ジョルジュ リニエ モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ デ ゾルム

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ユベール・リニエの従兄弟であり、デュジャックポンソユベール・リニエと共にモレ・サン・ドニを代表する生産者。

モレ・サン・ドニのワインで、多くの方に選ばれそして高評価を受けているワインはどれだろう、という事で調べてみた結果、ジョルジュ・リニエのワインはその条件を満たす造り手であり、特にお値段とのバランスも考えると、今回紹介するプルミエクリュが最も高評価を得ている印象でした。

選択肢の一つにこのワインを入れておくことは、賢者の選択であると考えます。

 

それではそんなジョルジュ リニエ モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ デ ゾルムの
・価格
・味わい
・飲み頃と当たり年
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ジョルジュ リニエ
モレ サン ドニ
プルミエクリュ
クロ デ ゾルム

《価格》

【およそ80009000円

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>モレ・サン・ドニ
《生産者》  ジョルジュ・リニエ

《特徴》
上質な果実味と旨味
上品であり風格も感じられる
バランス型

このワインの特徴は、上質なブドウによる洗練されたピュアな味わいで複雑性もあり、どの部分が突出することなく、全体のバランスで豊かな味わいを表現するところにあると考えます。

そのようなワインが生まれる理由をいくつか挙げます。

■化学肥料を使わず堆肥のみを使う事などの理由で、土の中の微生物の働きが活発化し、成分豊かで健全な土壌のエキスを吸い上げたブドウが育ちます。

■土壌の成分を吸い上げる能力が高く、上質な果実を実らせる樹齢の高いブドウの樹(ヴィエイユ・ヴィーニュ)から造られるため、洗練された成分豊かなワインになります。

■そのようなピュアで豊かなブドウの風味を感じやすくするため、樽のニュアンスがワインに反映しやすい新樽の使用比率はあえて低くし、ほどよい樽感でブドウの繊細な風味も感じやすいバランス型ワインを生んでいます。

【外観】
深みのあるルビーレッド
熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます。

【香り】
ラズベリーやカシスにチェリーなどのピュアな果実香が豊かに広がり、スミレの華やかさにほのかな樽のニュアンスも感じられます。
熟成が進むほど果実香は落ち着きあるドライフルーツのようなニュアンスに変化し、腐葉土を思わせる熟成香も加わり円熟味を感じさせます。

【味わい】
洗練されたピュアな果実味はほどよい強さで出汁の効いたような旨味を感じます。
存在感はあるものの角の取れたタンニンはなめらかで、美しい酸味は味わいをまとめ、エレガントな風味を残した余韻が長く続きます。
熟成させるほどタンニンや酸などが溶け合い、なめらかさや旨味は一層強まり、複雑な風味も加わった妖艶な品質に成長していきます。

 

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
少し低めの温度にすれば、酸味を感じやすくエレガントな飲み口が楽しめますし、温度を上げるほど甘味を感じやすく酸は穏やかな印象になり、豊かで複雑な風味の広がりを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ3年~20年】
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ赤のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

1990年 5
1991年 3
1992年 2
1993年 4
1994年 2
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 3
1999年 4
2000年 3
2001年 3
2002年 4
2003年 3
2004年 2
2005年 5
2006年 3
2007年 2
2008年 3
2009年 5
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 4
2015年 5 

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
豊かな香りとエレガントで複雑な味わいを持った上質なワインです。
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がる事で甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


牛肉の赤ワイン煮込み


うなぎのかば焼き

など、豊かなコクのある味わいの料理に合わせる事で、豊かでエレガントなワインの味わいが料理を引き立て、また、料理がワインを引き立て、複雑でやさしい風味の広がる上質なマリアージュが楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

ワンランク上の上質ブルゴーニュピノをお探しでしたら、このワインを候補にしても良いのではないでしょうか。

ヴォーヌロマネ、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニーなどは、品質はもちろん高いですが、価格も高くなりがちです。

しかし、モレ・サン・ドニはそれらのAOCに比べると、若干知名度も落ちるせいか価格も手頃です。
そのような意味合いもあり、コスパに優れたワインと言えるでしょう。

大切な方への贈り物、特別な日に特別な人と飲むワインの候補にしてみても素敵ですね。

 


《こんな場合には不適切!?》

ワインはお酒であり楽しむ事が一番大切だと思いますので、不適切な場面というのは本当は無いのかもしれません。

あえて言うなら、場面の雰囲気を悪くするような飲み方は不適切という事でしょう。

それから、ポテチにジョルジュ・リニエでもちょっとバランスが悪いですかね(笑)
場面の重要度や料理のレベルにワインを合わせる事も考えた方がベターでしょう。

《飲んだ人の口コミ》
2015年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「ん~ポテンシャルは感じる良いワインだが・・。ちょっとピークは過ぎてしまったようだ。16年目の2001。」

良い口コミ

「16年熟成の2001は、最初少しの還元臭が感じられたがすぐに抜けた。とてもモレサンドニらしい土っぽさがあり、エレガントな飲み口は抵抗なく杯が進んでしまうような心地よいワインだ。」


「9年目の2006はとてもパワフルでヴージョを連想させる品質。スミレや黒スグリのニュアンスを強く感じます。美味しいです!!」


「7年熟成の2011は今が飲み頃のようです。ベリー系果実にヨーグルトのようなミルキーな風味が特徴的。果実味のパワーを味わうというよりは、出汁の効いた旨味を味わうといった感じで、綺麗な酸味も好印象。素敵なワインです。」


「鮮やかなルビーレッド。チェリーなどの果実香に、スミレにバニラそしてオリエンタルなスパイスのニュアンス。ブルゴーニュらしいしなやかなタンニンで美しい酸味。線は細いが芯の通った造りは、綺麗な香りを漂わせる日本人バレリーナのようだ。8年目の2012は秀逸な味わい。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    10
美味しい     53%
普通       37%
良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

このワインは高確率で飲み手を満足させているワインだと感じました。

気になったのは、3年程度の熟成のこのワインの口コミが無かったことで、若くて硬い可能性もあるかもしれません。

10年前後の飲み頃のワインは特に満足度が高く、20年程度の熟成では美味しいと評価する方の方が多かったものの、枯れていたと感じた方もみえましたので、適切な環境で熟成されたかどうかを考えるべきかとも感じました。

いずれにせよ良質なモレ・サン・ドニを選ぶならば、安定感の感じられるこのワインを選択肢に入れるのは正しい選択だと思います。

 

以上です。

今日も素敵なワインが紹介できてよかったです🎵

ワインというものは一説によると400万種類くらいあるみたいです。
※ヴィンテージの違いも含む。

これは60年毎日ワインを飲んだとして、1日182種飲まないと追いつきません。

アル中になりますのであきらめましょう(笑)

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ジョルジュ リニエ モレ サン ドニ プルミエクリュの最安値の価格帯】

※在庫も少ないようで、売り切れていたらごめんなさい。

モレサンドニ プルミエ クリュ
クロ デゾルム 2012
ジョルジュ リニエ 

8360円税込・送料756円

モレサンドニ プルミエ クリュ
クロ デゾルム 2016
ジョルジュ リニエ

8800円税込・756円

モレサンドニ プルミエ クリュ
クロ デゾルム 2015
ジョルジュ リニエ

8965円税込・送料別

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください