ドメーヌ メオ カミュゼ ヴォーヌ ロマネ

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

アンリ・ジャイエ。

ワインを志す方ならば必ず知っているであろう偉人、「ブルゴーニュの神様」とまで呼ばれます。

そんな故アンリ・ジャイエ氏の後継者とも呼ばれ、絶大な人気を誇る生産者。

ヴォーヌ・ロマネのワインでで多くの方に飲まれ、そして口コミ評価の高いワインはどれだろうと客観的視点から調べてみた結果、ヴォーヌ・ロマネのトップ生産者であるメオ・カミュゼは自然と浮かび上がってきました。

簡単にドメーヌの歴史をまとめましょう。

1900年代初頭 
栽培農家であると同時に、コート・ドール県選出の代議士であったエティエンヌ・カミュゼによって創業。

1959年
エティエンヌ・カミュゼと近親関係にあるジャン・メオにドメーヌを託す。
当時ジャン・メオ氏は政権の閣僚の職に就いており、直接ドメーヌを管理できなかったため、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。
この小作人の1人でワインを造っていた人物こそがアンリ・ジャイエというわけです。

1980年代半ば
折半耕作の契約が切れると、メオ家に畑を返還、1985年から本格的にドメーヌ元詰めのワイン造りが始まりました。
しかし、パリ在住のままのドメーヌ運営は難しく、そこでブルゴーニュに行くことになったのがジャン・メオの息子であるジャン・ニコラ・メオ。当時24歳。
表向きでは引退していたアンリ・ジャイエではありましたが、この若き青年の指導にあたります。
そんな事もあり酒質はみるみる向上していきます。

2019年現在
ジャン・ニコラ・メオ氏が経営を行い、畑の仕事は、以前から小作人として働いていたクリスチャン・フロワ氏のアドバイスを受けながら運営されており、アンリ・ジャイエの教えを継承しつつ、新しいスタイルを模索しながら進化を続けています。

以上です。

『毎年自然によって生みだされる土壌や気候、土地の特徴を最大限に表現すること』を哲学としているワインは、世界中のワインラバーを魅了し続け、幸せな時間を生み出しています。

ワインを深く理解し本物を見極める力を持った方にこそ選んでいただきたい、また、そのような方に贈っていただきたいワインです。

《ワイン名》 メオ カミュゼ ヴォーヌ ロマネ

2010

《価格》

【およそ15000~30000円
※ヴィンテージによって価格は変動します。

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>ヴォーヌ・ロマネ
《生産者》  ドメーヌ メオ カミュゼ

《特徴》

繊細さと力強い奥深さを両立し
妖艶な優雅さを醸し出す

このワインの特徴は、ヴォーヌロマネらしい華やかで優雅な香りを持ち、洗練されたピュアで雑味の無い味わいはバランス感覚に優れ、主張しすぎないものの奥深い味わいにあり、力強くもありながら繊細な風味を感じられます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

・メオ・カミュゼのヴォーヌ・ロマネは、
平均樹齢約30年の区画のブドウと、平均樹齢約60年の区画のブドウのアッサンブラージュ(混ぜて)で造られます。
比較的樹齢の低いブドウ由来のフレッシュさと綺麗な酸、樹齢の高いブドウ由来の絹のような柔らかさと奥深いエレガンスが絡み合い気品溢れる味わいです。

・優れた土壌を最大限に生かすため農薬や化学肥料を使用しないビオロジック農法を実践しており、様々な微生物の作用などの加わった健全な土壌から、土地の特徴を豊かに反映した果実が実ります。

・ブドウの梗(実の付いた枝のような部分)も少量発酵させることで、タンニンなどの成分が抽出され、複雑な風味を持ったワインが生まれます。

・樽のニュアンスが反映しやすい新樽の使用比率を50%程度に抑える事で、ブドウの繊細な風味も感じつつ心地よい樽のニュアンスが感じられるワインを生んでいます。

【外観】
輝きのあるルビーレッド
熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます。

【香り】
ラズベリーやブラックチェリーに、バラやスミレの花束を思わせる香りが豊かに広がり、樽のニュアンスもほどよく感じられます。

熟成するほど果実香は熟した果実の甘やかさや、ドライフラワーのような落ち着いた印象の香りが広がり、腐葉土に革製品や紅茶といった熟成香も加わり、複雑で円熟を感じさせる妖艶な香りが豊かに感じられます。

【味わい】
若いうちはリッチな果実味で、非常に洗練されておりエレガンスも感じられます。

タンニンはキメが細かくしなやかな質感を表現し、美しく伸びやかな酸は味わいを引き締め、華やかな風味と心地よい旨味を伴った長い余韻があります。
熟成が進むほど果実味は円熟を感じる甘やかさが現れ、タンニンや酸などの成分が溶け合う事で、絹のようにしなやかで妖艶な風味を伴った旨味の感じられる官能的な品質に成長していきます。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
その豊かで心地よい秀逸な香りと味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

少し冷やし気味にすれば酸味が際立ちエレガンス溢れる飲み口になりますし、温度を上げるほど酸は穏やかに感じられ、甘味や風味の広がりある優雅な味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ3年~30年
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ赤のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年


1988年 5
1989年 4
1990年 5

1991年 3
1992年 2
1993年 4
1994年 2
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 3
1999年 4
2000年 3

2001年 3
2002年 4
2003年 3
2004年 2
2005年 5
2006年 3
2007年 2
2008年 3
2009年 5
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 4
2015年 5 

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
豊かな香りと、エレガントで優雅な味わいを持った秀逸なワインです。
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がる事で甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ラムチョップ


鴨鍋

など、豊かなコクを持った料理に合わせる事で、豊かなワインの味わいが料理を引き立て、また、料理がワインを引き立て、優雅な風味の広がる極上のマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

メオ・カミュゼは名実共にヴォーヌロマネを代表する生産者です。

そのため価格もやや高額となりますが、本物を理解できるワインラバーの方でしたら、その素晴らしさを理解できることでしょう。

ワイン経験も知識も豊富なブルゴーニュラバーの方に、このようなワインを選ぶことができたならば、なかなかセンスある選択の出来る人だと一目置かれるかもしれません。

そんなわけで、自分で楽しむためのワインとしてももちろん素敵ですが、贈答品や接待、記念日に大切な方と楽しむワインとしても、十二分に力を発揮してくれるワインと言えるでしょう。


《こんな場合には不適切!?》

濃密で果実感溢れる上級カリフォルニアワインや、男性的風格に満ちたボルドー格付けワインのようなワインが好みの方には、ややエレガント過ぎて薄く感じるかもしれません。

とは言っても、そのような濃密なワインには無い女性的な気品と優雅さは、上級ブルゴーニュピノでしか感じられない奥深さもあります。

カベルネにはカベルネの素晴らしさ、ピノにはピノの素晴らしさがあるのであり、その違いを存分に楽しんでいただければ幸いに思います。

《飲んだ人の口コミ》 ※2014年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「4年目の2014はまだまだ酸がしっかりしており飲み頃はまだ先のようね。ただこの酸味がワインに溶け込んだ時の味わいが別格である事は、容易に想像できる。」

良い口コミ

「私は果実感が強く酸が穏やかな2003が大好きなの。だって飲みやすいもん。このワインは別格に美味しくて、いつまでも飲んでいられるような、そんな気持ちにさせてくれるワインでした。」


「何て言えばいいのかな。非の打ち所がありませんね。6年目の2008はお値段も高いですが、格別の美味しさ。プルミエのクロ・パラントゥとかどうなっちゃうのだろう。」


「21年熟成の97は悶絶級だね。これが古酒の完成形なのかと思わせるほどだ。旨すぎるんだよ。」


「3年目の2015は、ボリューム感のある果実香で、フレッシュでありながらとても妖艶でもあり、素敵なワインでした。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    30
美味しい     53%
普通       17%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

さすがメオ・カミュゼと言わざるを得ない印象で、非常に完成度の高い品質に多くの方が魅了されている印象です。

若いうちはヴィンテージによっては酸が立つ場合もあるようですが、熟成を経たものは非常に妖艶で、満足度はより高い傾向が読み取れました。

価格は高額ではありますが、それを凌駕してしまうほど秀逸なワインという事なのでしょう。

 

以上です。

『毎年自然によって生みだされる土壌や気候、土地の特徴を最大限に表現すること』

メオ・カミュゼのこの言葉からもわかるように、ワインはヴィンテージによって違う魅力を感じさせてくれるところもおもしろいところ。

特にこの造り手からはそのようなヴィンテージごとの違いが楽しめると感じました。

ブルゴーニュワインが多くのワインラバーを魅了し続けている一因には、そのような要素が含まれているでしょう。

奥深いブルゴーニュの魅惑的な世界への扉を開けてくれるのは、ブルゴーニュ屈指の生産者であり、アンリ・ジャイエの後継者とも呼ばれるメオ・カミュゼなのかもしれません。

 

あなたにとって善きワインとの出会いが多くなることを願っています。

 

【メオ カミュゼ ヴォーヌ ロマネの最安値の価格帯】

[2016] ヴォーヌ・ロマネ
メオ・カミュゼ

14850円税込・送料別

そろそろ飲み頃
ドメーヌ・メオ・カミュゼ
ヴォーヌ・ロマネ 2012

19159円税込・送料別

ビッグヴィンテージ
メオ・カミュゼ
ヴォーヌ・ロマネ 2010

21384円税込・送料別

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました