【プラティーレ】コッリ・トスカーナ・チェントラーレIGT

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

私が選ぶ飲むべき一本

楽天ではコチラが最安値

1641円税込】

 

《ワイン名》
プラティーレ
IGTコッリ トスカーナ
チェントラーレ

《ブドウ品種》
・トレッビアーノ
・マルヴァジァ
・サンコロンバーノ

《ボディ》  ミディアム
《甘辛》   やや辛口
《産地》   イタリア トスカーナ
《生産者》  ファットリア・ディ・ピアッツァーノ

《特徴》
フレッシュさと熟した果実味が共存し旨味の強い味わい


このワインの特徴的なところは、若々しいブドウとよく熟したブドウの両方を使う事で、フレッシュな味わいと熟した果実の厚みのある味わいがどちらもある事です

濃いめの黄色い外観で、酸味が穏やかなためふくらみのある旨味がたっぷりの印象が残ります。

ワインだけでも十分に楽しめる強さもありますし、チーズやバターを使ったコクのある料理との相性も良いでしょう。

価格もお手頃ですから、デイリーワインの一つとして持っておいてもおもしろいワインだと思いましたので、今回飲むべき一本に選ばせていただきました。

【外観】
濃いめのイエロー

【香り】
グレープフルーツのような柑橘系果実のフレッシュな香りに、黄桃のようなフルーティな香りやミントの爽やかなニュアンスも加わります。

【味わい】
ボリューム感のある熟した果実の風味が特徴的で、チーズのようにアミノ酸が豊富に感じられる旨味たっぷりの味わいです。
ほどよい酸味は心地よく味わいをまとめ、長い余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃~12℃
冷やす事で酸味が際立ち甘味がやや抑えられた軽快な風味を楽しんでもいいですし、ちょっと温度を上げて酸味をやわらげ果実の甘味を引き出すことで広がる味わいを楽しんでもいいですね。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【購入から1年以内】
このワインは早めに飲んでしまった方がおいしく飲めるでしょう。
熟成させすぎると、フルーティな風味が減少しどこか枯れた印象の味わいになってゆくでしょう。

※ワインの飲み頃についての知識は、

第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりのグラスorふくらみのある白用グラス】
よく冷やして軽快に飲みたい時は小ぶりのグラス。
ちょっと温度を上げて豊かな風味を楽しみたい時は、ふくらみのある白ワイングラスでもいいですね。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》

 


ピザ全般


白身魚ソテーのバターソース


ホタテバター焼

・鶏の照り焼き
・サツマイモのホイルバター焼き

など。比較手淡白な素材にコクのある味付けをした料理などに合いそうです。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。


《こんな方。こんな時におすすめ》

厚みがありジューシーなワインが好みの方
果実の厚みが前面に出たジューシーなワインが好みの方にはきっと気に入ってもらえます。

コクのある料理に白ワインを合わせたい時
チーズやバターなどを使った比較的コクのある味わいの料理との相性が良いでしょう。それくらい味わいに厚みがあります。

ワインだけで楽しみたい時
厚みのある味わいでワイン単体でも楽しめます。もちろんチーズなどをつまみながらでもさらに楽しめます。

気軽なデイリーワインをお探しの方
価格も比較的手軽ですから自宅で気軽に楽しめますね🎵

 


《こんな方。こんな時には合わないかも!?》

軽快で繊細なワインが好みの方
日本の甲州やロワールの爽やかで軽快なミュスカデなどのように、主張しすぎない味わいで料理を引き立てるタイプのワインが好みの方。

繊細な味わいの料理に合わせたい時
繊細な白身魚の薄造りや天ぷらなどにはこのワインは強すぎますね。繊細な味わいの素材の味わいを感じにくくさせます。

特に上質な料理に合わせたい時
特に上質な素材や味付けを施した料理にはやや劣ってしまうかもしれません。
十分においしいですが、料理のレベルに合わせることも楽しむコツですね。

 

以上です。

なかなか特徴的なジューシーなワインです。

もし興味を持ってもらえたならばお試し下さい!!

あなたのワインのある生活が豊かになる事をお祈りしております。

 

楽天ではコチラが最安値

1641円税込】
【6本〜送料無料】プラティーレ コッリ トスカーナ チェントラーレ 2017 ファットリア ディ ピアッツァーノ 750ml [白]Pratile Colli Toscana Centrale Fattoria Di Piazzano

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください