DRC ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティ リシュブール

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ロマネ・コンティ

ワインに全く興味が無くとも、その名は知っているというほどの知名度の高さで、知名度はもちろん品質そして価格も世界最高のワインである事は周知の事実。

そしてワインを志す方にとっては、生涯に一度は口にできたらいいなという存在であり、憧れの存在ではないかと思います。

そんなロマネコンティを生み出している生産者こそが、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティDomaine de la Romanee-Conti】であり、【DRCと呼ばれるわけですね。

そんなDRCが生み出すワインは、モノポール(単独所有)であるロマネ・コンティやラ・ターシュをはじめとしていくつか存在します。

今回紹介するのはその一つリシュブールです。

DRCの生産する9銘柄のワインの中で4番目に高額です。

ヴォーヌ・ロマネで多くの方に飲まれ、そして口コミ評価の高いワインはどれだろうという客観的視点から調べてみた結果、DRCの生産するワインは全て多くの方に飲まれ、そして秀逸な評価を受けているものばかりでした。

というわけで、DRCのワインについては全銘柄を紹介させていただく事になりました。

ワインを通じて最上の時間を楽しみたい時、最上級の敬意を込めて献上する贈り物などの候補にしてみてはいかがでしょうか。

《ワイン名》 D.R.C リシュブール

2010

《価格》

【およそ30万~100万円
※ヴィンテージによって価格は変動します。

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>ヴォーヌ・ロマネ>リシュブール
《生産者》  ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティ

《特徴》

類い稀な華やかな芳香
スケール感溢れる味わい

このワイン特徴は、「百の花の香りを集めてきたような香り」と表現されるほど華やかな芳香性と、シルクのようなしなやかな舌触りで優雅な味わいは、エレガンスとスケール感が溢れており、熟成が進むにつれて官能的な艶やかさが現れます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

最上のテロワール(ブドウを取り巻く環境の全て)
DRCの所有するグランクリュは、土壌や気候を含むすべての自然環境において、ピノ・ノワールにとって最も優れていると言われます。リシュブールにおいては粘土鉱物が多く含まれており、華やかで滑らかな質感はDRCのワインの中でも最もエレガントさが際立つと評されます。

ビオディナミ農法
農薬や化学肥料は一切使わず、畑を耕す作業も土を踏み固めてしまうトラクターは使わず、農耕馬を使っています。
また、天体の動き(太陰暦)に合わせて農作業を行う事も厳格化されており、ありのままの健全で成分豊かな土壌が維持され、その成分を存分に吸い上げた上質なブドウが実ります。

厳しい収量制限
1本のワインを造るのに3本のブドウの樹が使われるというほど、DRCでは厳格な剪定を行い収量制限が行われる事も有名です。
そうすることで、残されたブドウに成分が集中し、成分の充実したスケール感溢れるワインが生まれます。

全房発酵
一般的にはブドウの粒のみを発酵させるのが主流ですが、粒の付いた枝のような部分を梗(こう)と呼び、その部分も含めて全て発酵させることも特徴的です。
それによって、滑らかなタンニンが得られ長期熟成に耐える事や、梗由来の独特の苦味や風味が加わり、複雑な味わいになります。
※この全房発酵は非常に難易度の高い手法としても知られ、適切に行わないと青臭さ・酸味・ギスギスしたタンニンが出てしまいます。
そのためには、梗の部分までしっかりと熟している状態にさせなくてはならず、菌の付きやすい梗を無農薬で健全に保つには非常に管理が緻密でなければなりません。
そのためこの手法を実践しているのは、DRCなどの極一部のトップ生産者のみというわけです。

 

【外観】
深みのあるルビーレッド
熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます。

【香り】
「百の花の香りを集めてきたような香り」とも表現されるほど華やかな芳香性を持ち、バラやスミレにラズベリーにブラックチェリーなどの香りがいっぱいに広がり、土にカカオといった柔らかなニュアンスも感じられます。

熟成するほど円熟を感じさせる妖艶なニュアンスに変化していき、熟した果実にドライフルーツやドライフラワー、腐葉土にトリュフに紅茶などの魅惑的な熟成香も広がりを見せます。

【味わい】
非常に洗練された果実味は凝縮感があるものの繊細さも感じ、シルクのように滑らかなタンニンはしなやかに構造を形成し、美しく伸びやかな酸は味わいまとめた後、優雅な風味を伴った長い余韻があります。

熟成が進むほど果実味は落ち着きある深い旨味を伴った甘やかさが現れ、タンニンや酸などの成分は溶け合う事でビロードのようにしなやかな艶やかな質感になります。
そしてトリュフや腐葉土などの熟成による官能的な風味を伴った長い余韻が訪れます。

《飲む時の適正温度》

16℃18℃
別格の華やかさとスケール感溢れる味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ7年~40年
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ赤のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年


1969年 5
1970年 2
1971年 5
1972年 3
1973年 1
1974年 1
1975年 0
1976年 4
1977年 0
1978年 5
1979年 3
1980年 2
1981年 2
1982年 2
1983年 3
1984年 1
1985年 5
1986年 4
1987年 4

1988年 5
1989年 4
1990年 5

1991年 3
1992年 2
1993年 4
1994年 2
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 3
1999年 4
2000年 3

2001年 3
2002年 4
2003年 3
2004年 2
2005年 5
2006年 3
2007年 2
2008年 3
2009年 5
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 4
2015年 5 

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
類い稀な優雅な香りと別格の味わいを持ったワインです。
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がる事で甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


特に上質な和牛のタタキ


アワビバター

など、特に上質で豊かなコクのある味わいの料理に合わせる事で、優雅なワインの味わいが料理を引き立て、また、料理がワインを引き立て、複雑で官能的な風味の広がる至極のマリアージュが楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

世界最高峰のワインです。

ワインに造詣が深い方などへ、最上級の敬意を込めて贈るワイン、あるいは特別な日に大切な方と最上級の料理に合わせて楽しむワインではないでしょうか。

そのように、特に重要な場面にこそ相応しいワインで、またその期待に応えられる力を持っているのがDRCのリシュブールではないかと感じます。


《こんな場合には不適切!?》

不適切というよりは、飲み頃や抜栓するタイミングには気を付けるべきワインです。

せっかくのリシュブールも若すぎて、ボトルの最後の一口でようやく開いてきたでは残念ですね。

それから、特別感満載のワインですから、日常消費用ではありません。

日頃の晩酌にこのワインを選ぶのはやめましょう。(笑)

《飲んだ人の口コミ》 ※2017年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「43年経過で完全なるマディラ化を経験させていただきました。これもまた貴重な体験。」


「7年熟成の2012は圧倒的凝縮感で、余韻の深さ、長さにおいては風格を感じさせるもので、別格の存在感がありますね。ただし私にはもっと好みの造り手は複数存在するのも事実。」

良い口コミ

「24年の熟成を経た1993は深みのあるルビーレッド、部屋を満たすような芳香からは、チェリービネガーに土、インクやタバコも感じますね。ひたすら存在感に溢れ偉大なこのワインを前にひれ伏す私がいます。もう何も言えません。」


「なんと48年の眠りから覚めたリシュブールだ。醤油にキノコに干し椎茸、それから煮干しに土にトリュフにヨードの香り。煮物か!?というような成分だ(笑)そして旨味の凝縮感も凄い!!これは果物の領域を超えているね。1970年にブルゴーニュに生まれたこのワインがこうして日本の空気に触れたんだぜ。なんとも言えない感慨深さが古酒にはあるね。すべての要素が別格なのだ。」


「9年目の09は圧倒的なお花畑の香りにやられました。本来飲み頃はまだ先なのかもしれませんが、事前のデキャンタージュの効果もあり素晴らしい!!以前飲んだ98と比べても09のスケールは大きいですね。これは傑作です。」


「4年目の2014。若い事は覚悟していたが、やはり香りは青い植物やハーブを感じさせるもので、期待していた花束のような広がりは無いかな。味もやや酸が強いか・・。ところが、時間経過で真価を発揮してきたんだ。強めの酸も馴染んでどんどん円やかになり、にじみ出るような甘味も感じられ、最終的にカラメルのような甘美な風味に包まれたんだ。素晴らしい変化を楽しませてもらった。」


「8年目の2011は飲み頃に入り始めたようです。これはもう花畑そのもの。スワリングすればスミレにカシスにラズベリー、土に藁にスモーキーな香りも柔らかに広がります。明るい華やかさがあり、親しみやすさも感じさせる格別な品質。またいつか出会えることを望みます。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    67%
美味しい     23%
普通        7%

良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

良くないの方は、残念なマディラ化を体験した方という事で、ほとんどの方がその品質に大変感動を覚えており、その偉大で風格に溢れ、そして花畑のような優雅な香りに魅了されている方が多い印象でした。

このクラスのワインは特にヴィンテージによっても違う表情を見せますし、飲むほどに変化していく味わいも楽しめるようですから、抜栓のタイミングやデキャンタージュの活用もしっかりと作戦立てておいた方がベターと言えるでしょう。

いずれにせよ流石の存在感とポテンシャルを持った別格のワインである事は、皆様の口コミが証明しているように感じる結果となりました。

 

以上です。

理由は定かではないようですが、

リシュブール(Richebourg

名前の意味は英語にすると「Rich Town」つまり、金持ちの村を意味するという事で、いかにも気高く優雅なワインである事は畑名からも滲み出ているという事でしょうか。

そんなリシュブールの優雅で気高く、百の花の香りを集めてきたような香りとまで評される品質は、ワインを愛する方々の至福の時間を与えてくれる特別な存在ともなり得るのではないかと感じます。

 

あなたにとって善きワインとの出会いがある事をお祈りしております。

 

【DRC リシュブールの最安値の価格帯】

やや若いです
DRCリシュブール 2013
278000円税込・送料別 

ビッグヴィンテージで飲み頃
DRCリシュブール 2005年
550000円税込・送料無料

ビッグヴィンテージの熟成物
1996 リシュブール  DRC 
660000円税込・送料別

Wine Cellar KATSUDA 仏銘醸専門店
非常に豊富な品揃えで、良心的な価格だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました