クレマン ド ロワールはこの3つから選べば大丈夫!!おすすめワインをソムリエが解説します

実践編

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「美味しいクレマン ド ロワールを探してるけど、どれを選べば良いの?

この記事にたどり着く方は、多かれ少なかれそのような思いがあるのではないでしょうか。

膨大な種類が存在するワインの中から好みのワインを的確に選択するのは、プロでもない限り難かしいと言えるでしょう。(いや、プロでも難しいですね。)

しかしそのような悩みは、この記事を読むことで少しは和らぐと確信しています。

なぜなら、2014年に日本ソムリエ協会認定ソムリエの資格を取得した私が、インターネット上にある信憑性の高い口コミだけを調べ尽くし、特に満足度の高いワインのみをピックアップ。特徴・当たり年・飲み頃・口コミ内容などを詳しく解説しているからです。
自身が実際飲んで美味しいと感じるワインもさることながら、
多くの方が美味しいと認めるワインは外す確率も少ないと考えたのです。

※主な口コミは、国内最大のワインスクールであるアカデミー・デユ・ヴァン様が運営するvinicaによるもので、その信憑性の高い口コミを参考にさせていただいております。

 

それでは参りましょう。

 

クレマン ド ロワールおすすめワイン3選

星の数ほど存在するワインは、産地やブドウ品種に生産者、あるいは収穫年や熟成度合い、そして個人個人の受け止め方によっても味わいへの評価は変化し、一つとして同じものが無い事が難しさであり魅力でもあります。

ここで紹介するワインは、あくまで一般的に満足度が高いという事で、それら以外にも素晴らしいワインは無数に存在します。

個々の受け止め方でも評価は変わるわけですから、これがおすすめワインと決めてしまうのはナンセンスだと思いますし、ここで紹介するワイン以外を探究される事も素晴らしいと思います。

そのような事を踏まえて、この記事があなたの何かしらのヒントになり、ワイン選びのお役に立てれば嬉しく思います。

 

さて、私はクレマン ド ロワールを生み、日本で購入可能な主要生産者を15銘柄ピックアップ。その中で口コミ評価の高いワインはどれかを客観的視点から調べてみました。

その結果特にたくさんの方に親しまれ高評価を獲得していると感じたワインは以下の3銘柄

どのクレマンも、手軽な価格と親しみやすい味わいで好評を集めており、日常少しだけ華やかな気分を味わいたい時などに最適だと感じました。

 

クレマン ド ロワールおすすめワイン3選

※価格順

1.モンムソー

フレッシュで軽快
適度な厚みを持った
バランスの良い味わい

《価格》
1500円前後

《ブドウ品種》
シュナン ブラン
シャルドネ
カベルネ フラン
ピノ ノワール

「とりあえずクレマンドロワールとはどんなものか試してみたい。」
そんな方は、まずはモンムソーを選びましょう。

なぜかと言うと、シャンパーニュで言うところのモエ・シャンドンのような銘柄で、数あるクレマンドロワールの中でも最も多くの方に飲まれてる代表銘柄だからです。

爽快な泡に生き生きとした果実味、キレの良い酸味が感じられるフレッシュで軽快な味わいで、手軽な価格にしては決して安っぽい単調な味わいでもなく、口コミからも満足度の高さは伝わるものでした。

まずはこの代表的クレマンを知る事で、基準となる味わいを知っても良いのではないでしょうか

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

2.シャトー ド ロレ

ナチュラルな果実味
親しみやすいコスパクレマン

《価格》2000円前後

《ブドウ品種》シュナン ブラン

モンムソーと比較すると、やや果実味が豊かで厚みのあるフルーティーさが魅力のクレマンです。

口コミからは、モンムソー同じく感動するような奥深さは感じられませんが、否定的な意見もほとんど見られず、価格とのバランスを考慮すれば十分に納得、あるいは満足できると感じた方が多かった印象。

フレッシュでフルーティーな味わいが魅力のシャトー ド ロレは、比較的カジュアルでほどよいコクのある料理との相性が良いですが、爽やかな泡と美しい酸は味わいをスッキリさせる効果もあるため、どのような料理にも無難に合わせられる適応力があります。
また、皮目をパリッと焼いた地鶏や天ぷらなどのように【パリッ】【サクッ】とした食感には【シュワッ】としたスパークリングワインは相性が良いですね。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

3.ラングロワ シャトー 

《価格》
2000円前後

《ブドウ品種》
シュナン ブラン
シャルドネ
カベルネ フラン

1流シャンパーニュ生産者の代表格と言えるボランジェが手掛けるクレマンです。

クレマン・ド・ロワールの中ではモンムソーが一番飲まれており、スッキリ系の味わいで楽しまれていましたが、このクレマンはシャトー・ド・ロレと並んでモンムソーに次ぐ口コミ量があり、評価は最も高い印象

爽快な泡とキレの良い酸を持った軽快さの中に、適度な厚みを持った果実味やコクを持ち合わせたバランスの良さがあり、流石ボランジェが手掛けるだけの事はある印象。クレマン・ド・ロワールを選ぶ時の候補に入れるべき優れたワインだと確認する結果となりました。

何気ない日に、ちょっとだけ贅沢な気分を味わいたい時、このようなクレマンは重宝しそうですね。

このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

おすすめワインのまとめ

いかがでしたでしょうか。

クレマン ド ブルゴーニュはそこまで種類が多くなく、存在感を放っている生産者も以上の3銘柄でしたから、比較的選びやすいとも言えますね。

これらのクレマンを基準にして、いろんなクレマンと比較してみるのも楽しいでしょう。

この記事が参考になり、あなただけの好みのワインが見つかれば幸いです。

 

それでは、今回紹介したワインのおさらいです。

1.モンムソー
1500前後
数あるクレマンドロワールの中でも最も多くの方に飲まれてる代表銘柄。
迷ったら、まずはこれから

2.シャトー ド ロレ
2000前後
スッキリ系のモンムソーと比較すると、やや果実味が豊かで厚みのあるフルーティーさが魅力。

3.ラングロワ シャトー
2000前後
1流シャンパーニュ生産者の代表格と言えるボランジェが手掛けるクレマン。
シャトー・ド・ロレと並んでモンムソーに次ぐ口コミ量があり、評価は最も高い印象

 

以上です。

今回紹介したクレマンはそれほど奥深いスパークリングワインではありませんが、知識を深める事で味わいも少しだけ深く感じる事でしょう。きっと。(笑)

この記事が何かのお役に立てば幸いです。

 

※尚、もっとたくさんの銘柄を知りたい方はおすすめワイン一覧でも確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました