ドメーヌ ド レーグル ピノノワール

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

南仏のワインとして唯一紹介するピノノワールです。

そもそも南仏でピノはマイナーですが、優れた芳香性とニューワールド寄りの優しい味わいは口コミ(vinica)の評判も良く、価格も比較的手頃で紹介すべきワインだと感じました。

やはりジェラール ベルトランは、ラングドック ルーション地方におけるトップ生産者で、どの品種を手掛けてもしっかり仕上げる一流生産者である事も確認できました。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》 ドメーヌ ド レーグル ピノノワール

《価格》

3000円前後

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ラングドック ルーション地方
《生産者》  ジェラール ベルトラン

プロフィール
ジェラール ベルトランは、ラグビーのフランス代表だったジェラール ベルトラン氏が、父ジョルジュの畑を引き継ぎ「ジェラール ベルトラン社」を1986年に設立したのが始まり。2020年現在14のドメーヌを所有する大規模生産者です。
自然派ワインのリーダー的存在でもあり、品質の高さでも定評のあるジェラール ベルトランは、数々のコンクールやワイン誌から高評価を獲得。
また、エールフランスをはじめとする世界中のエアラインや、有名レストランで採用される実績があり、名実ともにラングドック ルーション地方を代表する生産者になりました。

《味わいの特徴》

芳醇なアロマと味わい
優しく優雅なコスパピノ

このワインの特徴は、円熟したピノノワールに由来する芳醇な香りと味わいがあるところで、酸やタンニンは比較的穏やかなため優しい印象。どちらかというとカリフォルニアのピノのような、果実味が豊富なニューワールド寄りの味わいがあります。
そして、レベルの高い優雅な味わいが手軽な価格で楽しめる点も、嬉しい特徴と言えるでしょう。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

テロワール
降水量の少なさは果実の凝縮感を高め、温暖な気候と豊富な日照はブドウの熟度を高め果実味を豊かにし、酸は穏やかになります。
このようなテロワール(ブドウを取り巻く自然環境)が土台にある事で、ニューワールド寄りの果実の風味が豊かなワインが誕生します。

ビオディナミ農法
農薬や化学肥料を使用しないことに加え、天体の動きに合わせた農作業を実践するビオディナミ農法でブドウを栽培。
天然酵母など様々な微生物の働きも加わった、健全で成分豊かな土壌が育まれ、その成分を吸い上げたブドウはピュアで、土壌のミネラルを多く含んだワインを生みます

密植栽培
ブドウの樹をあえて密に植えることで生存競争が活性化され、ブドウは栄養を求め地中深くまで根を伸ばします。
その結果土壌の成分をしっかり吸い上げたブドウが育ちます。
※この栽培方法は、ブルゴーニュの伝統的手法として知られます。

手摘み収穫
大量生産で見られる機械収穫ではなく、丁寧に手摘みされます。
ブドウは傷つかず健全な状態が保たれ、不適切な果実は排除される事で雑味のないワインが生まれます

【外観】
透明感のある深いルビーレッド

【香り】
ラズベリーやチェリーの果実香に、スミレの華やかさ。紅茶やクローブなどの落ち着いたニュアンスも加わり、アロマティックな香りに包まれます。

【味わい】
ラズベリーやチェリーなど赤い果実を思わせる果実味は、ほんのり甘く円熟した印象で、心地よい旨味が舌の上で広がります。
タンニンと酸は比較的穏やかで優しい飲み口を表現し、心地よい果実やスパイスの風味を残した余韻があります。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
少し冷やし気味にすれば酸味が際立ち軽快さが楽しめます。温度を上げるほど酸は穏やかに感じられ、甘味や風味の広がりある味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から3年~8年
※一般的傾向から推測した個人的見解です。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がる事で甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶことで、このワインの芳醇な香りと広がる味わいが感じやすくなります。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


チキンのグリルをベリーソースで


アワビバター

など、芳醇な香りとほんのり甘味を持った果実味のあるこのワインには、適度なコクのある素材や味付けの施された料理との相性が良いでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

良く言えばエレガント。悪く言えば物足りないワイン。ベリー系果実のシンプルな香りから、ライトな味わいで余韻ほとても短い。バランス自体は悪くないけど、もう少し要素が多い方が良いかも。普通。

良い口コミ

3年熟成の2017はラズベリーやイチゴの香りで、心地よい甘味はニューワールドのピノを彷彿させる。余韻に若干の物足りなさを感じるが許容範囲で、出汁の効いたような旨味も心地よく、コスパもかなり良いと思うよ。

 
お値段以上の複雑な味わいに満足です♪


3年熟成の2017はブルゴーニュの村名ワインを凌駕するような豊潤な果実香。味わいは酸や凝縮感がもう少しあればと欲が出てしまったが、それでも納得の美味しさです。ラングドックはピノに向かない印象だったけど、期待を上回る出来栄えで、翌日も美味しく飲ましめた。熟成もさせてみたい楽しみなワインですね。


ジェラールベルトランはどれ飲んでも美味しいからハマり中なのです♪で、今日はピノ♪あ~。このピノらしい幸せな香りがたまりませんね~~。味わいは甘味が先行気味で奥行きはそこまで無いですが、この幸せ香は素晴らしいですよ~~。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     0%
美味しい     60%
普通       40%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

一部でやや物足りなさを感じた方もおられ、感動するような方もいませんが、優雅な香りと南フランスらしい厚みのある果実味のある味わいに、好感を持った方が多い傾向でした。

そもそも南フランスでピノノワールは珍しいので、ちょっと変わったアプローチを求める方にも向いていると思います。
また、ブルゴーニュ寄りのエレガントな品質というよりは、ニューワールド系のピノ寄りの果実味主体の味わいで、そのような親しみやすい味わいを好む方におすすめできる品質かと感じました。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

ドメーヌ ド レーグル ピノノワール

価格
3000円前後


円熟したピノノワールに由来する芳醇な香りと味わいがあり、酸やタンニンは比較的穏やかなため優しい印象。どちらかというとカリフォルニアのピノのような、果実味が豊富なニューワールド寄りの味わい。


飲み頃
ブドウ収穫年から3年~8年
※一般的傾向から推測した個人的見解。

口コミ
一部でやや物足りなさを感じた方もおられ、感動するような方もいないが、優雅な香りと南フランスらしい厚みのある果実味のある味わいに、好感を持った方が多い傾向。

以上です。

ちょっと珍しい南仏のピノでした。

とはいえ流石ベルトランが手掛けると、ちゃんと仕上げてくるなと感じるワインでもあります。

ピノ好きで、ブルゴーニュに限らずニューワールドのピノも好きだという方が試してみる価値があるでしょう。

読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました