ロンバルディア州のおすすめワイン【5選】人気フランチャコルタなど詳しく解説

実践編

 

トップページ

 

イタリアを代表するスパークリングワインを一つだけ挙げるとすれば、フランチャコルタを挙げる方も少なくないでしょう。

ロンバルディア州はフランチャコルタをはじめ、様々なタイプのワインを生産する州

それにしても、いろんなワイナリーがいろんなワインを造ってるけど、結局どれを選べば良いのかわからない。

この記事にたどり着く方は、多かれ少なかれそのような思いがあるのではないでしょうか。

膨大な種類が存在するワインの中から好みのワインを的確に選択するのは、プロでもない限り難かしいと言えるでしょう。(いや、プロでも難しいですね。)

しかしそのような悩みは、この記事を読むことで少しは解決すると確信しています。

なぜなら、2014年に日本ソムリエ協会認定ソムリエの資格を取得した私が、インターネット上にある信憑性の高い口コミだけを調べ尽くし、特に満足度の高いワインのみをピックアップ。特徴・当たり年・飲み頃・口コミ内容などを詳しく解説しているからです。
自身が実際飲んで美味しいと感じるワインもさることながら、
多くの方が美味しいと認めるワインは外す確率も少ないと考えました。

※主な口コミは、国内最大のワインスクールであるアカデミー・デユ・ヴァン様が運営するvinicaによるもので、その信憑性の高い口コミを参考にさせていただいております。

 

それでは参りましょう。

 

ロンバルディア州のおすすめワイン【5選】

星の数ほど存在するワインは、産地やブドウ品種に生産者、あるいは収穫年や熟成度合い、そして個人個人の受け止め方によっても味わいへの評価は変化し、一つとして同じものが無い事が難しさであり魅力でもあります。

ここで紹介するワインは、あくまで一般的に満足度が高いという事で、それら以外にも素晴らしいワインは無数に存在します。

個々の受け止め方でも評価は変わるわけですから、これがおすすめワインと決めてしまうのはナンセンスだと思いますし、ここで紹介するワイン以外を探究される事も素晴らしいと思います。

そのような事を踏まえて、この記事が何かしらのヒントになり、あなたのワイン選びのお役に立てれば嬉しく思います。

 

さて、私は日本で購入可能なロンバルディア州の生産者をピックアップ
数ある銘柄の中で多くの日本の消費者の方々に実際飲まれ、そして口コミ満足度の高いワインはどれかを客観的視点から調べてみました

その結果、特に高い満足感を与えていると感じたワインは以下の5銘柄

フランチャコルタを中心に興味深い銘柄が消費者を楽しませています。

 

ロンバルディア州のおすすめワイン【5選

※価格順

 

ニーノ ネグリ チンクエ ステッレ(赤)

凝縮感と上品さを持った
キアヴェンナスカの頂点

【価格】
8000~1万

【ブドウ品種】
キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)

ロンバルディア州のDOCGスフォルザ―ト ディ ヴァルテッリーナで、唯一存在感を放つ生産者。

日本の市場にはあまり出回らないDOCGのようで、いくつかの生産者を調べましたがほとんど口コミすらない状況。
そんな中でも唯一これは!と思える満足感を飲み手に与えていると感じたのがニーノネグリ。

ここで紹介しているチンクエ ステッレ スフルサートはニーノ ネグリを代表する銘柄で特に高評

イタリアを代表するガイドブック「ガンベロロッソ」で、最高賞であるトレビッキエリを20回以上獲得しており、日本の『サクラアワード』2019でゴールドメダルも獲得

名実共にキアヴェンナスカの最高峰と呼べる銘柄で、ょっと珍しい上質ワインとして知っておくべきだと感じました。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

バルバカルロ(微泡赤)

>楽天でバルバカルロを探す 

飲み応えがありつつ
スルスル飲める
自然派ワイン

【価格】
7500~1万

【ブドウ品種】
クロアティーナ(ボナルダ)
ウ―ヴァ ラーラ

バルバレスコ】と間違えないように注意!!

さて、私はロンバルディア州のDOCオルトレポ パヴェ―ゼで評判の良い銘柄を探しましたが、唯一強い存在感を放つ銘柄。(厳密には元オルトレポ パヴェ―ゼですが)

このワインの特徴は、自然派らしい濁りのある色調と微かな発泡性のある飲み口で、充実感がありつつスルスル飲めるようなエレガントさも両立しているところです。

自然派でかなり特徴的なワインですが多くの消費者を楽しませており、紹介すべきロンバルディア州の銘酒だと感じました。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

フェルゲッティーナ フランチャコルタ ミッレディ(泡)

純粋さと味わい深さが共存
バランス感覚に優れた
優美なフランチャコルタ

【価格】
4500~5500

【ブドウ品種】
シャルドネ

「フランチャコルタでおすすめ生産者を1つだけ教えてほしい。」

そう聞かれたら私はフェルゲッティーナを挙げます。

カデルボスコやべラヴィスタも安定感がありおすすめできますが、多くの飲み手の方の口コミ内容(vinica)を見てみると、客観的で個人的な解釈ではありますがフェルゲッティーナが僅差ながら最も満足度が高いと感じました。

このワインの特徴は、選び抜かれたブドウの雑味の無い純粋さと深みのあるコクが共存したバランス良い味わいにあり、豊富でキメ細かな泡の心地よい口当たりと相まって優美な味わいが表現されているところ。

手掛ける銘柄はどれも好評ですが、オシャレなボトルデザインとエレガントな味わいで高い評価を集めるミッレディは、特に満足度が高い印象です。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

モンテ ロッサ フランチャコルタ(泡)

>楽天でモンテ ロッサを探す

華やかさと
ほどよい深みがある
コスパフランチャコルタ

【価格】
3500前後

【ブドウ品種】
シャルドネ
ピノ ビアンコ
ピノ ネロ

フランチャコルタ専門家のスタンダードキュベ。

比較的手頃な価格ですが、品質の高さは多くの飲み手の口コミ満足度からも伝わるもので、客観的で個人的な解釈としては特にスタンダードキュベが好評。
押さえておくべき優良フランチャコルタだと感じました。

このワインの特徴は、果実や花などの華やかな芳香と、スッキリとした中に適度な深みが感じられる味わいにあり、そのコスパの良さも嬉しい特徴と言えます。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

レ マルケジーネ フランチャコルタ(泡)

バランス型
コスパフランチャコルタ

【価格】
2500前後

【ブドウ品種】
シャルドネ
ピノ ビアンコ
ピノ ネロ

2000円台で買えるコスパフランチャコルタ。

調べる限りでは最もお手軽なフランチャコルタですが、味わいへの口コミ満足度は高い傾向。

このワインの特徴は、フランチャコルタらしい膨らみのある果実味をキレの良い酸がまとめるバランス良い味わいにあり、ほとんどの生産者が3000円を超えるフランチャコルタを生産する中、2000円台であるコスパの良さも見逃せない特徴と言えます。

押さえておきたい優良生産者だと感じました。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

ロンバルディア州のおすすめワイン【5選】のまとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事が参考になり、あなただけの好みのワインが見つかれば幸いです。

それでは、今回紹介したワインのおさらいです。
ニーノ ネグリ チンクエ ステッレ
8000~1万
凝縮感と上品さを持ったキアヴェンナスカの頂点。
バルバカルロ微泡赤
7500~1万
自然派らしい濁りのある色調と微かな発泡性のある飲み口で、充実感がありつつスルスル飲めるようなエレガントさも両立している。
フェルゲッティーナ フランチャコルタ ミッレディ
45
00~5500
フランチャコルタで最も満足度が高いと感じた銘柄。
オシャレなボトルデザインとエレガントな味わいで高い評価を集める。
モンテ ロッサ フランチャコルタ
3500前後
フランチャコルタ専門家のスタンダードキュベ。
華やかさとほどよい深みがあるコスパフランチャコルタ。
レ マルケジーネ フランチャコルタ
2500前後
フランチャコルタらしい膨らみのある果実味をキレの良い酸がまとめるバランス良い味わい。
ほとんどの生産者が3000円を超えるフランチャコルタを生産する中、2000円台であるコスパの良さも見逃せない特徴。

 

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました