ドメーヌ デュジャック モレ サン ドニ ブラン

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

さて、今回はちょっと珍しいワインの紹介です。

モレ・サン・ドニは、ジュヴレ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニーに挟まれた赤ワインの有名産地です。

しかし、あまり知られていないかもしれませんが、白ワインも認められている産地なんですね。

そこで私は、そどの白ワインが有名で評判がいいのだろうと思ったので調べてみました。

その結果デュジャックの村名AOC白ワインが有力である事がわかりました。

と言うよりは、多くの消費者に飲まれ、そして高評価を得ているワインは他に無いと言った方が正確かもしれません。

デュジャックは元々無名だったこのモレ・サン・ドニをスターワインに引き上げ、ポンソと並んでモレ・サン・ドニの2大生産者と呼ばれます。

1968年がファーストヴィンテージという事で歴史は浅いですが、わずか一代でモレ・サン・ドニを牽引するトップ生産者になった実力は、一目置かれる存在感を放っています。

とても珍しく、生産量も少ないため見かける事もほとんど無いであろうこのワインは、ワインを追求したい方の知的欲求をくすぐるような存在ではないでしょうか。

はたしてどんなお味なのでしょう。

 

それではそんなドメーヌ デュジャック モレ サン ドニ ブランの
・価格
・味わい
・飲み頃と当たり年
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ドメーヌ デュジャック
モレ サン ドニ ブラン

《価格》

【およそ8000円前後

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>モレ・サン・ドニ
《生産者》  ドメーヌ デュジャック

《特徴》
アロマティックでリッチ
モンラッシェ
を彷彿させるスケール感

【外観】
輝くレモンゴールド
熟成が進むほど濃いゴールド、そして琥珀色に近づいていきます

【香り】
レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実のフレッシュな香りに、青リンゴや白桃のフルーティな果実香、白い花の華やかさに樽に由来するナッツのニュアンスも感じられます。
熟成するほど果実香は落ち着きある熟した果実のニュアンスが強まり、円熟味を感じさせる香りになります。

【味わい】
ボリューム感のあるふくよかな果実味は豊かに広がり、心地よい旨味と美しい酸味を感じます。後口にほのかに感じる蜂蜜やナッツ類の風味は、心地よい余韻となりバランス感覚に優れた味わいです。
熟成するほど成分は溶け合い、熟した果実の穏やかさが現れ、複雑な風味を伴った円熟味を感じられる品質に成長していきます。

 

《飲む時の適正温度》

8℃14℃
冷え気味にすれば酸味が際立ち軽快さが増します。
温度を上げるほど、果実の甘味や複雑な風味が広がる飲み口を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ3年~15年】
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ白のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

1990年 4
1991年 2
1992年 4
1993年 2
1994年 
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 2
1999年 3
2000年 3
2001年 3
2002年 4
2003年 2
2004年 4
2005年 4
2006年 3
2007年 4
2008年 
2009年 3
2010年 5
2011年 4
2012年 
2013年 4
2014年 
2015年 3

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【ふくらみのあるシャルドネグラス】
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみむために、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


天然真鯛のカルパッチョ


ホタテバター

など、ほどよくコクのある味付けをした料理などと合わせることで、爽やかで豊かな風味と、コクの広がりある上質なマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

上質なシャルドネを求める方に
デュジャックの手掛けるこのワインは、上質なシャブリやモンラッシェに匹敵する味わいを持つと言われています。
リッチさとエレガントさを併せ持ったこのワインは、上級シャルドネを選ぶ時の選択肢に入れておいてもよいのではないでしょうか。

意外性のある贈り物として
モレ・サン・ドニの白は、ワインにくわしい方にとって、かなり意外性があるように思います。


「ダビデ兄貴!!誕生日おめでとうございます!!今年はモレ・サン・ドニです。」


「おぉ。ヘモチャビン。ブルゴーニュのピノか。なかなかいいな。」


「兄貴!!それがですね・・このワイン。白なんですよ。白。白。」


「何!!モレサンの白だと!!しかもよく見たらデュジャック。この私を驚かすとは、お前もなかなか成長したもんだな。ヘモグロビン。」


(よかった~兄貴喜んだみたいだ・・ヘラクレスだけど・・)

と、なるかもしれません。(笑)

 


《こんな場合には不適切!?》

ワインはお酒であり楽しむ事が一番大切だと思いますので、不適切な場面というのは本当は無いのかもしれません。

あえて言うなら、場面の雰囲気を悪くするような飲み方は不適切という事でしょう。

それから、安定的に入荷できるワインではないですから、お店のワインリストには載せない方がいいかもしれません。

「はい、今日もありません。」

では、ダメですね。(笑)

「リストには載ってませんが、こんな珍しいワインがあります。」

と言って提案するのが相応しいのではないでしょうか。

《飲んだ人の口コミ》
2014年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「7年目の2011は酸がまだ落ち着いておらず飲み頃はもう少し先か?しかし時間経過で現れる青リンゴのような風味はただ者ではないワインである事が伝わってきた。」

良い口コミ

「はっきりと感じられる様々な要素。ボリューミーな果実味、ミネラル、酸、樽、これらがバランス良く感じられます。3年目の2015とあって若すぎるかと思ったのですが、全然大丈夫でした。」


「う~ん、なかなか強いじゃないか。熟した梨のようで少しの苦味がアクセント。アルコールは高めでボリューム感があるねぇ。8年目の09は悪くないな~。」


「5年熟成の2012。モレサンドニの白では過去最高。果実味のパワーと旨味が溢れていてさすがデュジャックだと思います。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    7%
美味しい    57%
普通      36%
良くない     0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

このワインはモレ・サン・ドニの白という事で、若干影が薄いのでしょう。比較的口コミが少なかったですが、そこそこ満足している方が多い印象でした。

若くても美味しいと評価する方と、悪くはないがややまとまりに欠けると評価する方の両方が見られましたので、成分が溶け合い円熟味のある味わいが好みの方は、熟成させた方が良いかもしれません。

 

以上です。

シャブリ・グランクリュ
コルトンシャルルマーニュ
ムルソー
ピュリニー(シャサーニュ)・モンラッシェ
も有名で素晴らしいですが、

モレ・サン・ドニの白もなかなか興味深いですね。

これは、ワインにくわしい方ほど理解できるのではないでしょうか。

松阪の牛ではなく豚的な存在!?(松阪ポークは優秀です)

かも知れません。(笑)

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ドメーヌ デュジャック モレ サン ドニ ブランの最安値の価格帯】

※どのリンク先も在庫少なく、売り切れていたらごめんなさい。

[2016] モレ・サン・ドニ ブラン
(ドメーヌ・デュジャック)

8140円税込・送料864円

モレ サン ドニ ブラン[2015]
ドメーヌ デュジャック

8390円税込・送料690円

モレ サン ドニ ブラン[2016]
ドメーヌ デュジャック

8690円税込・送料690円

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください