ジョゼフ・ドルーアン リュリィ ブラン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

コスパに優れる産地コスパに優れる生産者コスパ抜群のワイン

今回はそんな計算式が成り立つのではないかと感じたワインの紹介です。

ブルゴーニュといえば、高額ワインのイメージも強い産地で、近年の価格高騰ぶりは一般消費者の懐には厳しい状況をもたらしています。

しかし、そんな高級ブルゴーニュワインを生むコート・ドールのすぐ南のコート・シャロネーズは、コート・ドールには及ばないまでも、上質なワインを手頃な価格で楽しめるという事で人気を集める産地として知られています。

そして、今回の生産者はジョセフ・ドルーアン。

1880年にボーヌに創立されたブルゴーニュを代表する家族経営の大規模生産者であり、アメリカのオレゴンに可能性を確信し、いち早くドメーヌを設立。

流行にとらわれず、自分達が良いと思うワインを提供し続けているところも特徴的で、テロワールの多様性を最大限に表現した非常に多くのラインナップを持っています。

優れたワインを比較的リーズナブルな価格で販売する優良生産者で、シャブリシャンボール・ミュジニーにおいても口コミ評価が非常に高く紹介させていただいた生産者でもあります。

つまり、コート・シャロネーズジョセフ・ドルーアンコスパ抜群のワイン

というわけです。

とは言え、私がこのワインを紹介しようと思ったのは、あくまで日本の一般消費者の方々に多く飲まれ、さらに口コミ評価が高かったからという客観的視点によるもので、価格に対する飲み手の皆様の満足度が高かったことにあります。

私の個人的解釈として、リュリーでおすすめできる上質ワインはルフレーヴ・アソシエ、手頃ならジョセフ・ドルーアンと感じたというわけです。

 

それではそんなジョゼフ・ドルーアン リュリィ ブランの

・価格

・味わい

・飲み頃と当たり年

・口コミ

について解説していきましょう。

あなたのワイン選びの一助になれば嬉しく思います。

《ワイン名》
ジョゼフ・ドルーアン
リュリィ ブラン

2017

《価格》

【およそ2400~3100円

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ミディアムボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>コート・シャロネーズ>リュリー
《生産者》  メゾン・ジョゼフ・ドルーアン 

《特徴》
優しく豊潤で
魅力いっぱいの
コスパワイン

このワインの特徴は、豊潤な熟した果実味が優しく広がり、ナッツや樽の心地よい風味や適度な酸が互いを支え合う事で、バランスの良い魅力的な味わいがあるところで、価格が抑えられているところも、このワインの大きな魅力の一つと言えるでしょう。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

ワイン造りのスタイル
「エレガンスとバランス」これがジョセフ・ドルーアンが大切にしている事で、テロワール(ブドウを取り巻く自然環境)の表現も重視しています。
リュリーにおいては、ふくらみのある果実味と程良い酸にミネラルも持ち合わせ、やさしい樽のニュアンスも感じられる、上品でバランスの良い味わいに仕上げられます。

ビオディナミ農法
無農薬・有機肥料で天体の動きも考慮したビオディナミ農法の採用で、微生物の働きなどにより健全で成分豊かな土壌になり、その成分を吸い上げたピュアで上質なブドウが育ちます。

高密植栽培
ブドウの樹をあえて高密度に植え、さらに雑草もそのままにすることで、ブドウの根は栄養を求め地中深くまで根を伸ばし成分を吸い上げます。
そうすることで果実に成分が凝縮されるわけです。

控えめの樽
樽のニュアンスが反映しやすい新樽の使用比率は20%と低くすることで、ブドウの繊細な風味を感じつつ程良い樽を感じられるバランスの良さがあります。
さらにはその樽に使用する樽材も、自社で3年間雨ざらしにし、タンニンが抜け切ったところで樽メーカーに持ち込むという徹底ぶり、樽から出るタンニンの影響までも意識しているという緻密さがあるというわけです。

その他、丁寧な手摘み収穫や選果あるいは天然酵母の使用など、緻密な栽培から醸造を実践しています。

 

【外観】
輝くレモンゴールド

【香り】
グレープフルーツやオレンジにラフランスや白い花などの、爽やかでフルーティな香りが広がり、ほんのり甘い蜂蜜のニュアンスも感じられ、樽に由来するナッツやバターの風味も優しく広がります。

【味わい】
グレープフルーツなどの柑橘類の爽やかさに、白桃やトロピカルフルーツのフルーティな果実味は、ほんのり甘味のあるふくよかさも持ち合わせ、ほどよい酸はバランス良く味わいをまとめ、ナッツやバターの風味を伴った心地よい余韻があります。

《飲む時の適正温度》

8℃14℃
冷やし気味にすれば酸味が際立ちエレガントな飲み口になります。
温度を上げるほどボリューム感ある優雅な風味の広がりを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ2年~5年
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。

参考にヴィンテージチャートも載せておきます。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年

2013年 4
2014年 
2015年 3
2016年 4
2017年 5

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【ふくらみのあるシャルドネグラス】
少し温度を上げることで広がる風味を楽しめますから、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶことをおすすめします。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


エビのアヒージョ


エスカルゴ

など、ほどよいコクのある味付けをした料理などと合わせることで、豊かな風味とコクの広がりあるマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

スッキリサッパリというよりは穏やかで落ち着きあるニュアンスのワインで、チーズやバターを使ったような、ほどよいコクのある料理に合わせることで、さらに互いを高め合い広がるマリアージュが楽しめるでしょう。

ちょっと手軽に上質白ワインを楽しみたい時や、ちょっとしたカジュアルなワイン会などに、このようなアイテムがあっても場面を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

比較的ワイン経験の浅い方に、このような親しみやすい上質ワインをプレゼントするのも素敵です。


《こんな場合には不適切!?》

とても親しみやすく万能型のワインだと思いますが、特に大切な場面や上質な料理には、若干品格不足な気もします。

特別な場面や特別な料理には、品格あるワインが相応しい事もあり、このクラスのワインは、日常をちょっと彩るアイテムとして活躍してくれるのではないでしょうか。

《飲んだ人の口コミ

悪い口コミ

「それなりの品質でそれなりに美味しいワイン。昔はもっと安かったのにな~。」


「フランスとオレゴンでは技術も違うのだろうが、フーリエはこの生産者から何を学んだのだろう。3年熟成の2013。フーリエの片鱗も感じさせない、チッポケな味わいだ。」

良い口コミ

「手頃な価格のリュリーって事で、舐めてました。2年熟成の2014は想像以上の出来栄えで、ちゃんと作ってるなって思いましたよ。ジョセフさんごめんなさい。」


「ソーヴィニョンブランの爽やかなテイストが好みでしたが、このような厚みのある味わいも素敵ですね。樽の風味も魅力的で、いろいろ試してみようと思うきっかけをくれました。2年熟成の2014は感激です。」


「洋梨やメロンの果実感に、白い花の華やかさに樽の優しいニュアンス。時間経過で桃やハチミツっぽい風味は高まり、価格以上の価値を感じる。2年熟成の2015は14℃でスタートするのがベストと考えます。」


「2年熟成の2015は、マロラクティック発酵に由来するヨーグルトのようなまろやかさと、ほどよい樽の風味が楽しめるワイン。スッキリとキレるワインが好みの方にはすすめないが、こういった柔らかで落ち着いた雰囲気を持ったワインも、選択肢に持っておくと重宝するね。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    10%
美味しい     37%
普通       50%
良くない      3%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

親しみやすく優しい味わいへの評価は高く、その手頃な価格に対する品質の高さに感動の評価を与える方がちらほらで、奥行きには欠けるものの、この値段であれば良いんじゃないかと好感を持った方が大半の印象ですが、チンケな味わいに失望した方がみえるのも事実です。

とは言え、やはり好感を抱いたニュアンスの口コミが圧倒的優勢であり、2000円台で購入できるコスパの良さは、リュリーの中でも際立つ存在であると感じました。

因みに、クオリティーだけで優れたリュリーの白を選ぶなら、ルフレーヴ・エ・アソシエのプルミエ・クリュが最もおすすめできると感じました。

 

以上です。

ジョセフドルーアンのリュリーのイメージは広がりましたでしょうか。

比較的手頃なワインで、もしも失敗してもダメージの少ないワインと言えるでしょう。

10万もするグランクリュなどで失敗したら、会心の一撃クラスのダメージを受けるでしょう(笑)。

とは言え、この世の中失敗は存在しなく、チャレンジする限り成功と学習しかないのが真実のようですが。

というわけで、チャレンジ精神旺盛なあなたを応援したいと思います。

いや、応援します。

頑張って下さい!!

応援しました(笑)。

 

なんだかよくわからなくなりましたが、

あなたにとって善きワインとの出会いが多くなる事をお祈りしております。

【楽天で最安値の価格帯】

最安値はこちらですが、ヴィンテージの記載が無いです。
ジョセフ・ドルーアン/リュリー・ブラン【フランス】【白ワイン】

若きビッグヴィンテージ2017
メゾン・ジョセフ・ドルーアン リュリー・ブラン [2017]年 750ml【白ワイン】【辛口】

加藤敦志

投稿者: 加藤敦志

加藤敦志と申します 名古屋のふぐ・季節料理を扱う楽楽楽(さんらく)八事店の店長で ソムリエやらせてもらっています。 あなたに役立つワインの知識・おすすめワイン・ワイン関連商品などいっぱい紹介します!! さらにくわしいプロフィールはhttps://wine-no-susume.com/profile/です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください