シャトー ヌフ デュ パプのおすすめワイン|評判の5銘柄を厳選し【ソムリエ】が解説します

実践編

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「シャトー ヌフ デュ パプって種類が多いけど、結局どれを選べば良いの?

この記事にたどり着く方は、多かれ少なかれそのような思いがあるのではないでしょうか。

膨大な種類が存在するワインの中から好みのワインを的確に選択するのは、プロでもない限り難かしいと言えるでしょう。(いや、プロでも難しいですね。)

しかしそのような悩みは、この記事を読むことで少しは和らぐと確信しています。

なぜなら、2014年に日本ソムリエ協会認定ソムリエの資格を取得した私が、インターネット上にある信憑性の高い口コミだけを調べ尽くし、特に満足度の高いワインのみをピックアップ。特徴・当たり年・飲み頃・口コミ内容などを詳しく解説しているからです。
自身が実際飲んで美味しいと感じるワインもさることながら、
多くの方が美味しいと認めるワインは外す確率も少ないと考えたのです。

※主な口コミは、国内最大のワインスクールであるアカデミー・デユ・ヴァン様が運営するvinicaによるもので、その信憑性の高い口コミを参考にさせていただいております。

 

それでは参りましょう。

 

シャトー ヌフ デュ パプおすすめワイン5選

星の数ほど存在するワインは、産地やブドウ品種に生産者、あるいは収穫年や熟成度合い、そして個人個人の受け止め方によっても味わいへの評価は変化し、一つとして同じものが無い事が難しさであり魅力でもあります。

ここで紹介するワインは、あくまで一般的に満足度が高いという事で、それら以外にも素晴らしいワインは無数に存在します。

個々の受け止め方でも評価は変わるわけですから、これがおすすめワインと決めてしまうのはナンセンスだと思いますし、ここで紹介するワイン以外を探究される事も素晴らしいと思います。

そのような事を踏まえて、この記事があなたの何かしらのヒントになり、ワイン選びのお役に立てれば嬉しく思います。

 

さて、私はシャトー ヌフ デュ パプを生み、日本で購入可能な主要生産者を25ピックアップし、その中で多くの日本の消費者の方々に実際飲まれ、そして口コミ評価の高いワインはどれかを客観的視点から調べてみました。

その結果、特に高評価を獲得していると感じたワインは以下の5銘柄
同じ産地ではありますが使用品種や製造へのこだわり、そして価格も様々で、それぞれが違った魅力で消費者を楽しませていました。

 

 

シャトー ヌフ デュ パプ
おすすめワイン5選

※価格順

1.E. ギガル (赤)

リッチで複雑
熟成でエレガントな品質に

《価格》
4500~7000円

《ブドウ品種》
グルナッシュ主体
ムール・ヴェ―ドル
シラー

シャトー・ヌフ・デユ・パプを探しているのでしたら、まずはギガルを選択肢にに入れるべきでしょう。

ローヌにおいてコスパ抜群の良質ワインを生む巨大生産者と言えばギガル。そんなギガルが生み出すシャトー・ヌフ・デユ・パプは、他の生産者に比べてかなり親しみやすい価格でありながら高いクオリティーを維持しており、実際日本の消費者の皆様にも高い満足感を与えています

味わいの特徴は、ラズベリーやブラックチェリーにプルーンなど熟度の高い果実に由来するリッチな果実味や、適度な酸に豊富なタンニン、樽の風味やスパイシーさも加わった複雑さにあり、熟成するほどにそれらの成分は溶け合い、力強さよりもエレガントでしなやかでな味わいに変化していきます。

口コミでは、5年程度の若いものから30年近い熟成ものまで幅広く高評価を獲得しており、驚くほどの味わいではないにせよ、価格も考慮すれば満足せざるを得ないと感じる方が多い事も印象的でした。

この後紹介するハイレベルな銘柄も素晴らしいですが、とりあえずシャトー・ヌフ・デユ・パプを知りたいのであれば、ギガルを選ぶべきだと思います。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

2.ドメーヌ・ド・フェラン(赤)

濃厚で味わい深い
コスパ・シャトー・ヌフ

《価格》
5000円前後

《ブドウ品種》
グルナッシュ主体
ムールヴェードル
ブールブラン
シラー
サンソー

濃いめのシャトー・ヌフ・デユ・パプを、比較的手軽に楽しみたい時はこのワインをおすすめします。

「濃厚で果実風味豊かなワインが好きだ」と、現オーナーのフィリップ・ブラヴェイ氏は語っていますし、そのような品質を目指しており、コスパの良さにおいてはギガルと並んで優れている事は、多くの日本の消費者の方々の口コミが証明しているようでした。

このワインの特徴は、凝縮された果実味を主体に複雑な風味や豊富なタンニンなどがある味わい深さがある事。
口コミは感動的評価は少なく、苦手と感じた方や、若すぎたというネガティブ表現をされる方も少数見受けられましたが、ボリューム感とエレガントさに複雑性を兼ね備えた味わいに高評価を与える方が最も多い傾向でした。

ギガルほどの存在感はありませんが、試してみるだけの価値は十分に持ち合わせたコスパ・シャトー・ヌフと言えるでしょう。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

3.ロテム エ ムニール サウマ オムニア(赤)

豊潤で複雑かつ繊細で上品
バランスの良いエレガントさは
ブルゴーニュを彷彿させる

《価格》
10000~14000円

《ブドウ品種》
グルナッシュ主体
シラー
ムールヴェードル

濃厚でパワフルというよりは、上品さやエレガントさを求める方にはこのワインをおすすめします。

ブルゴーニュ屈指のネゴシアンとして名高いルシアン・ル・モワンヌが手掛けるシャトー・ヌフ・デユ・パプです。
他の生産者とは一線を画すエレガンスを持った味わいはブルゴーニュを彷彿させるものであり、評論家やワイン誌はもちろん、日本の一般消費者の方々を楽しませています。

味わいの特徴は、華やかで複雑な芳香性に豊潤で厚みのある味わいにありますが、透明感や純粋さを感じさせる味わいは繊細なエレガントさも兼ね備えており、どこかブルゴーニュワインを思わせる複雑さや上品さが垣間見えます。

一味違った上級シャトーヌフを楽しむのであれば、候補に持っておきたい優れた銘柄です。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

4.シャトー・ド・ボーカステル(赤)

洗練された濃厚さと複雑性
バランス感覚に優れ
熟成でエレガンスと妖艶さが増す

《価格》
13000~30000円
《ブドウ品種》
グルナッシュ
ムールヴェ―ドル
シラー
など計13種

シャトー・ヌフ・デュ・パプを代表する生産者を1つだけ紹介するとすれば、ギガルやシャトー・ラヤスも見逃せませんが、私はこのボーカステルを挙げます。

パーカー5ツ星の最高評価
フランスのワイン評価誌「ル・メイユール・ヴァン・ド・フランス」で最高の3ツ星を獲得】
英国のLiv-exで最もお買い得度の高い銘柄を選ぶ「2014年バリューブランド部門」で第1位を獲得】
など輝かしい実績もさることながら、私がこのワインを選んだのは日本の一般消費者の皆様から高い口コミ評価を得ている客観的視点によるものです。

口コミでは、若くしてもまとまりある味わいがあり、長期熟成で現れる上級ブルゴーニュを連想させる味わいは多くの方々を魅了。それはシャトー・ヌフ・デュ・パプにおける筆頭生産者である事を確認できるものでした。

ちょっと価格は高めですが、それを満たすだけのポテンシャルは十分で、上質なシャトー・ヌフ・デュ・パプを選ぶのであれば、必ず候補に入れるべき優れた銘柄と言えます。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

5.シャトー・ラヤス (赤)

エレガンスを極めた
ローヌの頂点

《価格》12万~19万円

《ブドウ品種》グルナッシュ

シャトー・ヌフ・デユ・パプの頂点を求める場合は、価格も味わいも別格のこのワインをおすすめします。

ブルゴーニュの神様がアンリ・ジャイエなら、シャトー・ヌフ・デユ・パプの神様はジャック・レイノー。

この両者は惜しくも既にこの世を去っていますが、後継者と呼ばれる2人の名が、エマニュエル(ルジェとレイノー)である事は何かの巡り合わせなのかもしれませんね。

さておき、シャトー・ラヤスはそんな神とも呼ばれるジャック・レイノーの後継者、エマニュエル・レイノーが手掛けるシャトー・ヌフ・デユ・パプ。(正確には1997ヴィンテージまではジャック・レイノーが存命ですが。)

このワインの特徴は、他の生産者のシャトー・ヌフ・デユ・パプとは一線を画す複雑性や洗練された透明感、そして豊富なミネラルを持った味わいにあり、上級ブルゴーニュを思わせる至極のエレガンスが感じられます。
また、熟成によってその真価はさらに発揮され、ローヌの頂点と呼ぶに相応し魅惑的な品質に成長していきます。

口コミを拝見すると、まずはこのワインがシャトー・ヌフ・デュ・パプの頂点である事がすぐにわかったと同時に、ローヌ全域においても頂点と言ってしまって良いのでは?と思えるほどでした。

非常に経験豊かで優れた分析力を持った皆様がこのワインを選び、そして感動しており、ローヌにおいてジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュも素晴らしかったのですが、それを上回る印象で、ロマネ・コンティを生むDRCや、ボルドーの5大シャトーと肩を並べるレベルのワインである事がよくわかりました。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

シャトー ヌフ デュ パプのおすすめワインまとめ

いかがでしたでしょうか。

同じシャトー・ヌフ・デユ・パプでも、それぞれが違った魅力を持っており、価格帯も様々でした。

ここで紹介したワイン以外もたくさんありますが、今回紹介した5銘柄は消費者の満足度が高いので、一定の信頼のおける銘柄だと感じています。

この記事が参考になり、あなただけの好みのワインが見つかれば幸いです。

※尚、もっとたくさんの銘柄を知りたい方はおすすめワイン一覧でも確認できます。

では、今回紹介したワインのおさらいです。

1.E. ギガル
4500~7000
シャトー・ヌフ・デユ・パプを探しているのなら、まずはギガルを選択肢にに入れるべき
リッチで複雑、熟成でエレガントな品質に成長。


2.ドメーヌ・ド・フェラン
5000前後
濃いめのシャトー・ヌフ・デユ・パプを、比較的手軽に楽しみたい時はこのワインがおすすめ。
凝縮された果実味を主体に複雑な風味や豊富なタンニンなどがある味わい深さ。

3.ロテム エ ムニール サウマ オムニア
1~1.4万
濃厚でパワフルというよりは、上品さやエレガントさを求める方にはこのワイン。
他の生産者とは一線を画すエレガンスを持った味わいはブルゴーニュを彷彿させる


4.シャトー・ド・ボーカステル
1.3~3万
シャトー・ヌフ・デュ・パプを代表する生産者を1つだけ紹介するとすれば、私はこのボーカステルを挙る。
洗練された濃厚さと複雑性。バランス感覚に優れ、熟成でエレガンスと妖艶さが増す。


5.シャトー・ラヤス 
12~19万
シャトー・ヌフ・デユ・パプの頂点を求める場合は、価格も味わいも別格のこのワインがおすすめ。
別格の複雑性や洗練された透明感、そして豊富なミネラルを持った味わいは、上級ブルゴーニュを思わせる至極のエレガンスがある。

 

以上です。

それでは参考までにコート・デュ・ローヌ南部のヴィンテージ・チャートも載せておきます。

コート デュ ローヌの当たり年

ワインの味は畑で決まると言われるように、ブドウの出来栄えでワインの品質は変わってきます。

そんなブドウの出来を左右するのが、日照時間・日較差(昼夜の温度差)・降雨量など様々な気候条件。そのような条件の下、その年のブドウがどのような出来であったのかを示す指標がヴィンテージチャートとして存在するわけです。

長期熟成タイプのワインでは、良いヴィンテージほど成分は充実し飲み頃は遅く訪れ、そうでなければ早めに訪れると考えておくと参考になるかと思います。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年

0点 悪い年

1985年 3
1986年 2
1988年 4
1989年 5
1990年 5
1991年 2
1992年 2
1993年 3
1994年 3
1995年 4
1996年 3
1997年 3
1998年 5
1999年 3
2000年 5
2001年 5
2002年 1
2003年 4
2004年 4
2005年 5
2006年 4
2007年 5
2008年 3
2009年 4
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 3
2015年 4
2016年 5
2017年 4

 

以上です。
長文のを読んでいただきありがとうございました。
何かのお役に立てれば幸いです。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました