レ フォール ド ラトゥール

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ


世界の有名ワイン

今回は、シャトーラトゥールのセカンドラベルを紹介します。

5大シャトーの中で、最も男性的で荘厳さを感じさせるラトゥールは、王の品格を感じさせますが、その片鱗を持ちファーストラベルには及ばないまでも、格付け第2級に相当する品質と言われるほどのワインです。

今回はそんなレ フォール ド ラトゥールの、
・価格
・味わい
・当たり年と飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
レ フォール ド ラトゥール

2001
飲み頃お値打ち
32780円税込・送料別

《価格》

【およそ2800045000円】
※ヴィンテージによって価格は変動します。

《ブドウ品種》
カベルネソーヴィニヨン主体
メルロー少し
プティヴェルト微量
※ヴィンテージによって使用比率は変動します。

《ボディ》フルボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス ボルドー メドック ポイヤック
《生産者》シャトー ラトゥール

《特徴》
甘美で複雑。品格ある味わいは
ファーストラベルを彷彿させる

ファーストラベルのシャトーラトゥールの特徴は、非常に豊かなタンニンにあり、男性的で荘厳な印象を感じるところにあります。

このセカンドラベルはフ、ァーストラベルに使用するに至らないと判断されたブドウも使用されますが、決して質が低い事は無く格付け第2級に相当する品質と言われています。

ファーストラベルに比べるとタンニンは丸みを帯びており、比較的若いうちから楽しめる造りになっており、もちろん熟成させることでも奥深くエレガントな味わいになっていきます。

あなたにとって大切な方への贈り物や、記念日に一緒に飲むワインの選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

品格・品質は共に高く、あなたの大切な方の幸せなひと時を生み出し、もちろんあなた自身の至福の時間になるのではないかと考えております。

【外観】
若いうちは深みのあるガーネット色
熟成が進むほどレンガ色に近づきます。

【香り】
ベリー系果実にプラムの果実香に、バラ・革製品・バニラのニュアンスが加わり豊かで甘美な複雑性があります。

【味わい】
熟した果実の心地よい甘味が感じられ、バニラ・鉄分・土などの複雑な風味と共にコクが感じられます。タンニンは存在感はあるもののなめらかさがあり、ほどよい酸味が味わいをまとめた後、非常に長く優美な余韻が訪れます。

熟成度合いによっても香り・味わいは変わるため、平均的な風味の指標にしてもらえると良いでしょう。

《飲む時の適正温度》

16℃18℃
その豊かで洗練された香りと味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《当たり年と飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ5年~20年】
良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

比較的若いうちからバランス良く、豊かで甘美な味わいです。
熟成させれば、様々な成分がワインに溶け込むことで角の無いエレガントさを感じられる品質になってゆくでしょう。

※ヴィンテージによって飲み頃にも差がありますから、ヴィンテージチャートも貼っておきましょう。
第36回【ワインの産地別ヴィンテージチャート】
一般的にメドックの当たり年は、
1953・1959・1961・1982・1990・1995・2000・2005・2009・2010・2015
が特に良かったとされています。

当たり年です】
[2010] レ フォール ド ラトゥール 750ml 
39810円税込・送料込》

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


牛肉の赤ワイン煮込み


フォアグラのバターソテー

など、上質な素材などを使用しコクのある味わいの料理と合わせる事で、複雑な風味とコクの広がりを体感できる極上のマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。


《こんな場合におすすめ》

ボルドーの素晴らしい品質のワインで、知名度も高いワインでもあります。
大切な方への贈り物にしても、ラトゥールのセカンドワインならば品格・味わい共に恥ずかしくありません。(2級相当の品質と言われます。)
誕生日や結婚記念日などで飲んでも、思い出の1ページに残るワインとなるでしょう。
上質でコクのある料理と共に素敵な時間をお過ごしください。
お金に余裕がある方は普段飲みにして下さい!!(笑)

 

《こんな場合には不適切!?》

上質で品格あるワインですから、軽率な飲み方はやめたほうが良いでしょう。
気軽なパーティーなどの場面で、ワインの味がよくわからない人達と紙コップでこのワインを飲んでしまったら残念です!!あぁ・・残念すぎる・・。
そんな事をする人はこの記事を読む方にはいらっしゃらないと思いますが。(笑)
それから、非常にコクのある赤ワインですから、繊細(淡白)な素材の味を感じたい時もやめた方が良いですね。
ワインはおいしいけど料理の味が感じにくいのも良くないですね。
繊細な白ワインや軽快なスパークリングワインを選びましょう。

《飲んだ人の口コミ》
2018年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「グレートヴィンテージの2010だよ!!セカンドでこのクオリティーの高さはいったいなんだ!!黒い果実・チョコ・コーヒーのようなビターさがあるね。かなり複雑な風味だけれども、親しみやすさがあるのはなめらかさのあるタンニンの効果かな。凝縮感があってファーストのエッセンスがしっかり感じられるね!!素晴らしい。」
[2010] レ フォール ド ラトゥール 750ml 


「2011。ちょっと早いかな~と思ってたけど、そんなことなかったわ。タンニンは溶け込んでいてなめらか。とっても豊かな味わいでおいしく飲めてよかった。」


「ワインを飲んでいるというよりは、幸せを飲んでいるという感覚だ。1996。熟成を経て香り味わい共に秀逸。こんなにうまいセカンドのファーストラベルってのはどうなんだろう?と興奮してしまったよ。」

悪い口コミ

「期待が膨らみすぎるのも良くないようね・・・。1996。なるほど、こんな感じかぁと思ってしまった。美味しいけど。」


「2008。香りは素晴らしくタンニンも溶け込みなめらかだが、味が薄く感じる。うまいが期待値が高かっただけにね。」

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、

感動的!!    20%
美味しい     70%
普通       10%
良くない      0%

という結果でした。

印象の良くない口コミは、期待が膨らみすぎてしまった方くらいで、ほとんどの方が好印象または感動的な感想を持っていました。

やはり、これくらいの造り手になると品質の安定感も抜群のようですね。

 

以上です。

セカンドラベルにしてはお値段もなかなかですが、やはりそれだけの品格・品質を持っているからこそとも言えます。

大切な場面で、絶対にはずしたくない時などには、このような歴史・品格・信頼あるシャトーの確かな一本を選ぶのも良いかもしれませんね。

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【レ フォール ド ラトゥールの最安値の価格帯


格付け第1級セカンド レ フォール ド ラトゥール 2012
28009円税込・送料別》

 

 

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください