ドメーヌ・ルフレーヴ ビアンビニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ

おすすめ【白】ワイン

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

白ワインの世界最高峰を語る時、常に候補に挙がる生産者といえば?

ワインに詳しい方ならば、コシュ・デュリコント・ラフォンソゼラヴノーボノー・デュ・マルトレなどの声が聞こえてきそうです。

そして今回紹介するルフレーヴこそがその頂点だと感じる方が最も多いのではないでしょうか。

ワインに詳しくない方ですと、一つもわからない場合も多いのではないかと思われますが、ワインを学び始め、白ワインの有力生産者について調べていくと、最初に出会う確率が最も高い生産者ではないかと個人的にも感じますし、実際私はそうでした。

それほど知名度・品質も抜群のルフレーヴは、評論家や権威あるワイン紙などからも絶大な評価を得ており、イギリスで最も権威のあるワイン評価雑誌『デキャンター』誌(2006年7月号)では、「白ワインの世界10大生産者」の1位になるなど、輝かしい実績も有する世界随一のトップドメーヌです。

そして、評論家達の評価もさることながら、5つあるモンラッシェ系のグランクリュの中で、日本の一般消費者の方々に多く飲まれ(口コミされ)、そして口コミ評価の高いワインはどれだろうという客観的視点から調べてみた結果、どれも秀逸な評価を得ているワインばかりでしたが、やはりルフレーヴは他の多くの生産者とは別格の存在感を放ち、もう一つの異質の存在であるソゼを凌いでいると思われるほどであり、特にビアンヴニュ・バタール・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェにおいて、他の生産者を圧倒するポテンシャルを感じ、今回はその一つビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの紹介というわけです。

※因みに2020年現在ルフレーヴのモンラッシェは、その希少性と品質の高さ故にほとんど手にする事ができず、DRCのモンラッシェよりも高額取引される世界最高の白ワインである事をお伝えしておきます。

 

それでは簡単に経緯を解説します。

ワイン造りの歴史は500年、20世紀初頭ジョセフ・ルフレーヴによって、自家畑のブドウ栽培からワイン醸造まで行うドメーヌを設立

ジョセフ氏の息子、ヴァンサン・ルフレーヴ氏とその兄ジョー氏の代で不動も名声を確立。

ジョー氏の死後、その息子オリヴィエ氏が参画。

1990年さらにヴァンサン氏の娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴ女史の参画し、自身のネゴシアン業が多忙となったオリヴィエ氏の影響で、実質一人でドメーヌを担う事になりますが、ビオディナミ農法の導入などによりさらに品質を高める。

2015年アンヌ氏が亡くなり、ルフレーヴファミリー35名の中から投票によってブリス・ド・ラ・モンディエール氏が4代目当主として選ばれ、偉大な歴史と品質を引き継いでいます。

以上が簡単な経緯です。

 

ワインや生産者の偉大さ、その味わいを言葉で表現するという事は非常に難解ですが、この記事が何かしらのヒントになり、素晴らしいワインとの出会いになれば嬉しく思います。

《ワイン名》 ルフレーヴ ビアンビニュ バタール・モンラッシェ

そろそろ飲み頃の2013

《価格》

【およそ6万~10万円

《ブドウ品種》シャルドネ
《ボディ》  ミディアム~フルボディ
《甘辛》   辛口
《産地》   フランス>ブルゴーニュ>ピュリニー・モンラッシェ>ビアンビニュ・バタール・モンラッシェ
《生産者》  ドメーヌ・ルフレーヴ 

《特徴》

凝縮感と繊細さを両立した
女性的気品に満ちた品質

このワインの特徴は、凝縮された果実感や豊富なミネラルなどによって表現される優雅さに加え、主張しすぎる事のない繊細さや緻密さを持ち併せたバランス感覚に、しなやかな質感も加わった女性的気品が感じられる点にあり、比較的若くしても硬すぎる事はなく近づきやすさがあり、熟成する事で円熟味が増した妖艶な魅力も堪能できます。

そのような品質になる理由をいくつか挙げましょう。

最上のテロワール
世界で最高峰の白ワインを生む畑であり、気候や土壌などシャルドネにとって最高のテロワール(ブドウを取り巻く自然環境の全て)が整っています。
ビアンヴニュ・モンラッシェにおいては、隣のパワフルでコッテリ系のバタール・モンラッシェに比べると、繊細でソフトな印象
凛とした非常に豊富なミネラルによって、品格に満ちたエレガンスを持つシュヴァリエ・モンラッシェにくらべると、全体の調和で味わいを表現する近づきやすさがあります。

ビオディナミ農法
無農薬・有機肥料で天体の動きも考慮したビオディナミ農法の採用で、微生物の働きなどにより、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの秀逸な個性を反映した健全で成分豊かな土壌が育ち、その成分を吸い上げた複雑で洗練されたピュアなブドウが得られます。
因みに前当主のアンヌ・クロード・ルフレーヴ女史は、1997年に全ての畑でビオディナミ農法を採用した先駆的人物です。

控えめの樽
樽のニュアンスが反映しやすい新樽の使用比率は25%

これは他の生産者に比べると非常に低い水準であり、ブドウの持つ繊細な風味を樽によって感じにくくさせないためです。

 

【外観】
輝くレモンゴールド
熟成が進むほど濃いゴールドに近づいています。

【香り】
グレープフルーツやリンゴにアンズに蜂蜜などの爽やかかつ豊潤な香に、ミネラルを予感させる金属や鉱物に、ナッツ類や樽に由来するバニラのニュアンスもほんのり加わります。

熟成するほど円熟を思わせる黄桃やバターにキャラメルといった甘露で魅惑的なニュアンスが強まっていきます。

【味わい】
柑橘類やラフランスなどの凝縮された肉厚な果実味に、凛としたミネラルと美しい酸味があり、心地よい樽のやわらかな風味も加わった味わいは優雅さと品格が感じられます。

粘性も豊かでしなやかな質感は女性的な優しさがあり、いつまでも続くような余韻は至福のひとときを飲み手に与えます。
熟成するほど果実感は熟した黄桃やハチミツあるいはブランデーのニュアンスが強まり、ミネラルや酸も溶け合う事で深いコクを持た深遠な味わいが現れ、魅惑的な余韻はいつまでも飲み手を包み込むような力を持っています。

《飲む時の適正温度》

8℃14℃
冷やし気味にすれば酸味が際立ちエレガンス溢れる飲み口になります。

温度を上げるほどボリューム感溢れる優雅な風味の広がりを楽しめるでしょう。

※ワインを飲む時の適正温度については、
第11回【ワインの適正温度】
でも確認できます。

《飲み頃と当たり年》

飲み頃はブドウ収穫年から
【およそ4年~25年
一般的傾向や飲んだ方の評価傾向から推測すると、これくらいではないかという個人的見解です。


良いヴィンテージのワインほど、飲み頃になるのが遅く長期熟成にも向き、

難しいヴィンテージほど、比較的早くから楽しめ飲み頃の期間は短くなる傾向です。

ヴィンテージによって飲み頃にも差がありますから、ヴィンテージチャートも載せておきます。

5点 秀逸な年
4点 良い年
3点 平均的な年
2点 やや難しかった年
1点 難しかった年
0点 悪い年


1989年 5

1990年 4
1991年 2
1992年 4
1993年 2
1994年 
1995年 4

1996年 5
1997年 3
1998年 2
1999年 3
2000年 3
2001年 3
2002年 4
2003年 2
2004年 4
2005年 4
2006年 3
2007年 4
2008年 
2009年 3
2010年 5
2011年 4
2012年 
2013年 4
2014年 
2015年 3
2016年 4
2017年 5

※ワインの飲み頃についての知識は、
第10回【品種・タイプ別 赤ワイン・白ワインの飲み頃】
でも確認できます。

《適正グラス》

【ふくらみのあるシャルドネグラス】
少し温度を上げることで広がる風味を楽しめますから、香りが取りやすく温度も少しずつ上がるように設計された、ふくらみのあるグラスを選ぶことをおすすめします。

※ワイングラスの選び方の知識は、
第13回【ワイングラスの特徴・選び方】
でも確認できます。

《相性のいい料理》


白身魚のソテーをバタークリームソースで


ラムチョップをレモンバターソースで

など、コクのある料理などと合わせることで、ボリューム感溢れる風味とコクの広がる優雅なマリアージュを楽しめるでしょう。

※もう少し相性について知りたい方は、
第15回【ワインと料理との相性・マリアージュ】
でも確認できます。

 


《こんな場合におすすめ》

世界一の白ワイン生産者にルフレーヴを挙げる方も多く、知名度・品質共に抜群のグランクリュです。

ワインに造詣の深いあの方に敬意を込めての贈り物などにしても、十分すぎるほどに気持ちが伝わる素晴らしいグランクリュと言えるでしょう。


《こんな場合には不適切!?》

類い稀な白ワインですから、合わせる料理やグラスに場面などにも気を配って、最大限にその魅力を味わいたいものです。

何でもない日にワインに興味も無い方と、分厚いグラスでこのワインを飲んでしまうのは、高級フレンチにジャージで行くみたいでミスマッチです(笑)。

 

《飲んだ人の口コミ》 ※2015年~19年に飲んだ人の口コミです。

悪い口コミ

「8年熟成の2010は素晴らしいことは確か。豊潤でトロピカルなニュアンスがあり、ミネラルも豊富だ。構造のしっかりした味わいを楽しむにはこれくらいでも十分だが、熟成感や全てが溶け合ったような丸みを楽しむのであれば、あと5年は待つべきか。」

良い口コミ

「11年熟成の08は輝く小麦色。黄色い花にカスタードの甘い香りでトロリとした質感。とっても上品で素晴らしく、時間経過で現れる芳ばしいカラメル感を伴った深い味わいにはため息が出るほど魅了されます。」


「17年熟成の02はまさに飲み頃。洗練された柑橘類にはオレンジの風味も感じられ、上質なハチミツや焦がしたカスタードのような風味が後半を支配する。ねっとりとして全てが溶け合った全く角の無い品質は、品格と優雅さを感じられる格別のワインだ。」


「7年熟成の2011は、私史上最高のワインである事は間違いありません。」


「早すぎるって?目の前にあるんだから飲むのさ(笑)。5年熟成の若き2012からは近年嗅いだことのない芳香性。蜂蜜やバニラなんかは感じられるね~。最初は硬さを感じるがすぐに解きほぐれ果実感が爆発だ!!鉱物的なミネラルや美しい酸のバランスも格別で、1時間が経過する頃にはその果実味のエレガンスは最高潮に達し、出汁の効いたような旨味にもやられっぱなし(笑)。これはもう予想を覆す感動の雫だ。」

 

という皆様の声でした。

その他にもたくさんの口コミがありましたが、集計してみると

感動的!!    64%
美味しい     36%
普通        0%

良くない      0%

というニュアンスが伝わってくる結果でした。

流石はルフレーヴのグランクリュといった印象で、ほとんどの熟練ワインラバーの方々に感動あるいはそれに近い評価を受けていました。

グランクリュとという事で、熟成によって円熟した奥深い味わいに非常に多くの方が魅了されていましたが、若い段階でも意外と近寄りやすく洗練された味わいの完成度に、熟成されたものとは違った素晴らしさを感じておられる事も印象的でした。

 

以上です。

ルフレーヴのビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの格別な味わいのイメージは広がりましたでしょうか。

ちょっと気になる事があったので言っておきます。

ビアンヴニュ

ビアンビニュ

ビアンヴィニュ

たまにヴィアンビュニュ。

さて、どれが正確?

どれでもいいのかもしれませんが、一番多かったのがビアンヴニュでしょうか(エノテカさんもそう表記)。

はい・・

それだけの話です・・。

 

さておき、このワインの魅惑的品質に多くの皆様が魅了されている事は事実。

最高の時を過ごす時、このワインを候補に持っておくことは賢者の選択と言えるでしょう。

あなたにとって善きワインとの出会いが多くなる事をお祈りしております。

 

【ルフレーヴ ビアンビニュ・バタール・モンラッシェの最安値の価格帯】

ルフレーヴ
ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ[2014]

こちらでは様々なラインナップが紹介されていますが、
2014が最も優れたヴィンテージでしょう。
60280円税込・送料別

2016 ビアンビニュ バタール モンラッシェ
ドメーヌ ルフレーヴ

若き優良年
69300円税込・送料別

ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ[2010]
ルフレーヴ

程良い熟成を経たビッグヴィンテージ
85800円税込・送料無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました