マディラン シャトー モンテュス ルージュ

おすすめ【赤】ワイン

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

タンニンの語源でもあるブドウ品種「タナ」らしさが楽しめる骨太なワイン。

トムクルーズが買い付けることで有名のようですが、一般消費者の皆様の口コミ内容(vinica)を見てみる限り、マディラン、いや南西地方全体で見てみてもトップ、あるいはトップクラスで間違いない満足度。

タナらしい骨格あるタンニンを感じつつ、まろやかな質感とコクを持ちあわせた味わいで多くの方を喜ばせている銘柄だと感じました。

南西地方のおすすめ赤ワインを1つだけ挙げるとすれば、このシャトーモンテュスを私は挙げます。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》マディラン シャトー モンテュス ルージュ

《価格》

3000~4000円

《ブドウ品種》
タナ
カベルネ ソーヴィニヨン

《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>南西地方>マディラン
《生産者》  ヴィニョーブル ブリュモン

プロフィール
ヴィニョーブル ブリュモンは南西地方最高の生産者

2020年現在当主であるアラン ブリュモン氏は、1979年に父からシャトー ブースカッセを継承。1980年にはシャトーモンテュスを購入します。
ボルドーの影に隠れ評価の低い産地であったマディランとガスコーニュでしたが、この地の環境に可能性を感じた同氏は、独学で試行錯誤を実践。タナとカベルネをアッサンブラージュ(混ぜる)ことを初めて行い注目を集め、その品質においても評価されはじめます。
フランスのワイン評論家ミッシェル ベタンヌ氏には、「他のアイコンと呼ばれた人々が300年かけて築いた実績を、彼はわずか30年で成し遂げてみせた」と評価されるほど。
南西地方の伝統品種であるタナを復興させ、マディランとガスコーニュをブランド化した生産者として広く知られるようになりました。

そんなヴィニョーブル ブリュモンのワインは、トム クルーズがジェット機で買い付けに来ることでも有名。様々なワイン誌や評論家にも高く評価されており、多くの3ッ星レストランでも採用されています。

《味わいの特徴》

力強くもしなやか
複雑でバランスも良い
コスパワイン

このワインは凝縮感のある果実味と力強いタンニンがある骨格ある味わいではあるものの、シルキーな飲み口や優しいコクがある事でバランスが整えられており、スパイスや樽の風味なども加わって複雑で奥深いニュアンスも感じられます。
また、そのようなバランスと深さを持ったワインが、比較的手頃な価格で楽しめる点も嬉しい特徴と言えます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

タナの個性
品種名の語源がタンニンであるほど渋味が豊富な品種で、色調も濃く、果実味や酸味も豊富です。
充実感のある味わいで骨格がしっかりしており、豊富なタンニンや酸がある事で長期熟成熟成に耐えるポテンシャルもあります。そして熟成するほど成分は溶け合い、しなやかさやエレガントさが増していきます。

恵まれた土壌
20㎞にわたって赤粘土質、灰色粘土質、白粘土質、砂利質など約10種の土壌が連なるマディランの土壌。
このような多彩な土壌持つ産地は非常に珍しく、世界的ワイン産地に近い特徴を持つと言われています。

自然派農法
アラン ブリュモンは畑の周りの生態系を守っており、ブドウの樹の根元に生える草や苔などを除くこともしません。
そうすることで土壌の中にいる微生物などの働きも活発化し、成分豊かな土壌が育まれ、その結果成分豊かなブドウが育ちます。

収量制限
南西地方ではブドウの枝ひとつにつき2房残しますが、アラン ブリュモン氏は1房にします。
そうすることで残されたブドウに成分が集中し、凝縮感のあるワインを生む要因となります。

【外観】
紫を帯びた深いルビーレッド

【香り】
カシス、ブラックベリー、プルーンを思わせる豊潤な果実香に、樽に由来するスモーキーさたチョコレートのようなニュアンス。ブラックペッパーなどのスパイス香に、土やキノコの風味も加わり複雑さがあります。

【味わい】
凝縮感のある果実味は少しの甘味と豊かなコクがあり、骨格あるタンニンが存在感を示すものの口当たりはシルキー。適度な酸が味わいのバランスを整え、ほんのり苦味と渋味を舌に残しつつ、複雑な風味を残した余韻へと導かれます。

《飲む時の適正温度》

14℃~18
少し低めの温度にすれば引き締まって上品な印象に。
温度を上げるほど果実感や複雑な風味の広がりある味わいが楽しめます。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から5~20年
※一般的傾向や口コミから推測

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、芳醇な香りと味わいをバランス良く感じやすくなります。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


うなぎのかば焼き


サーロインステーキ

など、コクの豊かな料理との相性が良く、豊富なタンニンは脂分を洗い流しバランスを整える効果もあります。
逆に繊細な味わいを持った料理には、ワインの味わいが強すぎるためおすすめできません。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ
このワインの良くない点を指摘する具体的コメントは見当たりませんでした。

良い口コミ

3000円台でこれほど幸せな気分になれるなんてありがたい!!タナらしい濃厚さや独特の風味が楽しめる♪トムクルーズが買い占めるわけだ。最高ですね♪

 
光を通さない深い色調。6年熟成の2014は黒系果実香に、樽とスパイス。タンニンも酸も豊富で重厚感のある飲み口。この強靭なタンニンこそがタナの語源であり、カベルネを超える長期熟成にも耐えるとか。パワフルさを求める飲み手が知るべき銘酒と言えるだろう。


私が一番大好きな銘柄。6年熟成の2014は濃厚なカシスといったところ。凝縮されたカシスなど黒系果実の味わいは、パワフルながら非常にシルキーな飲み口。ほんのり鼻に抜けるスモーキーさも心地よい。


7年熟成の2013は注ぐだけで広がるベリー系果実香。タナらしい乾いた渋味を、まろやかなコクが包み込む。非常に充実感のあるワインで、ワイン単体でも十分に楽しめますね!!

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     7%
美味しい     70%
普通       23%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

タナから造られるワインはタンニンの主張もあり、賛否が分かれる銘柄が多い印象。しかし、この銘柄については否定的な意見は見当たらず、奥深さとバランス感覚を持ちあわせた味わいへの満足度は非常に高い傾向でした。

さすがヴィニョーブル ブリュモンにおける上級キュベのワインといった印象で、価格も考慮すればかなりおすすめできる銘柄。そして、フランスのタナで最もおすすめできる銘柄なのではないかと感じる結果となりました。

10年を超える長期熟成物に対するコメントが見当たりませんでしたが、滑らかさやエレガントさが増した品質になる事は想像に易いでしょう。

 

まとめ

それでは最後に情報整理です。

マディラン シャトー モンテュス ルージュ

価格
3000~4000円


凝縮感のある果実味と力強いタンニンがある骨格ある味わいではあるものの、シルキーな飲み口や優しいコクがある事でバランスが整えられており、スパイスや樽の風味なども加わって複雑で奥深いニュアンスも感じられる。

飲み頃
ブドウ収穫年から5~20年
※一般的傾向や口コミから推測

口コミ
否定的な意見は見当たらず、奥深さとバランス感覚を持ちあわせた味わいへの満足度は非常に高い傾向。
価格も考慮すればかなりおすすめできる銘柄で、フランスのタナで最もおすすめできる銘柄なのではないかと感じた。

以上です。
個人的にもかなり興味深く、必ず試そうと思える銘柄でした。
渋味がある濃厚なワインが好きな方は、知っておくべき優れたタナ。
トムクルーズが愛飲しているという事で、ちょっと難しいプロジェクト(ミッション)をクリアした時に楽しむのも良いかもしれませんね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました