ジャン フルニエ マルサネ ロゼ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「ワンランク上のロゼはありませんか。」

そう聞かれた時、私なら選択肢の一つに入れるロゼの紹介です。

モダンなエチケットで若き新鋭ワインのようにも見えますが、マルサネでは最も歴史ある生産者の一人で、伝統をベースにしながら新しい技術革新にも積極的に取り組んでおり、良質のワインを生み続けています。

今回紹介するロゼは、実際飲んだ方は少ないようですが、少ないながら飲まれた方の評価は高く、ワンランク上のロゼをお探しの方は選択肢の一つに入れておくべきでは?と感じたので紹介する事にしました。

それではそんなジャン フルニエ マルサネ ロゼの
・価格
・味わい
・飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ジャン フルニエ
マルサネ ロゼ

3388円税込

《価格》

【およそ33004000円】

《ブドウ品種》
ピノノワール主体

シャルドネ少し

《ボディ》ライト~ミディアムボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス>ブルゴーニュ>マルサネ
《生産者》ドメーヌ・ジャン・フルニエ

《特徴》
華やかでエレガント
バランスの良いドライな飲み口

ジャン・フルニエ マルサネ・ロゼの特徴は、イチゴやチェリーなどのピュアで甘酸っぱい華やかな香り。

それでいて味わいはドライな印象で、ほどよいコクと旨味はブドウの品質の高さを感じさせる大人っぽさを感じさせる品質にあります。

その理由には、農薬を使用しないビオロジック農法を実践していることで上質でピュアな果実の風味をワインに反映させている事。
ピノノワール主体ですが、シャルドネを10%程度ブレンドすることで、エレガントでドライな印象を感じさせる白ワイン寄りの造りになっている事が挙げられるでしょう。

【外観】
オレンジがかったピンクゴールド

【香り】
イチゴやチェリーなどの赤系果実のフレッシュな香りに、白桃のようなフルーティな果実香も感じられ、バラの華やかさにほのかなスパイシーさも加わります。

 

【味わい】
フレッシュな果実味は心地よくドライな印象ですが、コクと旨味も感じらられほどよい厚みも感じられます。
ほのかなタンニンとほろ苦さがアクセントとなり、キレの良い酸味が味わいを引き締め心地よい上品な風味を残した余韻が続きます。
熟成が進むほど、生き生きとしたフレッシュな風味は落ち着きを見せ、円熟味のある旨味を持った品質になっていきます。

《飲む時の適正温度》

6℃12℃
よく冷やせば酸味が際立ちキレのある軽快な飲み口になりますし、少し温度を上げれば酸は穏やかに感じられ、果実味や複雑さが感じ取りやすくなる事でふくらみある味わいを楽しめます。
最初はよく冷やして、徐々に温度を上げてゆくことで変化する味わいを楽しむのもおすすめです。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ2年~10年】
若いうちの生き生きとしたフレッシュな味わいを楽しんでもいいですし、熟成させて円熟味ある味わいを楽しんでもいいでしょう。
※参考となる指標がありませんでしたので、10年というのは一般的傾向から考えた私の個人的見解です。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【小ぶりorふくらみのあるグラス】
温度が上がりにくいように設計された小ぶりのグラスで飲めば、軽快で上品な味わいが楽しめます。
少し温度を上げることで広がる風味を楽しみたい時は、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


生ハム


真鯛のカルパッチョ

など、比較的淡白な料理から中間程度の強さのコクを持つ料理と合わせることで、弱すぎず強すぎない心地よいマリアージュを楽しめます。
ロゼの綺麗な色は、場面を華やかに彩ってくれるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

華やかさを演出したい時
ロゼワインの美しい外観は、とっても綺麗でそれだけでも場面は華やかになります。
ちょっとした集まりなどで、おしゃれなワイングラスにこのロゼを注げばそれだけでも気分は盛り上がりそうです。

また、太陽の下で飲むワインはロゼが一番似合い、バカンス気分も味わえるのではないでしょうか。

ワンランク上の辛口ロゼワインを飲みたい時
カジュアルなロゼワインはチャーミングな果実のほのかな甘みを感じる事も多いのですが、このワインはチャーミングさもありますが上品でドライな印象で、ちょっと大人の女性のようなエレガントさも持ったワインです。

ワイン経験もある程度あり、味わいの違いを理解できる方に飲んでいただきたいワンランク上のロゼと言えるでしょう。

プレゼントに
ロゼワインはその見た目だけでも華やかさがあり、花束のような特別感があると思います。
特に女性に贈ると喜んでもらえそうです。
このようなワインをさりげなく贈るなんてとっても素敵ですね。

 


《こんな場合には不適切!?》

甘味のあるロゼが好きな方
チャーミングで甘味も豊かなロゼが好きな方には向きません。
甘味は控えめの上質辛口白ワイン寄りの味わいですから、そのような甘味のあるロゼワインを求めるのであればロゼ・ダンジュなどが良いでしょう。

強い味わいの料理に合わせたい時
ピノノワール主体のエレガントな品質ですから、和牛を使った料理や濃いソースを使った料理にはちょっと味わいが負けて薄く感じてしまいそうです。
肉でも豚肉や鶏肉をシンプルに味付けしたような料理にはよく合うでしょう。

 

《飲んだ人の口コミ》
2014年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ


「ピノ85のシャルドネ15でセニエ無し。辛口白ワインのテイストが主体だが、ピノらしいイチゴの香りに上品な酸味とタンニン。開栓直後はバラツキのある印象だったが、時間経過で調和の取れた味わいになり良くなったよ。」


「3年目の2012は甘い香りがしましたが、味わいはエレガントでドライなところが良かったですね。」


「ピンクゴールドの綺麗な色調。クローブのようなスパイシーな香りで、ドライな味わいで鼻から抜ける風味が心地よくて好みです。」

 

悪い口コミ


「納豆臭?ブショネ?」

 

という皆様の声でした。

このワインはあまり口コミがありませんでしたが、集計してみると

感動的!!     0%
美味しい     40%
普通       60%
良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

そもそも口コミの量が20程度でしたから信頼性はやや薄いかもしれませんが、ジャン・フルニエは白も赤も生産しており、そちらも好感度の高い口コミが主体という事で、ジャン・フルニエ自体が優良生産者である事が伝わってきました。

このロゼにしても、一人だけブショネ?に出会った方以外は、感動的な味わいは無いにせよ、とても好感の持てるバランスの良い味わいを評価している印象で、価格に対する品質も普通以上のレベルである事が伝わってくる傾向でした。

 

以上です。

赤でもなく白でもなく泡でもなくロゼ

ロゼワインは場面を華やかにする非常に魅力的なワインだと思いますが、いまいち選ばれていないような気がします。

このようなロゼを知っておくことは、あなたのワインの選択肢を豊かに広げてくれるのではないか。

いや。そうに違いない。

そう思うのでした。

 

おめでとうございました。

 

はい・・

今日も予祝しました。

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【ジャン フルニエ マルサネ ロゼの最安値の価格帯

マルサネ ロゼ 2017
ドメーヌ ジャン フルニエ

3388円税込・送料別

【6本〜送料無料】
マルサネ ロゼ 2017
ジャン フルニエ 

3432円税込
まとめ買いでしたらこちらですね。

 

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください