アンヌ グロ&ジャン ポール トロ レ フォンタニーユ

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ブルゴーニュの人気生産者が南仏で手掛けるコスパワイン。

南仏のワインらしからぬエレガントさは、ブルゴーニュの生産者である事も大きく影響。少ないながら味わいへの口コミ評価(vinica)も頭一つ抜けている印象で、紹介すべきワインだと感じました。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》 アンヌ グロ&ジャン ポール トロ レ フォンタニーユ

《価格》

3500円前後

《ブドウ品種》
グルナッシュ
カリニャン
シラー
サンソー

《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ラングドック ルーション地方>ミネルヴォワ
《生産者》  ドメーヌ アンヌ グロ &ジャン ポール トロ

プロフィール
ドメーヌ アンヌ グロ &ジャン ポール トロは、ブルゴーニュの名門を運営するアンヌ グロジャン ポール トロが南仏の可能性を見出し、互いの経験値を融合させるべく始まったドメーヌ。2008年のファーストヴィンテージから評価の高い注目生産者です。

長年ブルゴーニュでワインを生産している両者は夫婦。アンヌ グロ女史とジャン ポール トロ氏は、研修先ののオーストラリアのワイナリーで出会いをきっかけに結婚し、それぞれが親から引き継いだワイナリー(ドメーヌ アンヌ グロとトロ ボー)に専念します。
2人は互いのワイン造りに関わる事はありませんでしたが、2人の経験を融合せせたワインを、自分達だけでゼロから造りたいという思いは強くなっていきます。そんな思いを実現させるべく、何年もかけて見つけ出した土地が南仏のミネルヴォワだったというわけです。 

そんな2人の経験と恵まれた環境が融合したワインはリリース当初から評判が高く、ワイン評論家のジャンシス ロビンソン氏からはまるでブルゴーニュを飲んでいるかのようと絶賛。ワイン アドヴォケイト誌では南フランスでありながら、ここまでの果実味と張りが両立するエネルギッシュなワインはめったにないと高評価されています。

《味わいの特徴》

ブルゴーニュと南仏の融合
上品さとボリューム感を併せ持つ
コスパワイン

このワインの特徴は、ブルゴーニュワインをを思わせる上品で複雑な風味と、南仏らしいジューシーな果実味主体の味わいが融合した、バランスの良い味わいにあります。そして、ブルゴーニュ人気生産者である両ドメーヌのワインが、非常に手頃な価格である事も嬉しい特徴と言えます。

そのような品質になるのは、ブルゴーニュ同様のワイン造り実施していることが大きく、その一例を挙げます。

リュット レゾネ
農薬や化学肥料を極力使用しないリュット レゾネ(減農薬農法)を実施しています。
土地の酵母など微生物の働きも加わった健全な土壌からは、土地の個性を反映した成分豊かなブドウが育ちます。

区画ごとに醸造
所有する畑は非常に多様な土壌を持っており、区画ごとの土壌特性の違いを知るために醸造と熟成は別々に行われ、最後にブレンドする手法を実施しています。
そうすることで土地の個性を表現したワインが誕生し、それらをブレンドした味わいは複雑で、南仏らしい果実味だけではなく大地のミネラルを吸い上げた奥深さのある味わいが生まれます。
このテロワール(ブドウを取り巻く自然環境)の表現を重視した手法はブルゴーニュで行われるもので、南仏では主流ではありません。

【外観】
深みのあるルビーレッド

【香り】
ラズベリーやカシスなどの豊かな果実香はアロマティック。ブラックペッパー、ハーブ、樽の風味も加わり複雑性が高まります。

【味わい】
ボリューム感のある果実味は瑞々しくピュアな印象。シルキーなタンニンはしなやかな飲み口で、エレガントさも感じられます。中程度の酸味が味わいのバランスを整えると、果実やスパイスの風味を残した余韻があります。

《飲む時の適正温度》

12℃18℃
冷やし気味にすれば風味は弱まりますが引き締まった印象になり、エレガントさが際立つ飲み口になります。
温度を上げるほど穏やかな印象になり、果実味などの風味が広がる優雅な味わいが楽しめます。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から3~10年

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
香りが取りやすいブルゴーニュグラスが最適で、空気に触れる面積が広く温度も上昇しやすいグラスですから、変化する風味も楽しみやすくなります。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ホタテバター


牛肉の赤ワイン煮込み

豊潤かつエレガントでバランスの良さが魅力の赤ワインで、様々な肉料理や、コクのある味付けが施された料理に合わせやすい万能性があります。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

澱の量が凄いですが、これは正常?味わいは良いと思いますよ。

良い口コミ

濃厚な色調。粘性はやや高い。イチゴジャムを思わせる風味は非常に豊かで、タンニンは豊富ながらシルキーな質感。総じて言えば、豊潤さが魅力の良いワインだね。


なるほど!これが胡椒の香りですか。3年熟成の2010はスパイシーなニュアンスを私に教えてくれました。選んで良かったですね。


6年熟成の2012は凝縮感のある果実味だけど、上品さがあり綺麗な飲み口。やはりこの生産者はただ者ではありませんね。


深いガーネット色。5年熟成の2011はカシスのような果実香に、ハーブや動物的なニュアンスもあります。この地方らしい完熟果実の生き生きとした味わいで、タンニンの存在感もある。高めのアルコールからはジーンと甘味も感じられますね。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     3%
美味しい     33%
普通       64%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

そもそも口コミ量の少ない銘柄でしたが、そんな少ない口コミからは、レベルの高い品質に好印象を受けた方が多い事が印象的なワインでした。

南フランスらしい濃厚な果実感に、ブルゴーニュ生産者らしい上品さが感じられる印象で、熟成も楽しみなワインといった印象です。

アンヌ グロもブルゴーニュの有名生産者ですが、私が口コミを調べる限りブルゴーニュでかなり評判が高いのがトロ ボー。そんな人気生産者が手掛けるワインは試す価値があると感じる結果となりました。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

アンヌ グロ&ジャン ポール トロ レ フォンタニーユ

価格
3500円前後


ブルゴーニュワインをを思わせる上品で複雑な風味と、南仏らしいジューシーな果実味主体の味わいが融合したバランスの良い味わい。

飲み頃
ブドウ収穫年から3~10年

口コミ
そもそも口コミ量の少ない銘柄だが、そんな少ない口コミからは、レベルの高い品質に好印象を受けた方が多い。

以上です。

ワインはブドウ品種や産地によって違った味わいが現れますが、生産者によっても違いが出ることがよくわかる銘柄でした。「ブルーゴーニュとは違ったエレガンス」「ラングドックらしからぬエレガンス」そんな個性が味わいのヒントではないでしょうか。

ちなみに、ワンランク上のカゼル レ・キャレタルも非常に評判が良かったですから参考になれば幸いです。

それでは今回はおしまいです。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました