フィリップ シャルロパン パリゾ ジュヴレ シャンベルタン ヴィエイユ ヴィーニュ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

アンリ・ジャイエ

言わずと知れた今は亡きブルゴーニュワイン造りの神と呼ばれる人物です。

ワイン造りを極めつつ、次世代の育成にも積極的な人物で、彼の育てたメオ・カミュゼエマニュエル・ルジェフーリエなどは今やブルゴーニュを代表する偉大な生産者となりました。

今回紹介するフィリップ・シャルロパンも、そんなアンリ・ジャイエの教えを直接受けた人物の一人で、何度も試行錯誤を繰り返し造り上げたワインを師匠のところに持って行き、ついには「まさに私が言いたかったように、そのとおりに造っているな」と、言われたということです。

そんなシャルロパンのワインは品質がかなり高いにもかかわらず、価格が値打ちという事ですぐに売れてしまい、なかなか手に入れにくいワインではありますが、必ず知っておくべきワインだと感じています。

今回はジュヴレ・シャンベルタンで実際皆様が飲まれて、高評価を獲得しているワインを客観的にリサーチしてみたのですが、際立ってみな様を満足させていると感じたのがシャルロパン。

アルマン・ルソークロード・デュガも素晴らしいですが、価格も含めるとシャルロパンの満足度は非常に高いものだと感じざるを得ない印象です。

なんだかべた褒めになっていますが、決して私は回し者ではありません(笑)

あくまで客観的に評価が高い事を言っています。

それから、シャルロパンの風貌はサッカーのバルデラマを思い出します・・・。

 

さておき、今回はそんなフィリップ シャルロパン パリゾ ジュヴレ シャンベルタン ヴィエイユ ヴィーニュの
・価格
・味わい
・飲み頃と当たり年
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
フィリップ シャルロパン パリゾ
ジュヴレ シャンベルタン
ヴィエイユ ヴィーニュ

 

《価格》

【およそ800015000円

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>ジュヴレ・シャンベルタン
《生産者》  フィリップ・シャルロパン・パリゾ 

《特徴》
豊潤で洗練された優雅さ
旨味たっぷりで早飲みも可能な
モダンな品質

シャルロパンのワインの特徴は、品質の高いブドウの凝縮感ある豊かな果実味で、絹のようにしなやかなタンニンと美しい酸味である事から、比較的若いうちから楽しめるモダンな品質にあります。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

・ブドウの質がワインを決めると考えるシャルロパンは、自然の力を邪魔しないように、極力農薬や化学肥料は使用せず健全な土壌を育て、そのありのままの土壌の豊かな成分を吸い上げた、上質なブドウが育ちます。

・上質なブドウを実らせる樹齢の高い古木(ヴィエイユ・ヴィーニュ)のブドウを使います。

・完熟ブドウになるまで収穫しないため、豊潤な果実味を持ったワインになります。

・ブドウの一粒一粒を厳しく選別し、ブドウの梗(実の付いた枝のような部分)は使わないため、洗練された雑味の無いワインが生まれます。

・樽の風味が反映しやすい新樽の使用比率を高くすることで、樽の風味も感じられる風味豊かなワインが生まれます。

他にも様々な取り組みがありますが、以上のようなことで上質で人気の高いワインを生みだしているわけです。

【外観】
深いルビーレッド
熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます

【香り】
熟したベリー系果実の豊かな香りに、バラの華やかさや樽に由来するスモーキーなニュアンス、ドライフラワーなどの香りも加わり複雑さがあります。
熟成するほど果実香は落ち着きあるドライフルーツのような甘やかさが現れ、腐葉土や革製品などの熟成香も加わり円熟味を感じさせます。

【味わい】
凝縮感のある洗練された果実味は心地よく広がりコクも感じます。存在感はあるもののキメの細かいタンニンはしなやかな印象で、樽に由来するバニラの風味も加わった風味を美しい酸味が引き締め、それらの風味を残した余韻が長く続きます。
熟成させるほどさらに成分は溶け合いなめらかさが増し、円熟味の増した妖艶な旨味を持った優雅なワインに成長していくでしょう。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
少し低めの温度にすれば、酸味を感じやすくエレガントで軽快な飲み口が楽しめますし、温度を上げるほど香りと味わいが広がり、豊かな風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ3年~20年】
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ赤のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

1990年 5
1991年 3
1992年 2
1993年 4
1994年 2
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 3
1999年 4
2000年 3
2001年 3
2002年 4
2003年 3
2004年 2
2005年 5
2006年 3
2007年 2
2008年 3
2009年 5
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 4
2015年 5 

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
豊かな香りと複雑な味わいを持ったワインです。
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がり、甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


牛肉の赤ワイン煮込み


和牛すき焼き

など、上質な素材でコクのある味わいの料理に合わせる事で、豊かで優雅な風味の広がる上質なマリアージュが楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

上質で早飲みも可能なジュヴ・シャンを求める方に
クオリティーの高い完熟ブドウによって造られるワインは、比較的若いうちから成分が落ち着いており、豊かな味わいが楽しめるモダンな造りです。

熟成させても良いですが、

すぐ飲みたい!!

という、ややせっかちな方にもおすすめしたいですね。(笑)

贈り物やプレゼントに
かなりクオリティーの高いワインで、贈り物やプレゼントにしてもジュヴレ・シャンベルタンという知名度の高い品格あるワインでしたら恥ずかしくないでしょう。

特にワインにくわしい方であれば、シャルロパンの希少性や評価も加わり、なかなかのワインを選んだと一目置かれるかもしれません。


《こんな場合には不適切!?》

カジュアルすぎる場面で
ワインはお酒であり、楽しむ事が前提にあると思いますから、あまりこだわりすぎない事も大切だと思いますが、このワインは上質で品格を感じさせるワインです。

なんでもない日にカジュアルな宅配ピザでも囲みながら、ワインの事にも興味が無い人達と分厚いグラスでシャルロパンを飲んでしまっては残念かもしれません。

ワインの奥深さを理解した方々と、じっくり向き合って味わいたい。

そんなワインではないでしょうか。

《飲んだ人の口コミ》
2017年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「皆は絶品と言うけど、私にはちょっと甘味が気になっちゃうかな。悪いわけではないけどね4年目の2014。」

 

良い口コミ

「シャルロパンは若くして楽しめる品質がいいですね。今回は4年目の2015。期待したのはイチゴのような風味や繊細さでしたが、ラズベリーの風味にに甘やかな味わい。期待とは違うもののこれもまた素晴らしい。」


「6年目という事で開けるか迷ったが、開けて正解だった。既に開いており旨いが、時間経過でその旨味はどんどん広がっていったよ。素晴らしい品質でまた飲みたくなったよ。」


「13年熟成のビッグヴィンテージ、2005はさすがのポテンシャルを感じます。様々な要素がギュッと詰め込まれたような素敵なワインです。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     7%
美味しい     80%
普通       13%
良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

このワインの皆様の評価は非常に高かったです。

私の調べた限りでは、1人だけ甘味が気になり好みではないという意見がありましたが、その方もワインとしての評価は低くなく、非常に飲み手を幸せにする確率の高い傾向がハッキリと感じられました。

価格も手が出ないほどでもありませんから、そのような部分も含めて皆様も高く評価しているのでしょう。

これは、知らなきゃ損!!

というレベルのワインなのかもしれません。

これは私が宣伝しているのではなく、皆様の声を見た私の感想です(笑)

 

以上です。

今回はちょっと私興奮気味なのが文章に出ていますね。(笑)

そうさせるのは、シャルロパンの品質にそれだけの力があるからでしょう。

まだ出会えていない方は出会うべきワインだと思いますし、既に出会っている方も何度も会っていただきたい。

そんな生産者だと思います。

 

それにしても。

バルデラマによく似ている・・・

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【フィリップ シャルロパン パリゾ ジュヴレ シャンベルタン ヴィエイユ ヴィーニュの最安値の価格帯】

※どれも在庫わずか。売り切れていたらごめんなさい。

[2014] ジュヴレ・シャンベルタン
ヴィエイユ・ヴィーニュ
フィリップ・シャルロパン・パリゾ

7900円税込・送料別

フィリップ シャルロパン・パリゾ
ジュヴレ・シャンベルタン
ヴィエイユ・ヴィーニュ [2011]

9130円税込・送料別

ジュヴレ シャンベルタン
ヴィエイユ ヴィーニュ
フィリップ シャルロパン パリゾ

10735円税込・送料別

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください