第66回 トレンティーノ・アルト・アディジェ州のワイン特徴・有名ワイン


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ


「さあ!皆さん今日も楽しくワインを学びましょうね~。」



「・・・。」


「いいのよ。みんなお仕事とかいろいろあるからね。今は休んでいても後で勉強できるようにこのブログがあるんですからね。」

おお!まるで人格が変わりました!ロッテンマイヤーの欠片もありません(笑)

☝この先生の影響力は絶大です。
わからない方は第65回を読んでみてください。

ちなみに寝てるメンバーにボルドーの先生が混じってましたが(笑)

さて、今回はトレンティーノ・アルト・アディジェ州です・・。

言いにくい(笑)

そしてなんだかマニアック感溢れるネーミングの州だと感じるのは私だけでしょうか(笑)

予感通り固有品種も多く存在しこの州でしか味わえない品種もあります。

きっと新しい出会いのある回になると思われます。

トレンティーノ・アルト・アディジェ州で
知る事

1、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
基本データ

2、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
ワインの特徴

3、主要DOCとその特徴

1、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
基本データ

まずは場所。

【ワイン生産量】
・約100万ヘクトリットル
※トスカーナの3分の1程度で日本の5倍くらい。

【ブドウ栽培面積】
・約1.5万ヘクタール
※トスカーナの4分の1程度で日本と同じくらい。

【主要品種白ブドウ
ピノビアンコ
華やかな香りを持ちます。

ピノグリージョ
フルーティでボディのある味わいです。

シャルドネ
ご存知でバランスに優れた味わいです。

ミュラートゥルガウ
フレッシュで繊細な香りを持ちます。

トラミネール・アロマティコ
ゲヴェルツトラミネールのことで、豊かなライチ香を持ち柔らかな味わいです。

ノジオーラ
香り豊かでほのかな甘みを持つ白ワインまたは甘口のヴィンサントを生みます。

【主要品種黒ブドウ
スキアーヴァ
この地方限定品種で、デリケートで軽く美しいワインを生みます。

ラグライン
こちらも限定品種。濃厚で力強さのあるワインを生みます。

テロルデゴ
また限定です。フルーティな味わいで酸は強めでタンニンは少ないです。

マルツェミーノ
限定。繊細で華やかな香りを持ちフルーティな味わいです。

ピノネーロ

「ピノノワールのことですよ~🎵」

2、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
ワインの特徴

・イタリア最北の冷涼な産地で、清らかでフレッシュな味わいを持つ白ワインは【イタリアを代表する白ワインと呼ばれます。

・白ワイン以外もいろいろ造られ、固有品種からも様々なタイプのワインを生みだしています。

DOCGはありません。

3、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
主要DOCとその特徴

【アルト・アディジェ】
ロゼスパークリングなど
・使用品種 多数
様々な品種から様々なタイプの
ワインを生むDOCです。
特にドイツ系品種のトラミネール・アロマティコやミュラートゥルガウから造られるアロマティックな白ワインや、ピノビアンコやソーヴィニョンブランやシャルドネから造られる洗練された白ワインが有名です。
また、スキアーヴァからデリケートな赤ラグラインから濃厚な赤も造られ非常に多彩です。

【トレント】
泡白、泡ロゼ
・使用品種 シャルドネピノビアンコピノネーロ
スパークリングワインのDOCです。【トラディショナル方式】で造られるワインは
冷涼な産地ならではのフレッシュさを持ち、果実味豊かなロンバルディア州のフランチャコルタとは対照的でミネラル中心の引き締まったスパークリングワインとして有名です。フェッラーリ】が有名ですね!!

【トレンティーノ】
ロゼヴィンサントなど
・使用品種 多数
・こちらも様々なブドウから様々なスタイルのワインを生みだしています。
ミュラートゥルガウからフレッシュでアロマティックな白マルツェミーノから繊細でフレッシュな赤ノジオーラから甘口のヴィンサントなどが造られます。


「この3つのDOC以外にも5つのDOCがあるわよ。試験の人はざっと知っておくといいわよ💛」

■まとめ■

・トレンティーノ・アルト・アディジェ州は言いにくい!!(笑)

美しい白ワインスパークリングワインで有名。

この州にしかない品種から造られる赤ワインでも知られる。

 

以上です。

美しい白ワインやスパークリングワインを飲みたくなったら、ブルゴーニュもいいですがここのワインも候補に入れてもいいですね!!

それからたまには変わった赤ワイン飲んでみようかという時はこの州のワインを選んでもいいですね。ぜひお試しください。
きっとみんな違ってみんないいですよ~。


「皆さん、私の授業を受けてくれてありがとう🎵今回で私とはお別れですよ。私も勉強の旅へ行くことにしました。」

え?先生。
まだやってもらうつもりだったんですが・・。


「そうね。私もそのつもりでいたんだけど・・。」

旅ってどこに行かれるんですか?


「ロワール・・。」

ロワール?

・・・は!

まさか!?

☚ロワールの先生のところへ?


「ふふふ

あらら、ついに私のブログでも恋が始まってしまいました(笑)

もうこの先生の想いは止められそうにありません。気持ちよく送り出すことにしましょう!!

先生いってらっしゃい!!

 


「まいったなぁ・・。俺にはこういうの向かねぇなぁ・・・。」

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください