ミシェル グロ ヴォーヌ ロマネ プルミエクリュ クロ デ レア

おすすめ【赤】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

今回はとてもレアなワイン!?の紹介です。

はぐれメタル級のレアさであなたのワインの経験値をグン↑とアップさせてくれるかも!?

クロ・デ・レアだけに・・・

《毒リス》

「おい鼻くそ。お前は本当におもしろくねぇなぁ」

あ。ジョージアのワインの回ではお世話になりました。

確かにおもしろくないですね。すみません。

そして、見た目に反して相変わらず口悪い・・。

 

さて、そんな事は置いておきまして、ヴォーヌ・ロマネの有力ワインの紹介です。

1830年設立。

5代目は伝説の醸造家として知られるジャン・グロ氏。彼の造るワインは、『これぞブルゴーニュ赤ワインの模範』と言われるほど有名で秀逸。

1996年。ジャン・グロ氏の引退に伴い、ドメーヌの畑はミシェル氏(長男)、ベルナール氏(次男)、そしてアンヌ・フランソワーズ女史ら3人の子供に分割・譲渡されることとなります。

今回紹介するミシェル氏は、父であるジャン・グロで働きつつ、1978年には「ドメーヌ・ミシェル・グロ」を創立。

ジャン・グロが引退するはるか以前から、実質的にジャン・グロのワインを造っていたのもミシェル氏であることは周知の事実でした。

つまり、ミシェル氏こそがグロ家の正統的な後継者であり、その名の恥じぬワインを造り続けているという事です。

そんなヴォーヌ・ロマネの名門と呼ばれるグロ家の長男ミシェル氏が手掛けるクロ・デ・レアは、ジャン・グロから継承されたモノポール(単独所有畑)であり、不動の人気を冠しミシェル・グロを代表するワインです。

ヴォーヌ・ロマネで多くの方に飲まれ、口コミ評価の高いワインはどれだろうと客観的視点から調べてみた結果、このワインは非常に多くの方に飲まれ、満足度の高い評価を得ている事がわかりましたので紹介すべきと感じたわけです。

《ワイン名》 ミシェル グロ ヴォーヌロマネ プルミエクリュ  クロ デ レア

《価格》

【およそ1300022000円

《ブドウ品種》ピノノワール
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>ヴォーヌ・ロマネ>クロ・デ・レア
《生産者》  ミシェル・グロ

《特徴》

豊潤でしなやか
洗練された優雅さは官能的

このワインの特徴は、充実感溢れる豊潤な果実味で、タンニンはほど良く非常になめらかな質感、雑味の無い美しい品質にあり、熟成はもちろん比較的若いうちから楽しめる傾向にあることです。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

優れた土壌を持つクロ・デ・レアである事。
泥灰土に石灰の塊が多く混ざり合った土壌で、水はけに大変優れていることから、しなやかなタンニンで、エレガントなアロマを放つワインを生み出します。

・ミシェル氏は、ワインにソフトさと果実味を表現しようとしており、青臭さや苦味の要因にもなり得るブドウの梗(果実の付いた枝のような部分)を全く使用しない事や、発酵温度をやや高めにし成分の抽出を促進させることで、雑味の無い豊かなワインを生んでいます。

比較的酸味は穏やかで充実感のある果実味を持つ品質は、若いうちから楽しめる傾向にあり、もちろん熟成する事で成分は溶け合い、円熟を感じさせる官能的なワインに成長していきます。

【外観】
鮮やかなルビーレッド。
熟成が進むほどレンガ色に近づいていきます。

【香り】
非常にボリューム感のあるアロマは、ラズベリーや野イチゴのような甘酸っぱい香りに、ブラックチェリーやブラックベリーのようなフルーティな香り、バラの華やかさやほのかな樽のニュアンスも感じられます。

熟成が進むほど果実香は熟した果実の甘やかさや、ドライフルーツの落ち着いたニュアンスに変化していき、紅茶や土に革製品といった熟成香も加わり円熟を感じさせる香りになっていきます。

【味わい】
充実感溢れる果実味が口の中に広がり、ほどよいタンニンはなめらかな質感で、綺麗な酸味は美しく味わをまとめ、豊かな風味を伴ったエレガントな余韻が長く続きます。

熟成するほど果実味は円熟味を増し、心地よい甘味を伴った優雅な旨味も感じられます。
酸やタンニンなどの成分は綺麗に溶け合うことでなめらかさは増し、調和の取れた妖艶さが現れ、優雅で官能的なな余韻へと導いてくれます。

《飲む時の適正温度》

14℃18℃
その豊かで奥深い香りと味わいを感じるには、このくらいの温度帯が最も広がりある風味を楽しめるでしょう。

少し冷やし気味にすれば酸味が際立ちエレガントな飲み口になりますし、温度を上げるほど酸は穏やかに感じられ、甘味や風味の広がりある優雅な味わいを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ5年~30年
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向きます。
難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなります。

一般的にブルゴーニュ赤のヴィンテージチャートは以下のようになっています。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年


1988年 5
1989年 4
1990年 5

1991年 3
1992年 2
1993年 4
1994年 2
1995年 4
1996年 5
1997年 3
1998年 3
1999年 4
2000年 3

2001年 3
2002年 4
2003年 3
2004年 2
2005年 5
2006年 3
2007年 2
2008年 3
2009年 5
2010年 5
2011年 3
2012年 4
2013年 3
2014年 4
2015年 5 

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【バルーン型ブルゴーニュグラス】
優雅な香りと、複雑で豊潤な味わいを持った秀逸なワインです。
香りが取りやすく、温度が少しずつ上がる事で甘味を感じやすいように設計された、ふくらみのあるバルーン型ブルゴーニュグラスを選ぶと良いでしょう。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


地鶏のグリルをベリーソースで


和牛の赤ワイン煮込み

など、上質な素材を使用し豊かなコクのある味わいの料理に合わせる事で、優雅でゴージャスな風味の広がる極上のマリアージュが楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

ヴォーヌ・ロマネを代表する生産者の1つと呼べるミシェル・グロのモノポールは、信頼が厚く充実感溢れる味わいを持っています。

そんな優雅な味わいは、コクの深い上質な料理に合わせる事でさらに華開き、飲み手を至福のひとときに誘ってくれる事でしょう。

接待や贈り物、あるいは特別な記念日など、特別な時間に優雅な華やかさをもたらすポテンシャルを持ったこのワインを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 


《こんな場合には不適切!?》

ワインはお酒であり楽しむ事が一番です。

不適切な場面は本当は無いのかもしれませんが、とても上質で豊潤かつ優雅なワインですから、あまりカジュアル過ぎる料理ではバランスが悪いですし、繊細な味わいの料理では、ワインの深い味わいが料理の味を感じにくくしてしまう事もありそうです。

しかし、そのような組み合わせが起きてしまっても。

《毒リス》

「おい。ミシェル・グロに真鯛の薄造りはねぇだろ?あぁ? それから、この冷凍もんのチキンナゲット・・。なめとんか!!」

などと暴言を吐いてはいけませんね。

場面の雰囲気を悪くすることが最も不適切なことではないでしょうか。

 

《飲んだ人の口コミ》 ※2018年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「なんだろう。ニューワールドを連想させる果実感というか甘やかさ。悪くはないんだけど、私はブルゴーニュピノにこのような甘味を期待してはいない。7年熟成の2012でした。」


「8年熟成の2010をいただいた。オレンジがかったルビーは少しの濁りも見られる。味わいは閉じ気味の印象でタンニンがやや目立つ。時間経過でほぐれてきて香りや複雑味が増して良くなってきて、翌日はさらに良くなった。つまり時間が必要なワインで、まだ眠らせておくべきワインであったか。」


「15年熟成の03はヴィンテージの影響かな?酸味が足りないので味わいが締まらないんだよね。果実味や深さのある味わいはいいのに少しもったいない印象。」

良い口コミ

「22年目の1996はまだまだ熟成可能なポテンシャルを感じるね。見事な成長を遂げた優雅な貴婦人といったところか。」


「3年目の2015という事で早すぎるかなと思いましたが、この年だからでしょうか、香りムンムンで酸は比較的おだやかでイチゴのような甘味。十分すぎるほどに楽しめる品質です!!」


「圧倒的とも言える華やかさはずっと嗅いでいたくなるほどで、時間と共に変化していく味わいがたまらなく楽しい。7年熟成の2012は頑張って稼いだら、また飲みたい格別なワインです。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    15%
美味しい     50%
普通       35%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

非常に成分の充実感が伝わってくる口コミが多く、濃いだけでなく洗練された味わいは、非常に満足度の高い優雅なワインである傾向を読み取れました。

若いうちはヴィンテージにもよりますが、すごく美味しいと評価する方と、悪くはないけどもう少し待つべきと評価する方の両方がいいらっしゃいました。

熟成した場合の口コミは少なかったですが、円熟味溢れる味わいに満足度は非常に高い傾向です。

総じて言うと、さすがは1流生産者のモノポールに相応しい充実感溢れるワインといった印象です。

 

以上です。

クロ・デ・レアのイメージは広がりましたでしょうか。

ヴォーヌ・ロマネを深く知るにはDRCやメオ・カミュゼにエマニュエル・ルジェはもちろん素晴らしですが、お値段も1流ですね。(苦笑)

そんな中、このワインは比較的手軽に楽しめる上級ヴォーヌ・ロマネと言えるのではないでしょうか。(実際かなり多くの方に選ばれています)

あなたにとって善きワインとの出会いが多くなることを願っています。

《毒リス》

「おい薄毛。他人のワインとの出会いを願う前に、お前の育毛の回復を願った方が良いんじゃねぇか?俺なんか全身毛まみれだぜぇ~。」

あ。人が気にしてることを・・

毛まみれは別にうらやましくないし・・

まあ、でも登場していただきありがとうございました。

 

【ミシェル グロ ヴォーヌ ロマネ プルミエクリュ クロ デ レアの最安値の価格帯】

※在庫も少ないようで、売り切れていたらごめんなさい。

ヴォーヌ ロマネ プルミエクリュ
クロ デ レア[2014]ミッシェル グロ 

13200円税込・送料別

ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ
クロ デ レア[2016] ミシェル グロ

15257円税込・送料別

クロ・デ・レアではありませんが
こちらの村名も人気です
ヴォーヌ・ロマネ 2015/
ドメーヌ ミシェル・グロ

9240円税込・送料無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました