コート ド ジュラ レ グランジュ パクネス ラ ピエール ウイエ

おすすめ【白】ワイン

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

希少性の高い良質ワイン。

知名度も高くなく実際口にする方も少ないため、口コミ(vinica)量は非常に少なかったのですが、経験豊富なワインラバーの方々のコメントを拝見し、紹介すべきワインだと感じました。

今回紹介するのは、ボリューム感のある白ワインが好きな方に選んでいただきたい、新鋭女性醸造家の作品です。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》コート ド ジュラ レ グランジュ パクネス ラ ピエール ウイエ

《価格》

5000円前後

《ブドウ品種》サヴァニャン
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   やや辛口
《産地》   フランス>ジュラ サヴォワ地方>ジュラ
《生産者》  レ グランジェ パクネス

プロフィール
レ グランジェ パクネスはジュラにある非常に小さなワイナリー。
2010年に設立され、ブドウ栽培から醸造までをほぼ一人で担っている女性はロルリーヌ ラボルドです。
僅か3.5haの畑から、ジュラらしさを最大限に表現したピュアなワイン造りを目指しており、注目すべき新鋭と言われています。

《味わいの特徴》

肉厚かつ上品
バランス感覚に優れた
ピュアな味わい

このワインの特徴は、ボリューム感がありながらピュアで瑞々し味わいは透明感のある上品さも感じられるところで、心地よい旨味や適度な酸がある事でバランスの良い味わいも表現されています。

非常に情報の少ないワインではありましたが、そのような品質になる理由を2つか挙げましょう。

サヴァニャンの特徴
サヴァニャンは厚みのある果実味と豊富な酸味があり、ボリューム感のあるワインを生む傾向があります。

ビオロジック農法
農薬や化学肥料を一切使用しないビオロジック農法を実践。土地の天然酵母など、様々な生物の営みが反映された土壌は健全で成分豊かな状態になり、そのエキスを吸い上げたブドウは充実感のあるピュアなワインを生みます。

 

【外観】
濃いめのレモンイエロー

【香り】
オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフレッシュさに、黄桃やアンズなど南国果実のフルーティーな果実香。ナッツやトーストのニュアンスにハーブの爽やかさも加わることで、ボリューム感のある複雑な香りが広がります。

【味わい】
厚みのあるピュアな果実味は瑞々しく、塩気を感じるようなミネラルと相まって奥行きのある味わいを表現。しなやかな酸が味わいのバランスを整えると、心地よい旨味や香りを残した余韻が訪れます。

《飲む時の適正温度》

6℃14℃
よく冷やせば酸や凛としたミネラルが強調され引き締まった印象に。
温度を上げるほど酸は穏やかな印象になり、豊潤な果実味や複雑な風味の広がりが楽しめます。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から2~10年
※一般的傾向から推測

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりのグラス】
【ふくらみのある大きめのグラス】
冷やし気味にして軽快さを楽しむ場合、温度も上がりにくい小ぶりのグラスを選ぶと良いでしょう。
少し温度を上げて広がる風味や味わいを楽しむ場合は、香が取りやすく温度も上昇しやすい大きめのグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


アワビバター


コンテなどハードチーズ

厚みのあるワインで、ミネラル豊富な魚貝類や鶏肉や豚肉などの素材、あるいはバターやチーズを使用した比較的コクのある料理との相性が良いです。また、ジュラの名物チーズであるコンテともよく合います。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ
このワインに対する否定的なコメントは見当たりませんでした。

良い口コミ

淡めのイエロー。3年熟成の2015は色調のイメージを覆すボリューム感のある香り。柑橘類や黄桃の果実香に、ナッツ類やトーストの風味がリッチに広がります。味わいは香りのボリューム感に反して上品な傾向で、果実の風味を残したエレガントな余韻。とても満足の一本です♪

 
イエローとはこの色だと言わんばかりのハッキリとしたイエロー。3年熟成の2015は柑橘類に塩を加えたようなミネラル感満載の味わいで、リッチな果実味を角の取れた酸がまとめるバランス感覚。だんだんと上がる温度で、黄桃系の完熟果実感が増してくる。結論。旨い!!


2010年がファーストヴィンテージで、まだまだ注目度は低いと言える。しかし、新星女性醸造家の生み出すこのワインの味わいを知ると、今後期待しない選択肢はない。

 

という皆様の声でした。

その他にもいくつかの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     0%
美味しい     80%
普通       20%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

口コミ量が非常に少ないワインですが、ボリューム感のある味わいで経験豊富なワインラバーの皆様を楽しませている傾向。否定的な意見も特になく、深みがありバランス感覚に優れている銘柄だと感じました。

若手の女性醸造家がたった一人で造り出すジュラらしいワインという事で、特に好奇心旺盛な方にとって面白い選択肢になるのでは?と感じる結果となりました。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

コート ド ジュラ レ グランジュ パクネス ラ ピエール ウイエ

価格
5000円前後


ボリューム感がありながらピュアで瑞々し味わいは透明感のある上品さも感じられ、心地よい旨味や適度な酸がある事でバランスの良い味わいも表現されている。

飲み頃
ブドウ収穫年から2~10年
※一般的傾向から推測

口コミ
口コミ量が非常に少ないワインだが、ボリューム感のある味わいで経験豊富なワインラバーの皆様を楽しませている傾向。否定的な意見も特にない。

以上です。
ジャンリケールのワインを通じてサヴァニャンの充実感は知っているので、このワインにも期待が高まり、個人的にとても興味深い白ワインでした。
ムルソーやカリフォルニアの上級白ワインなどが好みの方には面白い選択肢になりそうです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました