第89回 ギリシャワインの特徴・格付け・主要産地・有名ワイン


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ


「なに!!ヘラクレスが行方不明だと!!」


「どこへ・・。」


「わかるものはおらんか!!」


「・・・。」

「・・・。」

「・・・。」


「お前はどうだ!!」


「・・・。」


「ヘラクレスよ・・・・。私が攻め過ぎたのか・・・。」

 

さて、ギリシャです。
マニアック感満載の予感がするのは私だけでしょうか。

ワイン産地のイメージはあまり強くありませんが、歴史は古く紀元前3000年頃からワインが造られていたとされています。

土着品種に注目も集まり、近年品質も高まりこれからにも期待できるギリシャです!!

《ギリシャで知る事》

1、ギリシャワインの
基本データ

2、ギリシャワインの特徴

3、ギリシャワインの
格付け階層

4、ギリシャワインの
主要産地とその特徴

5、ギリシャの
有名ワイン(ワイナリー)

以上です。

それでは順に解説しましょう。


「ヘラクレスよ・・・どこへ・・。」

1、ギリシャワインの
基本データ

まずは場所。

【ワイン生産量】
・約280万ヘクトリットル
※世界14位でフランスの15分の1くらい

【ブドウ栽培面積】
・約6.5万ヘクタール
※世界15位でブルゴーニュより少し広い

【主要品種白ブドウ
サヴァティアノ 
白ブドウで最も多く栽培されます。強い香りとジューシーな果実味を持ち、酸は穏やかです。高品質で優雅なワインも生みだしておりレツィーナで使われることでも有名です。
アシルティコ
フレッシュな酸が特徴的で、軽快なものから力強いワインまで造られます。
ロディティス
熟したメロンやハチミツの風味とバランスの良い酸もあり、ソーヴィニョンブランのような爽やかな後口があります。

【主要品種黒ブドウ
アギオルギティコ
ギリシャで最も栽培される重要な品種です。豊かな果実味と穏やかな酸、やわらかなタンニンを持ったフルーティな味わいです。
クシノマヴロ
ピノノワールやネッビオーロに似てエレガントな要素があります。赤い果実のニュアンスがあり、熟成で優れたワインも生んでいます。

2、ギリシャワインの
特徴

多様性
様々な気候の産地が広く分布しており、様々なブドウから様々なスタイルのワインが造られています。多くの土着品種から造られるギリシャ独特のワインは注目を集めつつあります。また、後で解説しますがレツィーナでも有名です。

3、ギリシャワインの
格付け階層

ギリシャには原産地呼称制度があり、【4階層】に格付けされています。

【1、PDO
35のPDOと呼ばれる産地があり、厳しい規定をクリアした最上級のワインです。

【2、PGI
地理的表示のあるワインで、PDOに次ぐ上質ワインです。

【3、Varietal wines
品種、ヴィンテージを名乗れるテーブルワインです。

【4、Table wines】
産地、品種、ヴィンテージの無いテーブルワインです。

4、ギリシャワインの
主要産地とその特徴

ギリシャには多くの産地が広く分布していますが、その中でも有名産地を3つ紹介します。
※詳しい場所は教本で知っておいてください。

【アッティカ】
アテネの後背地でギリシャ最大の産地です。サヴァティアノに最も適した土壌と言われていて、レツィーナを造る事でも知られます。

【ネメア】
ヘラクレスの血」と呼ばれる赤ワインで有名で、アギオルギティコから造られ力強くフルーティな味わいです。

「何!!ヘラクレスの血だと!!ヘラクレスは無事なのか!?」

【サントリーニ島】
病害が無いため自根のブドウの樹が生きており、アシルティコからキレの良い酸を持つ白ワインを造る事で有名です

5、ギリシャの
有名ワイン(ワイナリー)

それではいくつかギリシャの有名ワイン(ワイナリー)を紹介しましょう。

【カバラスワイナリー】
サントリーニ島最古のワイナリーです。最新設備を投入し様々な土着品種からクオリティーの高いワインを生むことで知られます。

【キリ・ヤーニ】
ギリシャを代表するワイナリーかつ成長著しいワイナリーで、様々な土着品種から様々なワインを造っています。まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

【テトラミソス】
レツィーナを造る生産者です。独特の風味とエキゾチックな味わいで忘れられない1本となるでしょう。

※※レツィーナについて※※

先程から何の説明もなくレツィーナを連発してすみません!!
説明します。

【レツィーナとは】
松脂の香りが付いた白ワインです。
ギリシャでは昔コルクが無かった頃、ワインの入った容器(アンフォラ)と蓋の間に松脂をぬって保存していました。その松脂の風味がワインに溶け込んだことで生まれたワインです。
今ではティーパックのようなものに松脂を入れて造ることが多いようです。

サヴァティアノから主に造られるレツィーナはその強烈な香りからギリシャワインのイメージを悪くしてしまった実績もあり、ギリシャの人々はレツィーナを好む人は少なく、質の低いワインとして認識しているようです。

しかし近年では少量ながら穏やかな香りでエレガントなレツィーナも造られるようになっています。

以上です。レツィーナはギリシャ特有のワインですからもっと力を入れてもらいたいですね!!これからに期待しましょう。

■まとめ■

・ギリシャでは様々な気候、様々な土着品種から様々なワインが造られレツィーナも有名。

白ブドウでは豊かなワインを生むサヴァティアノが有名。

黒ブドウでは豊かでフルーティなアギオルギティコが有名

 

以上です。

いかがでしたか?
やっぱりマニアックな品種や造りのワインが多かったですね(笑)

品質はどんどん向上していくと思われますから、その過程を楽しむのもまた一つの楽しみ方かもしれませんね!!

いろんなワインを楽しんでくださ~い。

 

 


「いや~まいったぜ~。昨日変なもの食っちまったのかなぁ~・・。5時間だぜ・・。5時間もトイレにこもっちまったよぉ~・・。」

あ!ヘラクレスさんだ!!


「ヘラクレス・・・。おぉ・・私のヘラクレス・・。もはや血になってしまったのかと・・。」


(なんだなんだ・・。兄貴急に名前呼んで・・。気持ち悪っ。)


「無事だったか?どこへ行っておったのだ?」


「あ・・。いや・・。その・・。食あたりでトイレに・・・。」


「なに・・・・・。」


「そんな事で5時間も留守にしたのか!!このヘモグロビンが!!」


(あ・・・。新しいネーミングだ・・・。)


「これからは常に我のそばに控えておけ・・ヘモチャビン。」

 

ダビデさんのちょっと曲がった愛情が伝わる回でした。

これからもよろしくお願いします。

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください