クレマン ド リムー グランド キュヴェ1531 デ エメリー

実践編

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

クレマン ド リムーで2番目に口コミ満足度(vinica)が高いと感じた銘柄
ちなみに1位は僅差でドメーヌ ジ ローレンスです。
※あくまで客観的に口コミを拝見した個人的解釈です。

シャンパーニュのような気品や深みはなくとも、手軽な価格にしては適度な厚みと幅のある味わいで飲み手を納得させている傾向が強く、紹介しておきたいワインだと感じました。

この記事を最後まで読み進めていただき、知識と共に深まるワインの味わいを楽しんでいただければ幸いです。

《ワイン名》クレマン ド リムー グランド キュヴェ1531 デ エメリー 

《価格》

2000円前後

《ブドウ品種》
シャルドネ
シュナン ブラン
モーザック

《ボディ》  ライト~ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ラングドック ルーション地方>リムー
《生産者》  シュール ダルク

プロフィール
シュール ダルクは1946年に設立されたリムーで最大の生産者共同組合
年間生産量約1000万本の内およそ2/3がリムー産の発泡酒で、南仏を代表する大きなワイナリーのひとつです。
ここで紹介しているクレマン ド リムー グランド キュヴェ1531 デ エメリーは、ワイン誌『ワイナートNo.19』で❝立ち上る香りはまさにボランジェ級❞と記載されるなど、高く評価される銘柄です。
ちなみにワイン名にある「1531」は、リムーの修道士がワインの中の気泡を発見した年を表しています。

《味わいの特徴》

豊潤な香りと
軽やかな味わいを持つ
コスパクレマン

このワインの特徴は、複雑さのある豊潤な香りとバランスの良いサラリとした飲み口があるところで、適度な複雑性や奥深さはお値段以上の味わいがあります。また、時間経過で複雑性や深みが出てくる点も知っておきたい特徴です。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

環境に適した品種
シュール ダルクは、より土地の個性を反映させたワインを生むために、土壌や気候など様々な環境を考慮した上で、その土地に最も適した品種を栽培します。
そうすることでリム―らしい豊潤な果実味や、土壌のミネラル感を反映したワインが誕生します。

スペシャリストの協力
ワインの醸造については、白ワインの専門家で名高い故ドニ デブルデュー氏の協力を得ており、スパークリングワインの品質向上にも積極的関わっていました。

トラディショナル方式
最も手間やコストは掛かりますが、上質なスパークリングワインが生まれるトラディショナル方式(瓶内二次発酵)で造られており、これはシャンパーニュと同じ製法です。

 

【外観】
淡いレモンゴールド
豊かで細かな泡立ち

【香り】
青リンゴ、柑橘類、マスカットなどのフレッシュでフルーティーな香りを主体に、白い花の上品さや蜜の甘やかなニュアンスも加わります。
時間が経つほど円熟した蜜、バター、ブリオッシュのような落ち着きある香りも感じられるようになります。

【味わい】
キメ細かな泡とフルーティーな果実味、ほどよい旨味も加わった優しい飲み口。綺麗な酸が味わいを引き締めると、ほんのり蜜のニュアンスを残した心地よい余韻があります。

《飲む時の適正温度》

6℃~10℃
しっかり冷やせば酸味が際立ち引き締まった印象になるため、スッキリとした飲み口。
少し温度を上げれば穏やかな印象になり、果実味や甘味などの風味の広がりを楽しめます。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃》

【飲み頃】
購入後1年以内
複数年のブドウから造られたワインをブレンドして造られるため、ヴィンテージはありません。
飲み頃のタイミングで出荷されるフレッシュなスパークリングワインですから、販売している時が飲み頃と言えます。
生き生きとした味わいを楽しむには、購入後はなるべく早く飲む事をおすすめしますから、常温で長期間放置されているようなお店では購入は控えた方が良いでしょう。

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【フルート型グラス】
空気に触れる面積が少ないため、温度が上がりにくいと同時に炭酸も抜けにくい形状に設計されています。

美しい泡立ちも見られますし、グラスの美しい外観によっても華やかさは引き立ちます。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


真鯛のカルパッチョ


カマンベールフライをレモンと塩で

など、ほどよいコクのある料理との相性が良いワインですが、爽やかな泡と美しい酸は味わいをスッキリさせる効果もあるため、どのような料理にも無難に合わせられる適応力があります。
また、皮目をパリッと焼いた地鶏や揚げ物のように【パリッ】【サクッ】とした食感には【シュワッ】としたスパークリングワインは相性が良いですね。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

《飲んだ人の口コミ》

悪い口コミ

悪くはないけど、2000円を切るお値段相当の味わいかな?

良い口コミ

柑橘類と青リンゴに白い花が加わた爽やかな香りに、蜜りんごのニュアンスも。フルーティーな果実味と細かな泡が感じられる優しい飲み口で、適度な旨味もあり、酸がしっかりと引き締めてくれます。余韻に少しだけ残る密の甘味も上品で、時間経過で温度が上がるほど酵母やバターの膨らみある風味も楽しめるようになっていきます。手頃な価格の良質スパークリングですね。


ケーキにだって合うワイン!!白桃や青リンゴの香りは活力があり、味わいもしっかりしている。要するに旨い!!


果物いっぱいの香りとスッキリした飲み心地。スイスイ飲めて良いですね~~♪

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると、

感動的!!    10%
美味しい     27%
普通       63%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

味わいとしてはスッキリ軽快で、何かが突出することもないバランスの良い味わい傾向が読み取れました。

価格なりでボチボチというニュアンスの口コミはチラホラですが、この価格なら満足と感じる方が大半で、中には大満足と感じる方もおられました。

おいしいクレマン ド リム―を選ぶ時、手頃でバランスの良いスパークリングワインを選ぶ時には、選択肢に持っておきたい銘柄だと感じる結果となりました。

まとめ

それでは最後に情報整理です。

クレマン ド リムー グランド キュヴェ1531 デ エメリー

価格
2000円前後


複雑さのある豊潤な香りとバランスの良いサラリとした飲み口があり、適度な複雑性や奥深さはお値段以上の味わいがある。
また、時間経過で複雑性や深みが出てくる。


飲み頃
購入後1年以内

口コミ
価格なりでボチボチというニュアンスの口コミはチラホラだが、この価格なら満足と感じる方が大半で、中には大満足と感じる方もいる。

以上です。
大規模な共同組合が造る良質クレマンといった印象です。
本当にボランジェ級の香りなのか!?
あなたの感覚で確認してみても面白いかもしれませんね。
※グラスに注いで時間が経過し、ガスが抜けた頃にそのような印象になったと、専門家はコメントされています。

あ。。

それを確かめるには、まずボランジェを経験済みでないといけませんね。イメージだけでも広げたい場合はこちらの記事を参考にして下さい。

あなたにとって、善きワインとの出会いが多くなることをお祈りいたします。

 

 

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました