ドメーヌ デ クロ ゴドー シノン ルージュ

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

私はこのブログで、各産地ごとに多くの一般消費者の方に選ばれ、そして評判の良いワインを紹介していますが、今回のワインは少し違います

というのも、そんなに多く選ばれてもいなければ、それほど喜ばれているとも感じなかったからです。

じゃ。なんで紹介するの?

ですが、それは非常にカベルネ・フランらしさが表現されているワインだと感じたからで、特有のピーマン香のような青っぽいニュアンスを知るには、この上ないのでは?と、感じたからなんですね。

というわけで、品質はぼちぼちなのかもしれませんが、カベルネ・フランってどんな味?に応えられるワインに興味がある方はこの記事を読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》 ドメーヌ デ クロ ゴドー シノン ルージュ

《価格》

【およそ1500~2300円

《ブドウ品種》カベルネ・フラン
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ロワール地方>トゥ―レーヌ地区>シノン
《生産者》  ドメーヌ デ クロ ゴドー

プロフィール
 ドメーヌ デ クロ ゴドーはシノンの中心に位置するドメーヌで、シノンを代表する生産者のひとつです。

《味わいの特徴》

これぞカベルネ・フラン
青っぽいニュアンスを持った
エレガントな味わい

このワインの特徴は、カベルネ・フラン特有のピーマンを思わせるような青っぽいニュアンスが感じられるところで、力強さはありませんが、適度な果実味に穏やかな酸やタンニンからはエレガントさも感じられます。

【外観】
濃いめの赤紫色

【香り】
ブルーベリーやチェリーの甘酸っぱい果実香に、ピーマンやハーブを思わせる青いニュアンスの香もハッキリと感じられます。

【味わい】
ほんのり甘味のあるフレッシュな果実味は中程度の強さで、酸やタンニンはやや穏やかでやさしい飲み口を表現。チェリーやベリー系果実のフレッシュな果実に、ピーマンやハーブの風味を残したエレガントな余韻があります。

《飲む時の適正温度》

8℃14℃
冷えた状態で飲めば酸味やフレッシュ感が際立ち軽快な飲み口になりますし、少し温度を上げれば酸は穏やかに感じられ、甘味や風味の広がりある味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
ブドウ収穫年から約1年~5年
※一般的傾向です

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりのグラス】
【バルーン型ブルゴーニュグラス】

比較的軽快なワインですから、ちょっと冷やし気味にして、小ぶりのグラスで軽快な飲み口を楽しんでも良いでしょう。
また、香りが取りやすく、甘味を感じやすい形状に設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選んでも優雅な雰囲気が楽しめます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


バーニャカウダ


餃子

青っぽいニュアンスを持つこのワインは、生野菜を使った料理や、適度なコクを持った鶏肉や豚肉を使った料理との相性も良いです。
またニラと豚肉そして酢の酸味が加わった餃子との相性も良い・・・と、次に紹介する口コミでも何人かおっしゃっていました。(笑)そして、私もそう思います。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

2年熟成の2015はタンニンと酸味は適度で若々しい味わい。それにしてもピーマンの香りが強すぎる気もするけど?


ピーマンやパセリの青っぽいニュアンスが印象的だけど、あまり好きくない。。

良い口コミ


合うわ・・やっぱり合うわ♪餃子にカベフラが合うのではないか妄想をしてきた私は天才(笑)そうですニラの青さとカベフラの青臭さがマッチするんですよ~~~!!


これはお手本のようなカベルネ・フランですね。1年熟成の2015は正しくピーマン香。味わいはさておき、特徴を知るにはかなりおすすめできる。


まとめ買いしちゃおう!!2年熟成の2013は個性がハッキリと感じられて、コクもあり、とってもエレガント🎵ずっと飲んでられる心地よさがあるし、フードフレンドリーな感じもしますね。


果実の香りに少しの苦味が心地よいアクセントになっている。とても飲み心地の良いワインだね。

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!      0%
美味しい     27%
普通       70%

良くない       3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

良くも悪くもカベルネ・フランらしいワインで、ピーマンのような青いニュアンスをネガティブに捉える方とポジティブに捉える方がいるワインです。

大きな感動を覚えるようなワインではなく、濃くて味わい深い品質を求める方には決しておすすめできませんが、ロワールのカベルネ・フランらしさを知るという意味ではとても参考になり、おすすめできますし、スッキリ軽快な赤を求める場合にも悪くない印象です。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

ドメーヌ デ クロ ゴドー シノン ルージュ

価格
およそ1500~2300円


これぞカベルネ・フラン、青っぽいニュアンスを持ったエレガントな味わい。

飲み頃
ブドウ収穫年から約1年~5年

口コミ
良くも悪くもカベルネ・フランらしいワインで、ピーマンのような青いニュアンスをネガティブに捉える方とポジティブに捉える方がいる。

いかがでしたでしょうか。

非常に情報の少ないワインでしたが、カベルネ・フランらしいワインである事は口コミ内容から強く伝わってくるワインでした。

このような選択肢を持っておくことでもワインの楽しみ方は増えると思いますから、何かの参考になれば幸いです。
あなたにとって善きワインとの出会いが多くなることをお祈りしております。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました