パヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴー

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ


世界の有名ワイン

5大シャトーの中で、女王の風格を持つと言われるシャトーマルゴーのセカンドを紹介します。

女王の片鱗も兼ね備え官能的な味わいは、セカンドとはいえ十分なポテンシャルがあり、多くの人々を虜にしています。

今回はそんなのパヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴーの、
・価格
・味わい
・当たり年と飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
パヴィヨン ルージュ デュ
シャトー マルゴー

2016は 若いですが当たり年
26389円税込・送料別

《価格》

【およそ2万3千円~5万円】
※ヴィンテージによって価格は変動します。

《ブドウ品種》
カベルネソーヴィニヨン主体
メルロー少し
カベルネフラン微量
プティヴェルト微量
※ヴィンテージによって使用比率は変動します。

《ボディ》フルボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス ボルドー メドック マルゴー
《生産者》シャトー マルゴー

《特徴》
メルローの比率を高め
肉付き良く官能的でやわらか

ファーストラベルのシャトーマルゴーは、華やかな香りとなめらかながら強靭な骨格を感じさせる女王の品格を感じさせる品質を持ちます。

その理由には、力強いタンニンを持つカベルネソーヴィニヨンの使用比率が高い事が挙げられます。

それに対してこのセカンドワインは、カベルネソーヴィニヨン主体である事は変わりませんが、やさしいワインを生むメルローの使用比率が若干高めで造られます。

そのため、肉付きの良い柔らかなスタイルが特徴的なワインになり、優美な香りとキメの細かいタンニンもあり、はっきりとシャトーマルゴーの片鱗を感じる事もできます。

ロバートパーカー氏も
「マルゴーのセカンドラベルは消費者の注目に値する品質。」
と、絶賛しています。

セカンドラベルとはいえ非常に評価の高いこのワインを飲んで、女王の片鱗、いやファーストラベルに勝るやわらかでまろやかな品質に包まれてみてはいかがでしょうか。

【外観】
若いうちは深みのあるガーネット色
熟成が進むほどレンガ色に近づきます。

【香り】
ベリー系果実にチェリー、プルーン、バラの香りに土のニュアンスも加わり、華やかさと複雑さが感じられます。

【味わい】
非常に口当たりなめらかな質感はシルクのようで、豊かな果実の風味があり、タンニンは存在感はあるがやわらかな印象。
穏やかな酸味は心地よく、官能的な余韻は引き込まれるような深さを感じさせます。

熟成度合いによっても香り・味わいは変わるため、平均的な風味の指標にしてもらえると良いでしょう。

《飲む時の適正温度》

16℃18℃
その豊かで洗練された香りと味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《当たり年と飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ5年~25年】
良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

若いうちからなめらかな質感で優雅な味わいが楽しめます。
熟成させるほどさらに成分はワインに溶け込み、シルクのような滑らかさはより際立ち、エレガントで官能的な味わいになってゆくでしょう。

※ヴィンテージによって飲み頃にも差がありますから、ヴィンテージチャートも貼っておきましょう。
第36回【ワインの産地別ヴィンテージチャート】
一般的にメドックの当たり年は、
1953・1959・1961・1982・1990・1995・2000・2005・2009・2010・2015
が特に良かったとされています。

当たり年かつ飲み頃
※贈り物にしても間違いないでしょう。
【送料無料】パヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴー2000  贈答品
43800円税込・送料込

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


上質な和牛ステーキを赤ワインソースで


クリーム系パスタにトリュフを乗せて

など、特に上質な素材などを使用しコクのある味わいの料理と合わせる事で、洗練されたやわらかな風味の広がりを体感できる極上のマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 

《こんな場合におすすめ》

ボルドーの素晴らしい品質のワインで、知名度も高いワインでもあります。
大切な方への贈り物にしても、マルゴーのセカンドならば品格・味わい共に恥ずかしくありません。
ワインの知識がある方ならば、このワインの格もわかって下さり喜んでいただけると思います。
また、誕生日や結婚記念日に飲んでも思い出の1ページに残るワインになるでしょう。
上質でコクのある料理と共に素敵な時間をお過ごしください。

 

《こんな場合には不適切!?》

上質で品格あるワインですから、軽率な飲み方はやめた方が良いですね。
バーベキューなどのカジュアルな場面で、ワインの味がよくわからない人達と紙コップこのワインを飲んでしまったら大変です!!
「よくわかんないけど、このワイン美味しかったね。」
では、寂しさを感じます・・・。
そんな事をする人はこの記事を読む方にはいらっしゃらないでしょうが。(笑)

それから、コクのある赤ワインですから、繊細(淡白)な素材の味を感じたい時もやめた方が良いですね。
ワインはおいしいけど料理の味がわからないではもったいないですね。
繊細な白ワインや軽快なスパークリングワインを選びましょう。

《飲んだ人の口コミ》
2018年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「2015マルゴーセカンド。いつまでも飲んでいたい香り。濃い目の色調でとにかくバランス感覚がとってもいいわね。」


「1999のこのワインは、10年間セラーじゃない所で保管したから心配だったんだ。でも、大丈夫だった。熟成を経てエレガントさがあるねぇ。この頃はブルゴーニュのピノばかり飲む私だが、熟成されたボルドーなら良いなと思わせてくれる味わいだ。」


「開栓したら花のような香りが広がったわ。さすがね。シルクのようなタンニンにベリー系果実にハーブも感じ心地よい。もう、うっとりしてしまったわ。2004。飲み頃と言えるわね。」

悪い口コミ

「まだまだ若いわね。熟成された古酒が好みの私には2008は早すぎたのね。うまいけど。」


「やっと飲めたのに!!ちょっとブショネ・・。悪くは無いけど、思ってたよりも薄く感じる・・。」

といった皆様の声でした。

他にもたくさんの口コミがありましたが、

感動的!!    30%
とても美味しい  40%
普通       30%
良くない      0%

という結果でした。

良い状態で飲まれた方はおおよそ高評価である事がわかりました。

熟成させることでも素晴らしいワインになりますが、若いうちから非常に高い評価がある事もわかりましたね。

保存する場合は、適切な状態を保っていただきたいと思います。

 

以上です。

セカンドラベルとはいえ、非常に完成度の高い品質で品格ある味わいです。

皆様の大切な日に、パヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴーがある事で、より忘れられない優雅な時間が過ごせるのではないかとワクワクする妄想家の私です(笑)

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

パヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴー最安値の価格帯】

パヴィヨン ルージュ デュ シャトー マルゴー 2012 
23935円税込・送料別

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください