第27回★高額ワインランキング10~1位★




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

世界高額ワインランキング
10位~1位

さて、前回の20位~11位も素晴らしいワイン続出でしたね。

今回はそれを凌ぐ世界の頂点のワイン達を紹介します。

「私だっていつかは飲めるもん・・・」かな。

きっと願って行動し続ければ飲めますよね。

さっそく順位から!!

  • 10位 354530
    ラ・ターシュ DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)
  • 9位  374770
    リシュブール 《ドメーヌ・ルロワ》
  • 8位  425810
    シャンベルタン 《ドメーヌ・ルロワ》
  • 7位  534593
    ヴェレーナー・ゾンネウーア・・・(長い)
  • 6位  590370
    モンラッシェ 《DRC》
  • 5位  652190
    ミュジニー 《ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ》
  • 4位  755810
    モンラッシェ 《ドメーヌ・ルフレーブ》
  • 3位  820270
    ミュジニー 《ドメーヌ・ルロワ》
  • 2位  938960
    シャルツホーフベルガー・リースリング・・・(長い)
  • 1位 1649120
    ロマネ・コンティ 《DRC》

※このデータは世界最大級のワインサイトwine-searcherが発表したものです。

それでは一つずつ簡単に解説します。

◆10位◆

  • ワイン名 ラ・ターシュ
  • 生産者  DRC
  • 価格   354530

ブルゴーニュのヴォーヌロマネ村のグランクリュ(特級畑)で、DRCが単独所有(モノポール)しています。

ちなみにDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)は世界一有名で優秀な生産者と言えるでしょうね。

◆9位◆

  • ワイン名 リシュブール
  • 生産者  ドメーヌ・ルロワ
  • 価格   374770

ブルゴーニュのヴォーヌロマネ村のグランクリュです。

DRCもリシュブールを造りますがルロワの方が高額なのです!!

◆8位◆

  • ワイン名 シャンベルタン
  • 生産者  ドメーヌ・ルロワ
  • 価格   425810

ブルゴーニュのジュブレシャンベルタン村の9つあるグランクリュの中でも別格のシャンベルタンをルロワが手掛けるとなると高額になります。

◆7位◆

  • ワイン名
    ヴェーレナー・ゾンネンウーア・リースリング・トロッケンベーレンアウスレーゼ
  • 生産者 ヨハン・ヨゼフ・プリュム
  • 価格  534930

ドイツのモーゼル地区のパーカー5つ星生産者であるプリュムが、ドイツ屈指の畑で造る極上貴腐ワインです。

◆6位◆

  • ワイン名 モンラッシェ
  • 生産者  DRC
  • 価格   590370

ブルゴーニュのグランクリュで世界最高峰の白ワインです。DRCの中ではロマネコンティロマネコンティの次に高額です。

◆5位◆

  • ワイン名 ミュジニー
  • 生産者  ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ
  • 価格   652190円

ブルゴーニュのシャンボールミュジニー村のグランクリュです。

ジョルジュルーミエは有名かつ人気ドメーヌで、厳しい収量制限やビオ農法を採用しており、驚くほど少量生産となっています。

◆4位◆

  • ワイン名 モンラッシェ
  • 生産者  ドメーヌ・ルフレーブ
  • 価格   755810

DRCのモンラッシェより高額なのはルフレーブでした!!

つまり世界一の白ワイン生産者と言えますね。

◆3位◆

  • ワイン名 ミュジニー
  • 生産者  ドメーヌ・ルロワ
  • 価格   820270

ミュジニーはどれも高額ですが、数多く存在するミュジニーの生産者の中でもドメーヌ・ルロワがミュジニーの中で世界一でした。

◆2位◆

  • ワイン名 シャルツホーフベルガー・リースリング・トロッケンベーレンアウスレーゼ
  • 生産者  エゴンミュラー
  • 価格   938960

前回15位で登場したエゴンミュラーの格上にあたる、超極上貴腐ワインです。

一時は世界一の時もあったようです。

世界2位は貴腐ワインでした!!名前長い(笑)

◆1位◆

  • ワイン名 ロマネ・コンティ
  • 生産者  DRC
  • 価格  1649120

やっぱりそうです(笑) そしてぶっちぎりですね。

世界一のはやはり有名ですね。

DRCが造る年間6000本のワインは世界中のワインラバー達が欲しがるため、価格も高騰します。

ワインに関わる人であれば一度は口にしてみたい憧れのワインでしょう。

 

以上です。

やはりロマネコンティが1位でしたね。

そして2位は・・・名前長い貴腐ワイン(笑)

※このデータは世界最大級のワインサイトwine-searcherが発表したものです。私はアンリジャイエが入ってないかな?とも思ったのですがわかる方ぜひ教えてください(笑)

それにしてもこのクラスのワイン達の味わいはどんなものなのでしょうね。

これでもかというくらいの管理でブドウ栽培をし、得られた最高のブドウを最高の醸造技術で生み出すワインは一切の雑味がなく奥深く複雑で、言葉で表現するには足りないようなスケールを持っているのではないでしょうか。

いつかは飲みましょうね!!

「え!既に全部飲んでるんですか!?」

そんな方もいらっしゃるでしょうね(笑)

それぞれの状況の中でチャレンジを楽しまれることを願っています。

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

 

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください