クリテルニア オスコ ロッソの価格と味は?飲み頃や口コミなど詳しく解説

おすすめ【赤】ワイン

トップページ

 

サイゼリアのワインの価格に驚愕した事はありませんか?

グラス100円!!
マグナム1100円!!

これは2度見級ですね。
※私はしばらく見つめながら原価どうなってるのだろうと考え込みました。

今回紹介するのはそんなサイゼリアのワインではありません

というのも、楽天やアマゾンでは売っていないからです。
ですが、同じ生産者のワインが超お値打ちで好評でしたので紹介しておこうと思いました。

このブログの中でも最安値で、日常消費用の強い味方になり得るのではないかと感じています。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》クリテルニア オスコ ロッソ

>楽天でオスコを探す

>アマゾンで探す 

《価格》

600前後

《ブドウ品種》
モンテプルチアーノ主体
サンジョベーゼ
《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   イタリア>モリーゼ州
《生産者》  クリテルニア

プロフィール
クリテルニアはモリーゼ州の約150の生産者による協同組合です。
かつてはコスパに優れたバルクワインを生産したいましたが、自分たちのワインのポテンシャルに気付き自社ボトルの生産が増加するようになりました。今回紹介しているオスコロッソは、クリテルニアのラインナップの中でも驚異のコスパで人気を集める赤ワインです。

《味わいの特徴》

軽快でフルーティー
バランス良い味わい

このワインは深みや複雑性はありませんが、フレッシュでフルーティーな果実味と適度な酸とタンニンのバランスが良く、軽やかでドライな飲み口は様々な料理にも気軽に合わせやすい味わいです。

【外観】
紫がかったルビーレッド

【香り】
カシスやラズベリーなどのフレッシュでフルーティーな果実香にスミレの華やかさ、ホワイトペッパーのようなスパイシーなニュアンスがアクセントになっています。

【味わい】
フレッシュでフルーティーな果実味は甘味は控えめのドライな飲み口で、軽快な酸味と優しいタンニンとのバランスも良い軽やかな味わいです。

それでは、そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

品種の個性
主体的に使用されるモンテプルチアーノは、果実味豊かで穏やかな酸と適度なタンニンがありフルーティーで丸みのあるワインを生む傾向。
補助的に使用されるサンジョベーゼは、果実味は控えめで豊富な酸とタンニンをもたらす傾向。
以上二つの品種の個性が溶け合ったフレッシュでフルーティーなワインが生まれます。

樽熟成(無)
熟成は樽をを使用しません。(セメントタンクとのこと)
当然樽の風味はつかず、ブドウのピュアな風味が反映されたシンプルなワインが生まれます。

《飲む時の適正温度》

10℃16℃
冷やし気味にすれば引き締まった印象になり、軽快な飲み口が楽しめます。
温度を上げるほど風味の広がりある味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

ブドウ収穫年から1~3年
※一般的傾向や口コミから推測

>楽天でオスコを探す

>アマゾンで探す 

 

《適正グラス》

【小ぶり~大ぶりのグラス】
気軽なワインですから、少し冷やし気味にして小ぶりのグラスで飲んでも軽快さが楽しめます。
香りが取りやすく温度も上がりやすい大ぶりのグラスを選べば風味を感じやすくなりますし、優雅な雰囲気も楽しめます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ビーフシチュー


目玉焼きハンバーグ

フルーティーで軽快な飲み口の赤ワインで、少々コクのある家庭料理や、ファミリーレストランのデリバリーなど、気軽な料理に合わせると楽しいマリアージュになるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

ネガティブな口コミ

大人っぽい雰囲気を楽しむような時には不向きかな。。


どんな料理にも無難に合う感じ。不味くはないけど、特に美味いわけでもないですね。


あまり美味しくはないけど、800円なら許容範囲か。

 

良い口コミ
困る表情のイラスト1(女性)
600円なら全然あり!!モンテプルチアーノらしいフルーティーな果実味がハッキリ感じられます♪

困る表情のイラスト1(男性)
モンテプルチアーノにしては軽めの味わいだけど、これはこれで悪くないですね。


フルーティーでゴクゴク飲めるような味わいが気に入りました。


ちょっと暑くなりかけた季節に冷やし気味の赤が飲みたい。そんな時の選択肢に持っておきたいワインですね!

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     0%
美味しい      7%
普通       83%

良くない     10%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

味わいはボチボチですが、その安さで満足度は高い印象です。

深みや飲み応えは無く価格相応の低めの評価が大半ですが、それにしても安いので、相対的に満足度は高いと感じるコメントが多いと感じました。

 

まとめ

それでは最後に情報整理です。

クリテルニア オスコ ロッソ

価格
600前後


深みや複雑性は無いが、フレッシュでフルーティーな果実味と適度な酸とタンニンのバランスが良く、軽やかでドライな飲み口は様々な料理にも気軽に合わせやすい味わい。


飲み頃
ブドウ収穫年から1~3年
※一般的傾向や口コミから推測

口コミ
深みや飲み応えは無く価格相応の低めの評価が大半だが、それにしても安いので、相対的に満足度は高いと感じるコメントが多い。

以上です。

このワイン、超お値打ちで良いのですが、ネットで買う場合は送料の方が高額という事態が起きています。。。

という事で、まとめ買いしないと損ですね。(苦笑)

ちなみに今回は赤の方を紹介しましたが、白のオスコビアンコもほぼ同等の人気ぶりですから参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました