第24回【知らないと恥をかく!?ワインのマナー】




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■ワインのマナー■

ワインってとてもおいしくて優美な飲み物で、特別っ!!て感じがしますよね。

あなたはそんなエレガントなワインを飲む時のマナーを知っていますか?

あぁ?マナーだぁ?俺はあの雲のように・・・  。今日はやめましょう(笑)

レストランなどではこのマナーを知らないとスマートさに欠ける振る舞いになってしまうこともありますから、ぜひ知っておきたいですですね!!

でも安心してください!!

今日はそれをまとめました。

全部簡単ですから覚えてくださいね。

  • ワインは誰がどう注ぐ?
  • ワインを注がれる時はどうする?
  • 乾杯はグラスあてていいの?
  • ワインは右回し?左回し?

についてのお話です。わかりますか?

はいそこ寝ない!!

◆ワインの基本マナー4つ

1、ワインは誰が注ぐ?

まず知っておきたいのは手酌はNGということ。

ソムリエやサービススタッフにそっと手を上げるなどして合図を出せばすぐわかってくれます。(ほとんどの場合店員さんが先に気付いてくれます)

個室などソムリエが近くにいないような時は、男性が女性に注ぐほうがよいです。フランスでは女性が男性に注ぐのは娼婦がすることだと言われています。

注ぎ方はラベルを上にして(飲む人に見えるようにして)片手で瓶底などを持ってゆっくり注ぎ、注ぎ終わりは瓶を内側にひねりながらリトーを瓶口に添えて持ち上げれば液だれしません。

2、ワインを注がれる側は?

何もしなくてよいです。

グラスを持ち上げたりはしないでくださいね。スマートさに欠ける上に注ぎにくいです。

放置して注ぎ終わりに会釈すればOKです

3、乾杯はグラスをあてる?

あてていい時とよくない時があります。

◆あてていい時◆

厚いグラスでみんなでわいわい飲むような時は、盛り上がりますからどんどんやればいいと思います!!

◆あててよくない時◆

高級レストランなどで上質のグラスを使用しているときは、グラスをあてる(いわゆるグラスチン)はやめたほうがよいでしょう。

割れる可能性もありますし、そのような高級な空間ではスマートさに欠けます。

グラスを目の高さくらいまで持ち上げるようにしましょう。

4、ワインは右回し?左回し?

「どっちでもいいでしょ!!」

と言われそうですね。(笑)

グラスに入れたワインを回して(スワリングとも言います)香りを楽しむ時どっち回し?の話です。

答え。 右手なら反時計回り。左手なら時計回り。

です。つまり体に対して内側に回すということですね。

最悪ワインがグラスから飛んだ時、自分の方に飛ぶようにするという事です。

隣の人にかかってしまったらもう大変です。

■まとめ■

  • 手酌はしない。
  • 女性は男性に注がない。
  • ソムリエかその場の男性に注いでもらう。
  • 注がれる時は何もしなくてよい。会釈はしておきましょう。
  • グラスチンは厚いグラスでワイワイやる時はOK。高級店などの薄い上質グラスではやらない。
  • ワインは内回し。

以上です。

他人に迷惑をかけないとか、場の雰囲気を壊さないということが大前提です。

「酒は女性が男性に注ぐものだ。あぁ?そうだろぉ?」
という人(ゴリラ?)がいるのであれば、それはもうやっちゃって下さい(笑)。

臨機応変にワインを楽しみましょう!!

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください