第32回★知って役立つワインの豆知識・雑学その1★




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■ワインの雑学 その1■

あなたはワインに関わる中で、ちょっとした疑問が出てくることはありませんか?

「疑問?そんな感情は捨てたよ・・・。私は知り過ぎてしまったのだよ。」ですか?

なかなかそうはいきませんよね(笑)

ワインってなん種類あるの?

賞味期限無いの?

とか、そういったちょっとしたことです。

それを知って味がよくなったり、ワイン選びがスムーズになることはありませんが、知っておくとちょっとした話のネタなるくらいのものを集めてみました。

あなたのワイン小ネタ用にストックしてみてはいかがでしょうか。

《今回紹介するワインの雑学》

瓶底が上底なのはなぜ?

「フィネスがある」って何?

ワイン用ブドウ品種は何種類ある?

ワインはいつから飲まれている?

古代のワインの味は?

ワイン1本にブドウはどれくらい必要?

ワインは何語?

どうですか?
わかりますか?

「・・・。」

失礼しました!!

今日は優秀な方が多いようです(笑)

では参りましょう!!

■瓶底が上底なのはなぜ?■

澱(おり)がくぼみの溝に沈み、溝から外に出にくい仕組みになっているからです。

■「フィネスがある」って何?■

高品質のワインを褒める時の最上級の褒め言葉です。

意味合いとしては、優雅な・上品な・洗練されたというようなニュアンスが含まれます。

だだし、詳しくない方との席で「フィネスがありますね」などと言うと、何を言っているのだろう?と思われるかもしれませんから、違う言葉を選びましょう(笑)

■ワイン用ブドウは何種類ある?■

約5000種存在します!!

その中でも主要品種が200種程度あります。

すごい量でした!!主要品種だけでも200言える人はほとんどいないでしょうね。

この方は言えるようです(笑)

30種言えたら立派です。

■ワインはいつから飲まれている?■

紀元前4000年頃と言われています。

 

一説では木の洞の中に動物が果物を保存し、それが自然に発酵したものを飲んだ動物が酔っ払って出てきたのを人間が発見し真似したのが始まりらしいです。

■古代のワインの味は■

飲めたものではないレベルと推測されています。

果汁が発酵しただけのもので、えぐ味・酸味が強すぎたと考えられていて、当時は海水や水で割って飲んでいたそうです。

■ワイン1本にブドウはどれくらい必要?■

フルボトル750mlの場合、ブドウ1㎏が必要です。

■ワインは何語?■

英語です。
Wineですね。
フランス語でVin(ヴァン)
イタリア・スペイン語でVino(ヴィノ)
ポルトガル語でVinho(ヴィーニョ)
ドイツ語でWein(ヴァイン)

と言います。

 

以上です。

ちょっとびっくりしたのは品種の多さですね。主要の200種知るだけでもすごいですね。

そうそう。びっくりですよね。

でも、1日10種も知れば20日で全部ですか!?

なんとかなりそうですね!とはいうものの、ソムリエでも200言える人たぶんほとんどいませんから、知ったならかなりの強者です!!

品種についてはココで学べます。
全200種【ワイン用ブドウ品種一覧】

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください