第14回【ワインを味わう順番】 




サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

■ワインを味わう順番■

あなたはワインを飲む順番を意識したことありますか??

「もちろん考えてるよ」

「え?そんなのあるの?」

「順番だぁ?なんだそりゃあ?俺は飲みたい時に飲みたいやつを飲むのさぁ、あの雲のように自由になぁ」

などいろんな声が聞こえてきそうです。

いくつものワインを続けて飲む時に飲み順のセオリーを理解しておくと、よりすべてのワインの良さを感じながら、しっかりと味わうことができますから、ぜひ覚えて参考にして下さい!!

※あの雲のように自由に楽しみたい方は読まなでくださいね(笑)

ワインを味わう順
セオリー1

味わいの軽いものから重いものへ

味覚というのは淡いものから濃いものへの変化にはついていきやすいものです。

しかし、濃いものから淡いものの順で口にすると、淡い味がわかりにくくなってしまいます

フランス料理のコースなどもやはり淡い味から濃い味のものへと考えられています。

ですからワインも同様に、スッキリした味わいのシャンパーニュや白ワインから厚みのある白、バランスの良い赤、骨格あるしっかりとした赤というように進めていくとすべてのワインの本来の力を十分に感じながら味わえます

 

ワインを味わう順
セオリー2

並質から上質へ

上質なワインほど様々な成分が含まれ、複雑な香り・味わいのものが多いです。

よって上質ワインを飲んだ後に並質のワインを口にすると、物足りないと感じてしまうかもしれません。

しかし正しい順で飲めばどちらも良さを感じながら味わうことができます。

結論
軽→重
並→上

これだけの話でした!!(笑)

ただし、料理に合わせてワインを選ぶ時この順にならないことや、大勢で飲んだりすると順番もバラバラになってしまうことも多くあります。

そんな時は「いやいや、順番違うから!!」とか「こっちが先でこっちをその次飲んで・・・」みたいなことはやらないほうがいいですね。

かなり高確率でめんどくさい人だなと思われるでしょうね(笑)。

正しいワインの飲み順よりもその場の楽しい雰囲気のほうが何倍も大切ということですね。

繰り返し言ってますがワインは楽しむものですから。

そんな時は、一口の水を飲んでリセットすればよいのです。

こだわりすぎず臨機応変に変幻自在なあのシャルドネさんのように素敵なワインライフをお過ごしください。

ワインをおいしく飲むための知識は他にもあります。

・第9回     STEP1序章 
・第10回 STEP2ワインの飲み頃
・第11回 STEP3ワインの温度
・第12回 STEP4デキャンタージュの意味・目的 
・第13回 STEP5ワイングラスの選び方 
・第14回 STEP6ワインを味わう順 
・第15回 STEP7ワインと料理との相性
・第16回 STEP8ワインの保存方法

よかったら、確認してみて下さい。

 

 

そのワイン、買わせてください!納得の高額査定はこちらから!!
お酒買取専門店ファイブニーズ

この記事がいいなと思った方は
ソーシャルブックマークボタンをクリックしていただけるととても励みになります。
さらにシェアしていただけたら、ただただありがとうございます。
もっと頑張ります!!

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください