ドメーヌ バロン ド ロートシルト プライベートリザーブ ボルドー ルージュ

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

ドメーヌ バロン ド ロートシルト。

メドック格付け第1級の5大シャトーの中でも筆頭と呼ばれ、最も高価なシャトー(ワイン)であるシャトー・ラフィットのオーナーです。

そんなラフィットの品格とエレガンス溢れる味わいを、気軽な価格で楽しめるようにというコンセプトで造られ、ラフィットの100分の1程度の価格で購入できるとっても親しみやすいワイン。

ラフィットを彷彿させる・・・

かどうかは飲んだ方に決めてもらうとして(笑)

そのエレガントなスタイルはあらゆる料理にも合わせやすい品質です。

果たしてその品質はラフィットの100分の1?それ以上?

今回はそんなドメーヌ バロン ド ロートシルト プライベートリザーブ ボルドー ルージュの
・価格
・味わい
・飲み頃
・口コミ
について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ドメーヌ バロン
ド ロートシルト
プライベートリザーブ

1430円税込・送料別
送料が高いのでまとめ買いがおすすめです。

《価格》

【およそ14001800円】

《ブドウ品種》
メルロー

カベルネソーヴィニョン

《ボディ》ライト~ミディアムボディ
《甘辛》 辛口
《産地》 フランス>ボルドー
《生産者》ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト

《特徴》
柔らかで主張しすぎない
エレガントなスタイル

ラフィットの特徴は、5大シャトーの中でも最も繊細でエレガントで品格溢れる味わいである事。

そんなラフィットの醸造チームが監修し手掛けるこのワインは、やはりエレガントなスタイルを表現しています。

豊かで心地よい華やかな香りと、程良い果実味で綺麗な酸味が味わいをまとめるスタイルは、樽香や果実の凝縮感を出し過ぎないというラフィットのこだわりが感じられます。

 

【外観】
深いルビーレッド

【香り】
イチゴやラズベリーなど赤系果実のフレッシュな香りに、ブルーベリーやプルーンなどのフルーティな香りも豊かに感じられ、樽に由来するスモーキーなニュアンスもほどよく感じられます。

【味わい】
果実味は強すぎず程良いもので柔らかさがあり、なめらかなタンニンも感じられます。
豊かな酸味は味わいを引き締め、果実や樽の程良い風味を残した余韻は強すぎずエレガントな印象です。

《飲む時の適正温度》

12℃16℃
冷やし気味にしても軽快な飲み口が楽しめますし、温度を上げるほど広がりある風味を楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《当たり年と飲み頃》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ2年~6年】
2年程度の若々しい風味を楽しむか、少し熟成させて落ち着きある風味を楽しむのも良いでしょう。
成分は比較的豊富ではありませんから長期熟成には向かず、熟成させすぎると風味は弱まりどこか枯れた印象の味わいになってしまうでしょう。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【チューリップ型ボルドーグラス】
【小ぶりのグラス】

香りが取りやすく温度が少しずつ上がるように設計されたボルドーグラスを選ぶことで、バランス良く味わいを感じ取れる事でしょう。
冷え気味の軽快な飲み口を楽しむ場合は、温度が上がりにくい小ぶりのグラスで楽しんでも良いですね。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


トマトのブルスケッタ


カマンベールチーズフライ

など、ほどよいコクを持った料理に合わせる事で、心地よい風味の広がるマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

ラフィットを飲んだ!!と、言いたい方(笑)

シャトー・ラフィットのオーナーが手掛けるワインですから、

「シャトーラフィットを〇✖▽★◆□◎☆を飲んだ!!」

と言えます。
〇✖▽★◆□◎☆の部分は小さくそして早く「手掛けるオーナーのワイン」と発音しましょう(笑)

さておき、エレガントなスタイルのワインですから、ニューワールド系のワインのような豊潤な果実味のあるワインや、樽香などが強いワインが好みでない方におすすめできるでしょう。

ブルゴーニュのカジュアルなピノノワールや、イタリアのキャンティなどのような軽快さがあるワインが好きな人に合う傾向だと思います。

このようなエレガントさのあるワインは、あらゆる料理に寄り添い心地よい風味を加えてくれるので、日常消費用のワインの候補にもいいですし、いくつかの赤ワインを飲む場合の前半部分でこのようなワインを選んでも、後半で飲む強いワインとの違いが際立ちどちらの特徴もハッキリと感じられ楽しめるのではないでしょうか。

 


《こんな場合には不適切!?》

重要な場面でこのワインを使う方はいないですね(笑)
接待や、贈答用のワインに選んでは「私も軽く見られたもんだ」と相手を怒らせる可能性も高いです。
また、特に上質な料理に合わせるのであれば、もっとスケールの大きな品格溢れる味わいを持った上級格付けワイン等を選びましょう。

とは言っても、小さなお子さんが、自分のお小遣いを使ってお父さんやお母さんなどにこのワインを選んでくれたとしたら、それは何よりも嬉しい記念品になるでしょうね。

同じワインでも、シチュエーションでこんなにも意味が変わるなんて不思議なもんですね。

その人なりの誠意が伝われば相手は嬉しいのでしょう。

(ラフィット)[2016] プライベート リザーヴ ボルドー ルージュ

《飲んだ人の口コミ》
2017年~19年に飲んだ人の口コミです。

良い口コミ

「ベリー系果実にスパイスやコーヒーも感じる香り。軽めで柔らかな果実味となめらかなタンニンがありキレイな酸がまとめる。突出した部分は無いが軽めのワインとしての完成度は高いと思います。」


「ちょっと軽くも感じますが美味しいワインだと思います。渋味と酸味のバランスも良くスイスイ飲めてしまいますね。」


「コスパの良いスッキリ系ボルドーってところでしょう。」

悪い口コミ

「軽くてフルーティな味わいでバランスの良いワインだと思いますが、個人的にはもう少し重いのがいい。1200円位だったら満足しますが。」


「ちょっと酸が立つかな。香りも弱め。時間経過で落ち着きが出て果実の風味も楽しめたが、あまり好みではない。」


「ラフィット系という事でエレガントで綺麗に仕上がった印象で、飲みやすいワインですが、物足りなさも感じてしまいました。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!     3%
美味しい     19%
普通       75%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

比較的軽めでバランスの良い飲み口で、そのような特徴をエレガントでバランス良いと評価する方もいれば、物足りないと評価する方もいるといった印象で、しっかり重めのワインが好みの方にはおすすめしにくく、スッキリ軽快でバランスの良いワインが好みの方にすすめるべきワインではないかと感じました。

 

以上です。

ドメーヌ バロン ド ロートシルト プライベートリザーブ ボルドー ルージュ。

名前長すぎです(笑)

ラフィットの100分の1なのかどうか。

ラフィットの片鱗が感じれれるかどうか。

それは・・・

まず・・

 

ラフィットを飲まないと何も言えません!!(笑)

おあとがよろしいようで。

 

あなたのワインのある生活が豊かになる事を願っております。

【ドメーヌ バロン ド ロートシルト プライベートリザーブ ボルドー ルージュの最安値

 ドメーヌ バロン ド ロートシルト(ラフィット)[2016]
プライベート リザーヴ ボルドー ルージュ

1430円税込・送料別
送料が高いのでまとめ買いがおすすめです。

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください