第68回 ヴェネト州のワイン特徴・有名ワイン

産地別ワインの特徴


サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

イタリアの先生その3(改)
【好きな言葉】昨日から学び、今日を懸命に生き、明日に希望を持て。

「みんな、あきらめるなよ。いい事もあるもんさ、共に学ぼうな。」

おぉ。前回のめんどくさいを連呼していた先生と同一人物(同一ゴリラ)とは思えませんね(笑)


「そうだな、俺はロワールの友に救われたよ」

そうでしたね。

☚ロワールの先生は偉大です。

 

さて、今回はヴェネト州です。

実はこの州がイタリアのワイン生産量1位の州なんですね。

フランスのラングドック・ルーション地方のような立ち位置で、ソアーヴェ、ヴァルポリチェッラ、プロセッコなどカジュアルで親しみやすいワインも多く生産している産地です。

1、ヴェネト州の基本データ

場所です。

【ワイン生産量】
・約830万ヘクトリットル
※イタリアNO1でトスカーナの3倍程度

【ブドウ栽培面積】
・約8万ヘクタール
※ピエモンテ州の倍近く

【主要品種白ブドウ
ガルガーネガ
《ヴェネト州を代表する白ブドウで、主張しすぎない上品な風味があります。

グレーラ
以前は《プロセッコと呼ばれていました。白桃や花の華やかな香りがあり少しの苦味を持っています。

【主要品種黒ブドウ
コルヴィーナ
ヴェネト州を代表する黒ブドウ》です。色は濃く程よいタンニンを持ています。

ロンディネッラ
ブレンド用に使われることが多く、酸とボディをワインに与えます。

ラボーゾ
荒々しさが魅力的で、色は濃く酸も強く非常に強いタンニンを持ちます。

「そのタンニンの強さは攻撃的とも表現せれるほどだ。」

2、ヴェネト州の ワインの特徴

ヴェネト州はイタリアを代表する大産地で州別ワイン生産量1位になる事が多いです。

・シンプルな《デイリーワイン》から《高品質なワイン》まで幅広く生産されています。

3、ヴェネト州 主要DOCGとDOCとその特徴

【主要DOCG

「有名な2つだけ紹介するが、試験あるなら他も調べておくんだ。」

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ
パッシート
・使用品種 コルヴィーナヴェロネーゼ主体
・収穫したブドウを陰干ししてエキスを濃縮させてから造られるワインで、リッチでボリューム感のある味わいです。

このアマローネの中でも、古くから名高い《ヴァルパンテーナ》という地区のブドウから造られるワインは特に偉大で、地理的表示も許されているんだ。

バルドリーノ・スペリオーレ
赤のみ
・使用品種 コルヴィーナヴェロネーゼ主体
・上記のアマローネと同じブドウを使うにもかかわらず、全く異なる個性を持っています。エレガントで美しい果実味があり、後味にほのかな苦味を感じます

 

【主要DOC

ソアーヴェ

・使用品種 ガルガーネガ主体
ヴェネト州を代表する白ワインで日本でもよく見かけます。
甘味と酸味のバランスが良く、フレッシュな爽やかさがあり余韻にアーモンドを感じさせる特徴があります。

「このDOCの格上は主要DOCGでは紹介していないが《DOCGソアーヴェ・スペリオーレ》で、このソアーヴェよりも深い味わいなんだ。」

プロセッコ
微泡
・使用品種 グレーラ主体
華やかでドライな口当たりのスパークリングワインが有名で、コスパに優れた品質です。

ヴァルポリチェッラ
赤のみ
・使用品種 コルヴィーナ主体
ヴェネト州を代表するカジュアルな赤ワインです。比較的フレッシュ感を残した味わいで苦味も感じられます。

※【レチョート】について。
レチョ-トとは陰干しして糖度を高めたブドウを使ったワインを意味しており甘味を持ったワインになります。
上記のDOCG以外にもいくつかDOCGはありますが、レチョ-トと付くものは甘口と知っておきましょう。

「例えばレチョ-ト・ディ・ソアーヴェだ。

 

■まとめ■

・ヴェネト州はイタリアで【生産量ナンバー1】の州で、《カジュアル》ソアーヴェプロセッコヴァルポリチェッラや、《上質》アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラなど様々なワインを多く生みだしている。

 

以上です。

いかがでしたか?
ガルガーネガを使ったワインで、とってもジューシーなワインもありなかなか高品質でしたから紹介しておきますね。
ピエーヴェヴェッキアはコチラ
よかったら、試してみて下さい。

ラボーゾ・・攻撃的タンニン・・・気になりますね。
攻撃されてみたい(笑)


「みんな、めんどくさがらず努力を継続することが大切なんだ。ワインの勉強に限らず努力しても成功するかどうかはわからない。だが、成功する人は間違いなく努力している。腐らず努力を続けような。」

おぉ。前回まであんなにめんどくせ~言っていた方とは思えません!!

ワインを学ぶ事自体に喜びを感じられるようになれば、それは本当の勝利ですね。
旅は目的地に到着する事よりその過程を味わうためのものですもんね。

私自身もそうですが、そんな素敵な人になれるよう頑張りましょう!!


「え!既になってますか!?」

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました