ポール マス クロ デュ ミュール

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ラングドック ルーションを代表する生産者は?

この質問に対して、「ジェラール ベルトラン」「ジャン クロード マス」を挙げる方が多いのではないでしょうか。

いや、「知らない」が一番多かったりして。。。(笑)

さておき、高額ワインも生むベルトランは一般消費者の口コミ(vinica)評価も高く、いくつかのワインを紹介しました。そして、今回紹介するポール マス(ジャン クロード マス)は、非常に手軽な価格帯で圧倒的存在感を放っており、その中でも最高級とされるクロ デュ ミュールは口コミ満足度も非常に高い印象。最高級とは言え2000円前後のコスパの良さも際立っており、紹介すべきワインだと感じました。

国際的サービス企業として知られるアーンスト&ヤングに、ワイン業界として初の「最優秀国際起業家」を受賞されるなど、ワインはもちろんビジネスマンとしても輝かしい実績を持つジャン クロード マス。この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》 ポール マス クロ デュ ミュール

《価格》

2000円前後

《ブドウ品種》
シラー
グルナッシュ
ムールヴェードル

《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   やや辛口
《産地》   フランス>ラングドック ルーション地方
《生産者》  ドメーヌ ポール マス

プロフィール
1892年。ラングドック地方のカルカッソンヌ近郊ペセナスでブドウ栽培を開始したマス家。
3代目のポール マス氏が規模を拡大し、2020年現在、4代目のジャン クロードとミシェル兄弟がワイナリーを運営しています。
ジャン クロード氏は手軽で高品質なワインを生むことにこだわり、先代のワイン造りとは大きく異なるスタイルを確立。フランスとイギリスのビジネススクールで学んだ同氏は、伝統と最新技術そして商業的な視点も組み合わせることで、そのこだわりを実現させました。評価も非常に高い生産者で、数えきれないほどの受賞歴がありますが、その代表は以下の通りです。
・フランスの明日を担うニュー ウェーヴ オブ ザ ワイン30(仏L’EXPRESS誌)
・ワイナリー オブ ザ イヤー(英ガーディアン紙)
・最優秀国際起業家(米アーンスト&ヤング)今回紹介しているクロ デュ ミュールは、3000円以下の旨安ワイン 旨安大賞(日本リアルワインガイド No.52)も獲得しています。

《味わいの特徴》

ボリューム感とエレガンス
バランスの良いコスパワイン

このワインの特徴は、肉厚な果実感を主体としたボリューム感のある味わいに、適度な酸、スパイシーさ、芳ばしさ、革製品などの風味も加わった複雑性のある味わいにあり、どの成分が主張しすぎることのないバランスの良さからは、落ち着きあるエレガンスも感じられます。
そして、価格が値打ちであることも見逃せない特徴と言えます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

ラングドックのテロワール
豊富な日照と温暖な気候はブドウの熟度を高め、果実味豊かなワインを生みます。

リュット レゾネ
農薬や化学肥料を極力使用しない減農薬農法(リュット レゾネ)を実践。微生物などの働きも加わった健全で成分豊かな土壌のエキスを吸い上げたブドウは、土地の特徴を反映したピュアなワインを生みます。

ヴィエイユ ヴィーニュ
平均樹齢40年を超える古木(ヴィエイユ ヴィーニュ)のブドウが使われています。根を地中深くまで伸ばし、土地の成分を吸い上げる能力が高いなど、上質なブドウが育つのが古木の特徴です。

樽熟成
100%オーク樽で熟成されることで、樽に由来するスパイシーさや焦げた香りが感じられます。

 

【外観】
紫がかった深いルビー

【香り】
ブラックベリーやプルーンなどの熟した果実香に、スミレ、ビターチョコ、コーヒー、ブラックペッパー、クローヴなどの様々な香りも加わり複雑さが感じられます。

【味わい】
ボリューム感のある果実味は、心地よいコクと角の取れたタンニンと相まって優しい飲み口を表現。適度な酸が味わいのバランスを整えると、果実、樽、スパイス、革製品などの複雑で心地よい風味を残した余韻へと導かれ、肉厚でありながら上品な印象があります。

《飲む時の適正温度》

12℃18℃
冷やし気味にすれば風味は弱まりますが、酸味が際立ち軽やかな飲み口になります。
温度を上げるほど酸は穏やかな印象になりますが、その分果実味などの風味が強まり、広がりある味わいが楽しめます。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から3~8年
※一般的傾向からの推測

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりのグラス】
【チューリップ型ボルドーグラス】
比較的気軽なワインですから、少し冷やし気味にして小ぶりのグラスで飲んでも軽快さが楽しめます。
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選べば、香りと味わいをバランス良く感じやすくなりますし、大きなグラスは優雅な雰囲気も味わえます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


ラザニア


豚の角煮

厚みのある果実味とバランスの良い味わいが魅力の赤ワインです。
肉料理全般に合わせやすい万能型のワインですが、少々コクのある家庭料理やピザのデリバリーなど、気軽な料理に合わせても楽しい食卓になるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

スケールは小さめというか、サラリとした一面も見せると言うべきか。。。価格も考えれば良いワインで、翌日まではありだが、三日目はアルコール感が出てきてあまりよろしくない。

良い口コミ

ストラクチャーがハッキリしていて、ベリー系果実、スミレ、甘草などの風味があり、ビターチョコのような程良い甘味は好感が持てます。なるほどリアルワインガイドで安旨ワイン大賞ですか!!


気軽に楽しめる重口。見た目通りのグッとくる飲み口ですが、タンニンは滑らかで軽快さもあるんですね。クリームチーズやスイーツなんかにも合いそうですね。


俺っちには上品とか優雅とかいう感じのワインより、このワインみたいな田舎娘っぽい感じが合うんだよね~~♪果実感に加えタバコやスパイスの風味が独特の個性を醸し出していて、カレーなんかにも合いそう。


ポールマスはどれを選んでもコスパ良く素晴らしい。このワインも然りで、若いけど落ち着きがあり、柔らかな飲み口は好感が持てる。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     7%
美味しい     63%
普通       30%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

コスパの良い濃厚な赤ワインといった印象が残る口コミ数々で、否定的意見はほぼゼロ。ほとんどの方が好感を持っていることが印象的なワインでした。

ジューシーな果実味は凝縮感がありますが、豊富なタンニンと適度な酸がバランスを整えているのでクドさはない傾向。流石南フランスを代表するコスパワイン生産者だと確認する結果となりました。

ちなみに、ポール マスのワインのラインナップは非常に多く、どのワインも値打ちで親しみやすく、多くの方を楽しませていることが口コミからもわかりましたが、とりわけ満足度が高いと感じたのが、このクロ デュ ミュールであったことも加えておきます。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

ポール マス クロ デュ ミュール

価格
2000円前後


肉厚な果実感を主体としたボリューム感のある味わいに、適度な酸、スパイシーさ、芳ばしさ、革製品などの風味も加わった複雑さがある。どの成分が主張しすぎることのないバランスの良さからは、落ち着きあるエレガンスも感じられる。

飲み頃
ブドウ収穫年から3~8年
※一般的傾向からの推測

口コミ
コスパの良い濃厚な赤ワインといった印象が残る口コミ数々で、否定的意見はほぼゼロ。ほとんどの方が好感を持っていることが印象的なワイン。

いかがでしたでしょうか。

ジャンクロードマスにおける最高峰、そして最も飲み手の満足度の高い銘柄だと感じました。最高峰と言っても2000円前後という抜群のコスパで、そのような価格設定から、ジャン クロード氏の手軽で高品質なワインを生むこと」に対するこだわりを感じられます。

トップ生産者の最高峰のコスパワインは、試すだけの価値があるのではないでしょうか。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました