リュシアン クロシェ サンセール ラ クロ デュ ロワ ブラン

おすすめ【白】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

サンセールらしいサンセール

爽やかでフルーティーな味わいで、適度な奥深さのある味わいへの口コミ評価も高い傾向。

なるほど、サンセールを代表する生産者の一つなのだとわかる人気ぶりで、良質なサンセールをお探しでしたら、候補に入れるべきワインだと感じました。

《ワイン名》 リュシアン クロシェ サンセール ラ クロ デュ ロワ ブラン

《価格》

3000~3500円

《ブドウ品種》ソーヴィニョン・ブラン
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ロワール地方>サントル・ニヴェルネ地区>サンセール
《生産者》  ドメーヌ リュシアン クロシェ

プロフィール
リュシアン・クロシェはサンセールを代表する生産者の一つで、アンドレ・クロシェ氏とリュシアン・ピカール氏にによって設立された家族経営のドメーヌ。
2020年現在、アンドレ氏の息子でリュシアン氏の義理の息子にあたるリュシアン・クロシェ氏が当主で、その息子のジル氏と共にドメーヌを運営。ジル氏はディション大学で醸造学を修めると、ブルゴーニュの有力生産者であるドメーヌ・デュジャックで修業を積んだ経歴もある人物です。

《味わいの特徴》

サンセールらしい爽快感
厚みのある味わいを持った
バランスの良い品質

このワインの特徴は、柑橘類やハーブのニュアンスにキレイな酸を持った、サンセールらしい爽やかさがあるところですが、適度な果実味やミネラル感は味わいに厚みや奥行きを与えており、バランス感覚に優れた心地よい味わいがあります。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

気候と土壌
リュシアン クロシェの所有する「ラ・クロ・デュ・ロワ」は自慢の畑のひとつで、優れたテロワール(ブドウを取り巻く自然環境)を持つ畑です。
・南東~南西向きの畑は豊富な日照量が得られるので、ブドウはよく熟し果実味が豊かになります。

石灰質を含む粘土質土壌からはミネラル分豊富なブドウが育ち、味わいに気品や奥行きを与えます。

手摘み収穫と厳しい選果
機械ではなく丁寧な手摘み収穫を実践することで、状態の悪いブドウを選別できたり、ブドウを傷つけないことが可能になります。
また、収穫されたブドウは厳しく選果され、状態の良くないブドウは除かれます。
そうすることで、より雑味の無いクリアーな品質が誕生します。

マロラクティック発酵は行わない
アルコール発酵が終わると、リンゴ酸を乳酸に変える発酵、いわゆるマロラクティック発酵を行う場合も多く、味わいにまろやかさを与える狙いがあります。
しかしこのワインはあえてマロラクティック発酵は行わない事を選択しており、生き生きとした酸味を残すことで、まろやかさよりも爽やかさを残したワインを生んでいます。

【外観】
グリーンがかった淡いレモンイエロー

【香り】
青リンゴや柑橘類のフレッシュでフルーティーな香りに、ミントのような爽やかさや、白い花の華やかさも感じられます。

【味わい】
適度な厚みを持ったフルーティーな果実味が広がり、生き生きとした酸は味わいをまとめます。豊富なミネラルは味わいに上品さや奥行きを与えており、少しの苦味を残した上品な余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃12℃
よく冷やせば酸味やミネラルが際立ち上品さが増します。
少し温度を上げれば酸は穏やかな印象になり、少しの甘味を伴ったフルーティーな風味の広がる飲み口を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から約2年~10年
若いうちのフレッシュな味わいを楽しむ傾向のワインですが、熟成酒への評判も悪くないため、10年程度とさせていただきました。

【当たり年】
一般的にロワール白ワインのヴィンテージチャートは以下の通りです。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

2010年 4
2011年 3
2012年 2
2013年 2
2014年
 4

2015年 3
2016年 5
2017年 4

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりorふくらみのあるグラス】
温度が上がりにくいように設計された小ぶりのグラスで飲めば、軽快でキレの良い上品な味わいが楽しめます。
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみたい時は、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


地鶏のタタキをレモンと塩で

など、比較的繊細な味わいから程良いコクを持つ料理に合わせると良いでしょう。
爽やかさとでフルーティさを併せ持ち、適度なコクとミネラルを持ったこのワインは、ミネラリーな味わいを持った魚介類や塩との相性も良いですね。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

4年熟成の2012は中々いい感じだね。もう少し安ければなお良い。

良い口コミ

3年熟成の2012はグリーンがかった淡いイエロー。柑橘類や青リンゴにハーブの香りは爽やかさを表現し、白い花の華やかさも微かに加わります。生き生きとした酸味と適度な果実味が心地よく、ブドウの質の高さがわかる素敵なワインでした。


12年熟成の07はソーヴィニョン・ブラン特有のエグミがすっかり抜けて、果実感とコクのある深みのある味わいが心地よい。サンセールはあまり得意でないけど、これならいいね。熟成に感謝ってとこかな。

 
3年熟成の2015は、果実をかじったようなジューシーな味わいがあります。ミネラルも心地よく、酸は比較的穏やか。いいワインだと思います。


4年熟成の2015は、淡い麦藁色。青リンゴやシトラス系の香りから、厚みのある果実味を酸が引き締めます。ミネラル感も適度でバランス良く余韻も爽やかで心地よい。これぞ良質サンセールって感じですね。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!      0%
美味しい     26%
普通       74%

良くない       0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

多くを語るほど深いワインではなく、もう少し安いと嬉しいという意見もありましたが、品質を否定するものではありませんでした。

味わいは、サンセールらしい爽やかさが感じられる傾向で、適度な厚みの果実味とミネラルを持った味わいに、好感を持っている方が多い印象です。

比較的若い段階の爽やかさを楽しむワインだと思いますが、適切に保存された10年越えのワインに高評価を与える方もみえた事は少し驚きました。その事は、ワイン自体のポテンシャルの高さを感じさせるもので、数年の熟成を選択してみるのも面白いワインだと感じる結果となりました。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

リュシアン クロシェ サンセール ラ クロ デュ ロワ ブラン

価格
およそ3000~3500円


サンセールらしい爽快感、厚みのある味わいを持ったバランスの良い品質。

飲み頃と当たり年
・飲み頃
ブドウ収穫年から約2年~10年
若いうちのフレッシュな味わいを楽しむ傾向のワインだが、熟成酒への評判も悪くないため、10年程度とした。

・当たり年
一般的にロワール白ワインのヴィンテージチャートは以下の通り。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

2010年 4
2011年 3
2012年 2
2013年 2
2014年
 4

2015年 3
2016年 5
2017年 4

口コミ
多くを語るほど深いワインではなく、もう少し安いと嬉しいという意見もあったが、品質を否定するものではない。
サンセールらしい爽やかさが感じられる傾向で、適度な厚みの果実味とミネラルを持った味わいに、好感を持っている方が多い印象。
適切に保存された10年越えのワインに高評価を与える口コミは興味深い。

いかがでしたでしょうか。
とてもサンセールらしい爽やかさがあるワインで、暑い夏の日に、ちょっと美味しいスッキリ系白ワインを飲みたい時などに重宝しそうなワインだと感じました。
シャブリの爽やかさや、ニュージーランドのソーヴィニョン・ブランの爽やかさとも違った魅力がありますから、そのような違いを味わってみるのも楽しそうです。
あなたのワイン選びの一助になれば幸いです。どうもありがとうございました。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました