ボランジェ ラ グランダネ ブリュット

実践編

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ノンヴィンテージのシャンパーニュにおいて、男性的な品質で非常に高い人気を誇るボランジェ。

そんなボランジェが威信(プレスティージュ)をかけて手掛けるプレスティージュシャンパーニュは、ブドウの出来栄えが良かった年のみ造られる特別なもの。

グランダネ=「偉大な年」を意味しており、その類い稀な味わいは多くの飲み手を魅了しています。

 

さて、私は非常に多くの生産者が手掛けるシャンパーニュにおいて、日本の一般消費者の方々に多く選ばれ(口コミされ)、そして口コミ評価の高い銘柄はどれだろうという好奇心の元、信頼できる口コミが見られるVinicaを利用してリサーチを行いました。

その結果日本で購入可能な約100の生産者の中でも、特に多くの方を満足させていると感じたのは25の生産者達

今回紹介するボランジェ ラ グランダネ ブリュットは、ボランジェののプレスティージュとあってやや高額ではありますが、多くの方がこのワインを口にしており、その満足度が伝わる口コミ内容は紹介すべきワインだと確信いたしました

冒頭で申し上げた通り、優れたブドウが得られた年だけ造られるシャンパーニュであり、品質も含めたその特別感は大切な場面にこそ相応しい秀逸なシャンパーニュと言えます。

それでは始めましょう。

《ワイン名》 ボランジェ ラ グランダネ

《価格》

15000~25000円

《ブドウ品種》
ピノ・ノワール
シャルドネ
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>シャンパーニュ地方
《生産者》  ボランジェ

【ここで簡単にプロフィール

ボランジェは1829年、ジャック・ボランジェ氏によってアイ村に創設されたシャンパーニュ・メゾン。

ブドウを仕入れてシャンパーニュを製造するNM(ネゴシアン・マニピュラン)だが、使用するブドウの約70%は自社畑のグランクリュとプルミエクリュによるもので、自社のこだわりが色濃く反映された品質で多くの飲み手を魅了

その品質の高さもあり、1884年には英国王室御用達を拝命、数々のワイン誌での評価も高く、映画「007」でジェームズ・ボンドが愛飲していたことでも知られる

長年の経験に基づく生産における厳しい製法と基準を表す「倫理と品質」を「ボランジェ憲章」として発表したのは1992年。

現在もそのスタイルを貫き高い品質を維持している。

《味わいの特徴》

凝縮感と気品に満ち
スケール感ある荘厳さは
熟成で円熟し妖艶に

このワインの特徴は、凝縮感に満ちた果実味とコクはリッチさを、豊富なミネラルや上質な酸は気品ある味わいを表現しており、それらが一体となった味わいはスケールや荘厳さを感じさせます。
また、長期熟成を経る事でそれらの成分は溶け合い、円熟した果実味や深いコクに複雑な風味も増した妖艶な味わいへと成長していきます。
※ヴィンテージごとにブドウの個性に差もあり、当たり年のところで紹介しているヴィンテージチャートで点数が高い年ほどリッチな傾向、低い年ほど上品でエレガントな傾向があると言えます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

優れた年の優れたブドウ
ブドウの質が高かった年のみ造られるシャンパーニュで、洗練された凝縮感溢れる成分を持っています。
凝縮された果実味にコク、凛としたミネラル感、傑出した酸味は気品に満ちスケール感があり、長期熟成を経る事でそれらの成分の溶け合いは深まり、円熟した奥深い妖艶さが現れてきます。

ピノ・ノワール主体
生産年によって使用比率は多少異なりますが、味わいに厚みや骨格をもたらすピノ・ノワールを主体にして造られるシャンパーニュです。
そのような充実感溢れる奥深い味わいを軸に、シャルドネに由来する繊細さや上品さも合わせ持った秀逸な品質になります。

 

【外観】
輝くゴールド
熟成させるほど色合いは濃くなり、琥珀色へと近づいていきます。
キメ細かで豊富な泡立ち。

【香り】
柑橘類や蜜りんごや黄桃の果実香に、蜂蜜の甘さやバターにアーモンドやトースト、シナモンに木樽の風味など様々な要素が一体となり、複雑で魅惑的な香りが広がります。

【味わい】
キメ細かな泡はしなやかな口当たりで、凝縮感に満ちた果実味がトーストやナッツの風味と共に広がります。
旨味を伴ったミネラル感は凛とした味わいを表現しつつ、洗練された美しい酸が味わいを引き締め、蜜の甘味や複雑な風味を残した優雅な余韻へと導かれます。
熟成させるほど成分は溶け合い滑らかさが増し、円熟した果実感や深いコクが増した、複雑で妖艶な品質へ成長していきます。

 

《飲む時の適正温度》

℃~14℃
冷たい温度設定にすれば酸味や凛としたミネラル感が際立ち、気品や上品さ溢れる飲み口が楽しめます。
温度を上げるほど複雑な風味が広がり、ボリューム感のある優雅で妖艶な味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

【飲み頃】
ブドウ収穫年からおよそ10年~50年
若いうちは生き生きとした果実味や美しい酸の感じられる気品に満ちた品質。
熟成するほど成分が溶け合い、まろやかさや奥深さが増し、円熟した妖艶な品質へと成長していきます。

【当たり年】
そもそもブドウの出来が良かった年しか造られません
生産された近年のヴィンテージは、
1999
2000

2002
2004
2005
2007
2008
2012
以上の年でした。

参考までに、シャンパーニュ一般的ヴィンテージ・チャートも載せておきます。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

1999年 3ココ
2000年 4ココ
2001年 2
2002年 4ココ
2003年 2
2004年 3ココ
2005年 3ココ
2006年 3
2007年 2ココ
2008年 5ココ
2009年 3
2010年 2
2011年 2
2012年 5ココ
2013年 4
2014年 3
2015年 4
2016年 4
2017年 2

というわけで、一般的に当たり年と呼ばれる年は生産されていますが、07のような年でもボランジェのブドウの出来は良かったという事なのでしょう。
味わい傾向は点数の高い年程凝縮感溢れるリッチな傾向で、低い年ほどエレガントで繊細な傾向です。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【フルート型グラス】
美しい泡立ちを見れますし、空気に触れる部分も少ないため、温度も上がりにくいと同時に炭酸も抜けにくい形状に設計されています。

シャンパーニュの華やかさは、グラスの美しい外観によってもさらに引き立ちます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


白身魚のソテーをバタークリームソースで


チーズ各種

など、円熟した果実味と複雑性にコクを持った秀逸なボランジェ ラ グランダネには、豊かなコクを持った料理との相性が良いですが、このクラスの味わい深いシャンパーニュは単体で楽しんだり、料理ではありませんがチーズを軽くつまんで、シャンパーニュの味わいを引き立てるというアプローチも楽しいです。
また、揚げたての天ぷらや皮目をパリッと焼き上げた地鶏など【サクッ】【パリッ】とした食感には、【シュワツ】としたシャンパーニュはとても相性が良いですね。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

「20年熟成の99は期待が大きかっただけに残念。上級なシャンパーニュである事は伝わるが、突き抜けた要素は無く感動は無い。もう少し熟成させるべきだったのかもね。」

良い口コミ

「11年熟成の08は、大地のスケールを感じさせる深みやコクを感じます。今飲んでこれほどなのなら、熟成後どれほどのものになるのか・・・。素晴らしい。」


「15年熟成の2005。深い麦藁色と微細で持続力の長い泡立ち。熟したリンゴの果実香に、トーストの芳ばしさやバニラの柔らかな香りが広がる。熟成を思わせる円熟したテイストは上品な貴婦人の佇まいで、落ち着きのある深い果実味に複雑性がある。ん~~旨い。」


「11年熟成の08を大きめのグラスで、注いでからの時間もあってか、硬質ながらバターのコクのある風味が印象的。用意されていた白カビチーズ(シャウルス)を口にしてからの飲み口は、一転して繊細さが際立つ上品な甘味が現れました。とは言え背筋は通った印象で甘味だけではない気品のようなものを感じる。ジェントルマンの繊細な一面を垣間見るような品質でした。」


「なんともいい香り?幸せ満載の香りです!!(笑)パンチのあるワインを飲んだ後なのに、これほどトースト香が感じられるとは圧巻ですね。12年物の07でした。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!   10%
美味しい    80%
普通      10%

良くない     0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

若干期待外れな印象を持った方もおられましたが、大半の方が非常に満足、あるいは納得している印象の口コミがほとんどで、かなりポテンシャルの高いシャンパーニュである事が伝わってきました。

熟成後にさらなる期待というコメントも多かったですが、実際長期熟成後のコメントがほぼ無かったことが少し残念でした。

しかしボランジェの安定感と信頼、そして優れた飲み手の皆様の分析能力を考慮すれば、素晴らしい品質に成長することを想像するのは容易なものでした。

一流生産者であるボランジェのプレスティージュは、価格もそこまで高騰しすぎていませんし、選択肢に持っておきたい秀逸な銘柄である事を確認する結果となりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

それでは最後に情報整理です。

ボランジェ ラ グランダネ ブリュット

価格
およそ15000~25000円


凝縮感と気品に満ち、スケール感ある荘厳さは熟成で円熟し妖艶に。

飲み頃と当たり年
・飲み頃はブドウ収穫年からおよそ10年~50年
・当たり年にのみ造られるシャンパーニュで、近年では

1999
2000

2002
2004
2005
2007
2008
2012
以上のヴィンテージが生産されている。

口コミ
大半の方が非常に満足、あるいは納得している印象の口コミがほとんどで、かなりポテンシャルの高いシャンパーニュである事がわかる。

という事でした。
偉大な生産者が威信をかけて生産するプレスティージュでした。
映画007ではジェームズ・ボンドが愛したシャンパーニュとしても知られており、そんなダンディな男性に似合うようなボトルデザインであり品質です。
ちょっといつもと違う特別な時間を過ごしたい時、本物を見極める力を持ったシャンパーニュ好きの方への贈り物としてなど、活躍の場面も多い事でしょう。
あなたにとって善きワインとの出会いが多くなることをお祈りしております。

 

 

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました