◆香りのチェックポイント3つ

1.まずはそのまま香りを取る

ここでは主にブドウそのものが持っている果実系の香りが感じられます。

2.グラスを回してから香りを取る

空気に触れることで発酵過程で生まれた香りなども現れます。
主に花・ハチミツ・パンなどの香りが加わります

3.しばらく(30分くらい)経ってから香りをとる

熟成過程で生まれる熟成香も加わります。
主に土や革製品などの香りです

※30分も待てない方、たまにはゆっくり飲んでみては!?(笑)

 

◆味わいのチェックポイント7つ

ほらほらだめですよ!!
何かあったのかな?

さておき、 味わいは7つに分けて考えます。多いと思うかもしれませんが慣れればそうとも感じなくなります。

  1. 甘味
  2. 酸味
  3. 渋味
  4. コク
  5. アルコール感
    まずはここまでを一つ一つの強さを感じます。
    それから
  6. 全体のバランス
  7. 余韻の長さ

以上をチェックします。

一つ一つを考えれば難しいものはありませんね。

■まとめ■

ワインの本質を見極めるテイスティングは、外観・香り・味わいのチェックポイントを知り、一つ一つを確認しながら感じ取り判断する事。

 

いかがでしたか。

繰り返しますが、一つ一つは難しいものではありませんね。だだチェックポイントが多いですから繰り返しチャレンジすることでルーティーンにしてしまってください!!

そしてあなたもパーカー氏のように採点し○○ポイント造ってもおもしろそうです

必ずあなたにだってできます!!
自分を信じてやりましょう。

「成功する人というのは自信がある人ではなく、自信を持とうと決意した人だ。」

と先日聞きました。これってすごく勇気をもらえる言葉だと感じました。有能で特別な能力なんて今はなくても、私にもできるんだと考えれば、行動そして習慣が変わり人生が好転していくのでしょうね。

ワインに限らずあなたの良き日々を願っております。

 

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!