第100回 南アフリカワインの主要産地と特徴・有名ワイン


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

私事ではございますが、このブログもついに100回を迎えることができました。

なかなか記事をまとめるのにも苦労しましたが、ここまで来れたことをうれしく思っています。

様々な先生にも協力してもらいましたし、たくさんの方々に読んでいただいた事にあらためまして感謝します。

ありがとうございました。

「よくがんばったね」
「やるじゃない」
「あんたならもっといけるよ」
「!!!」
「あぁ?知らねえ。めんどくせぇ」
「皆の心を受け止めてさらに進むのです」
「自分の事。よく見直してみなぁ」
「むしろ俺の方が感謝してるぜぇ」
「友達ができたよ🎵」
「いい男がいっぱいね💛」
「いっじょにのぼーな~」
「ほー。まだまだ進むかね」
「やるなぁー。そんな事より我覇者なり」
「そのまま突き進むのだ」
「その輝きを磨けるのはお前自身だけだ」
「前へ・・」
「たわけが!!この程度で調子に乗るな!!なあヘモチャビン」
「はい。兄貴。でも・・おめでとうございます」
「お前は悔しくないのかぁ!!」
「悔しいです!!」

先生(監督)方々激励ありがとうございます(笑)

こうしてみると、いろんなキャラの先生にも手伝ってもらったんですね!!

これからも頑張って更新していきますからよろしくお願いいたします。

 

さて、南アフリカの後編ですね。

前編では、
【南アフリカワインの基本データ
【南アフリカワインの特徴
【南アフリカワインの品質分類
について学びました。

ザックリ言うと、
・フランスとカリフォルニアの中間程度のバランスの良い味わいの南アフリカのワインはコスパにも優れている

・産地、品種、ヴィンテージがラベルに表示されるほど品質も確か。

自然環境や労働環境にも配慮したワイン造りを行っている。

ということでした。

それでは今回は、

【南アフリカワインの主要産地と特徴・有名ワイン

について解説しましょう。

南アフリカワイン
主要産地と特徴
有名ワイン

まずは全体像。

DSC_0474

 

南アフリカワインは国内5つの州で造られますが、西ケープ州で9割が生産されています。
やはり主要産地は西ケープ州に集中していますが、その中でも特に重要な地区を4つ紹介します。

《ステレンボッシュ》

1番有名な産地です。ワイン産業の中心地で、南アフリカで唯一ブドウ栽培と醸造学を学べるステレンボッシュ大学があり、ワイン教育や研究の地としても有名です。
国内最大のブドウ栽培面積を持ち、恵まれた気候条件や土壌もあることから高品質なワインも造られます。特にカベルネソーヴィニヨンピノノワールの評価が高いです。
【有名ワイン(ワイナリー)】
ハーテンバーグが造るカベルネソーヴィニヨンは、国際コンテストで世界1を獲得しています。

《パール》

比較的暖かい地区で、赤ワインではカベルネソーヴィニヨンピノタージュシラー白ワインではシャルドネシュナンブランから高品質なワインを生む産地として知られます。
【有名ワイン(ワイナリー)】
南アフリカ最優秀ワイン醸造家に選ばれた【ブラハム】が造るシュナンブランは有名です。

《エルギン》

冷涼な産地で、シャルドネソーヴィニヨンブランピノノワールシラーなどからエレガントなワインが生産されます。
【有名ワイン(ワイナリー)】
【ポールクルーバー】
シャルドネデカンタ・ワールドワインアワードで金賞を獲得しています。

《ロバートソン》

シャルドネから造られる良質な白ワインが有名で、ソーヴィニヨンブランにも注目が集まります。また南アフリカで瓶内二次発酵で造られるスパークリングワインのことを「キャップ・クラシック」と呼びますが、このキャップ・クラシックの評価も非常に高いです。
【有名ワイン(ワイナリー)】
【グラハムベック】の造るスパークリングワインは数々の賞を獲得しており、コスパの高いスパークリングワインとして有名です。

■まとめ■

【ステレンボッシュ】【パール】【エルギン】【ロバートソン】などの様々な環境を持つ産地から、赤ワイン白ワインキャップ・クラシック(スパークリングワイン)が生産され、国際的にも高い評価を受けている

 

以上です。
いかがでしたか?
前編の繰り返しになりますが、おいしいワインを造る事だけでなく、地球環境や労働環境また取引の公平な環境を仕組化する南アフリカは手本にすべき点が多い国ですね。

そして実際に世界的に評価されているワイン(ワイナリー)も存在する事もわかりました。

コスパも良く手に入れやすいですからぜひ試してみましょう!!


「南アフリカのそのような取り組みに賛同するのであれば、南アフリカのワインを購入するという事が一つの方法かもしれませんね。そのような動きが世界的に広がれば、地球環境や人々の働き方のあり方などが良い方向に進むことでしょう。」


「弟よ・・。地球環境か。でかい事を言うようになったな・・・。しかしお前の言葉はやさしい。やさしすぎる!!そんな言葉では俺を超える事はできぬ。断じてできぬわ!!」


「???。兄さん・・。私はあなたの全てを目指します。」


「ふっ・・。言いよるわ。それでこそ我が弟だ・・。だが俺は朽ちぬ・折れぬ・滅びぬ!!」


「???」

なかなか大変なお兄さんですね(笑)

次回からもよろしくお願いします!!

 

私が選ぶ飲むべき一本です
【ネイピア レッドメンダリオン】
ボルドーブレンドで造られるこの赤ワインは、非常に心地よい旨味と複雑味があり、スルスル飲めてしまうような上質ワインです。

よかったらお試し下さい。

 

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください