ドメーヌ ド ヴィルマジュー コルビエール ブラン

おすすめ【白】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ラングドック ルーションらしいボリューム感のある白ワインはどれ?

そう聞かれたら、このワインを候補の一つに必ず挙げます。

コルビエール ブートナック(赤)は、この地方で最もおすすめできる銘柄という事で前に紹介しましたが、今回はその白ワインバージョン。赤の評判はもちろん、この白ワインへの口コミ(vinica)からは、この地方らしい味わいと品質の高さが伝わるもので、紹介すべきだと感じました。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》 ドメーヌ ド ヴィルマジュー コルビエール ブラン

《価格》

2300円前後

《ブドウ品種》
ブールブーラン
マルサンヌ
ルーサンヌ
マカベオ

《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ラングドック ルーション地方>コルビエール
《生産者》  ジェラール ベルトラン

プロフィール
ジェラール ベルトランは、ラグビーのフランス代表だったジェラール ベルトラン氏が、父ジョルジュの畑を引き継ぎ「ジェラール ベルトラン社」を1986年に設立したのが始まり。2020年現在14のドメーヌを所有する大規模生産者です。
自然派ワインのリーダー的存在でもあり、品質の高さでも定評のあるジェラール ベルトランは、数々のコンクールやワイン誌から高評価を獲得。
また、エールフランスをはじめとする世界中のエアラインや、有名レストランで採用される実績があり、名実ともにラングドック ルーション地方を代表する生産者になりました。

《味わいの特徴》

充実した果実味
バランス感覚を持つ
コスパワイン

このワインの特徴は、凝縮感のある果実味と柔らかな樽の風味など複雑な風味が加わったリッチさにあり、アルコール度の高さは飲み応えある味わいを一層高めます。また、適度な酸味がある事で全体のバランスが整えられており、そのような充実感とバランス感覚を持ったワインが、手頃な価格である事も嬉しい特徴と言えます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

南仏の気候条件
南フランスは温暖な気候と豊富な日照量がある産地で、その影響でブドウはよく熟し、豊潤な果実味を持ったワインが誕生します。
また、ワインの発酵はブドウの糖分がアルコールに変化するもので、糖度の高いブドウから生まれるこのワインは、アルコール度数の高い飲み応えのある白ワインになります。

ヴィエイユ ヴィーニュ
このワインに使用されるブドウの樹の
平均樹齢は50年以上の古木(ヴィエイユ ヴィーニュ)。
古木は若木に比べて土地の成分を吸い上げる能力が高く、その結果成分の充実した上質な果実を実らせます。

ビオディナミ農法
自然派ワインの生産者で知られており、2020年現在ではビオディナミ農法への転換を進行中。
農薬や化学肥料を使用しないことはもちろん、天体の動きに合わせて農作業を行う事で、天然酵母などの微生物の働きも加わった健全で成分豊かな土壌が育まれます。その豊かな成分を吸収したブドウは、ピュアで充実した味わいを生む要因になるというわけです。

 

【外観】
グリーンがかった輝くレモン色

【香り】
ラフランス、黄桃、杏子などのフルーティーさに、グレープフルーツなど柑橘系の爽やかさ。白い花の華やかさや樽の風味も複雑性を高め、それらの香りが一体となって広がりを見せます。

【味わい】
ほんのり甘味のある果実味は凝縮感があり旨味も豊富。樽から来るナッツ類やバニラの風味は優しくリッチな味わいを引き立てます。
適度な酸味が上品に味わいをまとめると、果実や樽の風味を残した余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃14℃
よく冷やせば酸が際立ち引き締まった印象になるので、軽快な飲み口が楽しめます。
温度を上げるほど酸は穏やかになり、様々な風味が広がる事でリッチなテイストが際立ってきます。
冷やし気味から徐々に温度を上げていく飲み方も良いでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から2年~6年
※一般的傾向と口コミから、これくらいではないかと考えました。
数年の熟成に耐え、円熟した果実味が増すでしょう。

《適正グラス》

【ふくらみのあるシャルドネグラス】
芳醇な香りが取りやすい形状ですし、空気に触れる面積も広いため温度も上がりやすく、変化する味わいも楽しめます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


クリーム系パスタ

など、ボリューム感のある味わいを持ったこのワインには、オイル、バター、チーズ、生クリームなどを使用したコクのある料理との相性が良いでしょう。逆に言えば、刺身や繊細な出汁の味わいを楽しむような料理には、ワインが主張しすぎるので合わせにくいとも言えます。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

若干貴腐ワインの要素を感じるリッチな味わい。角がない味わいは食事にも合わせやすいですが、さすがに刺身に合わせるのはダメ!!

良い口コミ

優しく厚みのあるマルサンヌが好きだから飲んでみた。ふくよかなな果実味はコクがあり、樽の風味も加わった味わいはリッチ。適度な酸味はバランスが良くて、期待通りのワインでした。


舌にジワっと広がるアルコールの熱を感じる重厚さがあり、果実味たっぷりです。バターを使ったコクのある料理と合わせるとリッチさが際立ち最高にうんまい!♪


ただ果実感溢れるだけじゃなく、適度な酸と後口にある少しの苦味が、いい意味で引き締めバランスを整える。黄桃やラフランスに、ナッツ系の芳ばしさなども加わった香りも魅力的。

 
柑橘類にオレンジピール、花や樽の香りも複雑性を高めていて、しかも清潔感のある香りが好印象。味わいは非常に南仏らしい果実味の凝縮感があり、柔らかな口当たりと心地よい樽香が漂いますね。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!     0%
美味しい     27%
普通       73%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

感動的コメントをする方はゼロで↑の数値だけ見ると平凡なワインにも思えますが、品質自体を否定するコメントもなく、南フランスらしい厚みのある味わいに好感を持つ方が非常に多いワインでした。

シャブリやロワールなどのような、スッキリ軽快な品質を求める方にはおすすめできませんが、温暖な産地らしい厚みのある果実感と、高めのアルコール度数ボディのある味わいを求める方におすすめしたい銘柄です。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

ドメーヌ ド ヴィルマジュー コルビエール ブラン

価格
2300円前後


凝縮感のある果実味と柔らかな樽の風味など複雑な風味が加わったリッチな味わい。
アルコール度の高さは飲み応えある味わいを一層高め、適度な酸味は全体のバランスが整える。


飲み頃
ブドウ収穫年から2年~6年
※一般的傾向と口コミから、これくらいではないかと考えます。
数年の熟成に耐え、円熟した果実味が増すでしょう。

口コミ
驚くような感動もないが、品質自体を否定するコメントもなく、南フランスらしい厚みのある味わいに好感を持つ方が非常に多いワイン。

以上です。

ラングドック ルーションらしいリッチな味わいのイメージは広がりましたでしょうか。
知識を持ってワインを味わうと、味覚だけではなく脳でも楽しめるのがワインのおもしろいところ。
この記事が参考になり、お役に立てれば嬉しく思います。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました