パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴー

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ


世界の有名ワイン

 

女王の品格を持つボルドーワインと言えば。

そうです、5大シャトーの1つシャトー・マルゴーですね。

実はこのマルゴー、白も造っています。

生産量は赤の約5分の1。

そして、収穫されるブドウのわずか30%程度しか使用されません。

これは厳しい選果をしているからで、選び抜かれたブドウからは秀逸なワインが生まれます。

シャトー・マルゴー同様、女性的な気品溢れる品質は、ボルドーを代表する白ワインに相応しいと言えるでしょう。

今回はそんなパヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴーの
・価格
・味わい
・飲み頃と当たり年
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
パヴィヨン ブラン デュ
シャトー マルゴー

当たり年2009飲み頃
36800円税込・送料別

《価格》

【およそ3万5万円】
3万円台後半が多いです。
※ヴィンテージによって価格は変動します。

《ブドウ品種》ソーヴィニョンブラン
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ボルドー>メドック>マルゴー
《生産者》  シャトー・マルゴー

《特徴》
溢れる果実味と旨味
熟成で円熟味増し
女王の品格を感じさせる

パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴーの特徴は3つあると考えます。

1、ボリューム感溢れる味わい
非常に厳しく選果された熟度の高いソーヴィニョンブラン100%のワインです。
その味わいは、ソーヴィニョンブランのイメージを覆すほど凝縮感溢れる豊かなもので、アルコール度数も15%を超える場合もあるほどです。
(通常白ワインは12~13%程度です)

2、洗練された品質
そんなボリューム感溢れる品質ではありますが、非常に質の高いブドウを使う事で、味わいは非常に洗練されており、ボリューム感がある割に抵抗なく舌の上を流れるようなエレガントさがあります。
このように強く美しいスタイルを「女王の品格」と形容するのでしょう。

3、長期熟成で深まる円熟味
30年もの熟成に耐えるところもこのワインの大きな特徴と言えます。
熟成によってより滑らかな質感には磨きがかかり、円熟味が増し深く甘美な味わいは貫禄を感じます。

【外観】
若いうちは輝くレモンゴールド
熟成が進むほどゴールド琥珀色に変化していきます。

【香り】
グレープフルーツやラフランスに蜂蜜や白い花の香りがゴージャスに広がり、樽に由来するバニラやトーストのニュアンスも感じられます。

【味わい】
非常に凝縮感のある果実味で旨味たっぷりでまろやかな質感。バターやカスタードのような風味も加わり複雑で、ほどよい酸味は味わいをまとめた後、心地よい余韻が長く続きます。

熟成度合いによっても香り・味わいは変わるため、平均的な風味の指標にしてもらえると良いでしょう。

《飲む時の適正温度》

8℃14℃
少し冷やし気味にすれば、酸味のキレが出て軽快な飲み口になり、温度を上げるほど酸は穏やかになり、広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ3年~30年
良いヴィンテージのワインほど長期熟成にも向きます。

一般的にボルドーの辛口白ワイン当たり年は、
《1900年代》
71・85・89・90
《2000年代》
05・09・10・13・15
が特に良かったとされています。

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2005
39800円税込・送料別
熟成も進み円熟味が増している事でしょう。

逆に良くなかった年は
《1900年代》
69・73・80・81・87・91・99

です。
1969以降で上記以外のヴィンテージは平均~良い年です。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

ふくらみのある中型シャルドネグラス
香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたシャルドネグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


クリーム系パスタにトリュフを乗せて


舌平目のソテーをバタクリームソースで

など、上質な素材を使用しコクの深い味わいの料理と合わせる事で、奥深く複雑で官能的な風味の広がりを体感できる、至極のマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

ボルドーを代表する品格溢れる白ワインで知名度も高いです。
贈答用にしても、これだけの品格ある味わいのワインならば喜んでもらえるでしょう。
特にワインが好きな方でしたら、マルゴーの白をもらって嬉しくない方などいるのでしょうか?

いや。いない。

また格別の味わいを持つこのワインは、結婚記念日や誕生日、あるいは還暦祝いなど特別な人と特別な日に飲むワインにも良いですね。
きっとその奥深く秀逸な味わいも加わって一生の思い出となるでしょう。

 


《こんな場合には不適切!?》

とても洗練されており品格溢れるワインです。
軽率な飲み方はやめましょう。
なんでもない日にワインの味がよくわからない人達との席で、分厚いグラスでこのワインを飲んでしまったら・・・
それはもう無念です・・・。
そんな事をする人はこの記事を読む方にはいらっしゃらないでしょうが。

大切な場面で、上質でコクの深い料理と共に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

《飲んだ人の口コミ》
2017年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「ものすごい香り。まるで香水のよう。ハーブ・蜜・バニラがありソーヴィニョンブランらしからぬ強さがあります。味わいはどれが主張しすぎることもなく、バランスが素晴らしい。2009。」


「ソーヴィニョンブランなのに凄いボリューム感だ。裏切られたよ、いい意味でね。2015という若さで美しい酸も豊かで長い余韻だ。」


「1996の熟成感たっぷりのワインをいただきました。ソーヴィニョンブラン100%ですが、ハーブのニュアンスは無くセミヨンが使われてるのかと思うほど果実の風味豊かで、レモンやカラメルを感じました。熟成でこうなるんだな~と、とても味わい深い貴重な体験をさせていただきました。」

悪い口コミ


「せっかくなのに!!ワインに熱は禁物よ!!」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    23%
美味しい     67%
普通        7%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

非常に満足度の高い白ワインだという事がわかりました。

悪い口コミは状態の悪さですから、それ以外の方で印象の悪い口コミが見つかりませんでした。

若くても、長期熟成させても楽しめる傾向も読み取れ、さすがマルゴーということを確認する結果となりました。

 

以上です。

パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴーの凄さが伝わりましたでしょうか。

頑張って成果を上げた時、特別な記念日、このように洗練されたスケールの大きなワインはあなたを祝福してくれる事でしょう。

おめでとうございます。

また、予祝やっちゃいましたね(笑)

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

 

【パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴーの最安値の価格帯

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2011
34400円税込・送料込
1991を安く売っているところもありましたが、良くない年ですからあえてこちらを選ばせていただきました。

 

この記事がいいなと思った方は、
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけると、とても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、
ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください