《安くて旨い》ブルゴーニュ人気ワイン9選|読むと味が想像できる

実践編

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

 

「ブルゴーニュワイン美味しいけど高い。安くて旨いの無いの?」

この記事にたどり着く方は、多かれ少なかれそのような思いがあるのではないでしょうか。

世界中のワインラバー達を魅了する銘柄の数々を輩出するブルゴーニュのワインは、他の産地を圧倒する気品やエレガンスが感じられますが、価格も比例して高騰してしまっているのが現実。

もっと手頃に楽しめるワインは無いの?と思う方も多いのではないでしょうか。

しかしそのような問いかけは、この記事を読むことで少しは解決すると確信しています。

なぜなら、2014年に日本ソムリエ協会認定ソムリエの資格を取得した私は、自身が実際飲んで美味しいと感じるワインもさることながら、多くの一般消費者の皆様に選ばれ、そして高評価を得ているワインはどれかという好奇心の元、ネット上にある信頼できる口コミだけをを調べ、特に満足度の高いワインのみを選び抜き、その味わいの特徴・当たり年・飲み頃・口コミ内容などを詳しく解説しているからです。

つまり、多くの方が美味しいと認めるワインは外す確率も少ないと言えるわけです。

※主な口コミは、国内最大のワインスクールであるアカデミー・デユ・ヴァン様が運営するvinicaによるもので、その信憑性の高い口コミを参考にさせていただいております。

 

それでは参りましょう。

 

安旨ブルゴーニュおすすめワイン9選

星の数ほど存在するワインは、産地やブドウ品種に生産者、あるいは収穫年や熟成度合い、そして個人個人の受け止め方によっても味わいへの評価は変化し、一つとして同じものが無い事が難しさであり魅力でもあります。

ここで紹介するワインは、あくまで一般的に満足度が高いという事で、それら以外にも素晴らしいワインは無数に存在します。

個々の受け止め方でも評価は変わるわけですから、これが素晴らしいワインと決めてしまうのはナンセンスだと思いますし、いろんなワインを探究される事は素晴らしいと思います。

そのような事を踏まえて、この記事があなたの何かしらのヒントになり、ワイン選びのお役に立てれば幸いに思います。

 

さて、私は手頃なブルゴーニュワインを生み、日本で購入可能な主要銘柄をピックアップし、その中で多くの日本の消費者の方々に実際飲まれ、そして口コミ評価の高いワインはどれかという事を客観的視点から調べてみました。

その結果、特に高評価を獲得していると感じたワインは以下の9銘柄

※ブルゴーニュには非常にたくさんの銘柄が存在し、今回紹介するワイン以外にもたくさんのワインが好評を得ていました
それらのワインについてはおすすめワイン一覧から、くわしい解説記事へと進むこともできますから、参考になれば幸いです。
それでは始めましょう。

安旨ブルゴーニュ
おすすめワイン【9選

赤ワイン3種】
白ワイン4種】
ロゼワイン1種】
スパークリングワイン1種】
※価格順

赤ワイン【3種】

1.ルイ ジャド シャトー デ ジャック ムーラン ア ヴァン

上級ピノの佇まい
芳醇でエレガントな品質は
熟成で真価を現す

《価格》【およそ3000~3500円

《ブドウ品種》ガメイ

ボージョレの格付け階層において、トップカテゴリーに属するクリュ・ド・ボージョレの中でも、モルゴンと並んで最も上質なワインを生むといわれるムーラン・ア・ヴァンです。

有名なボージョレ・ヌーボーのような新酒(ヌーボー)ではなく、熟成能力もある品質はボージョレの最高峰と言えます。

※造り手はシャトー・デ・ジャックなの?ルイ・ジャドなの?と思う方もおられるでしょう
ボージョレのムーラン・ア・ヴァン村において、最も歴史ある生産者こそがシャトー・デ・ジャックですが、1996年に、超名門であるルイ・ジャド社が所有するようになったという経緯があり、その名を残しているという事ですね。
さておき、このワインの特徴は、上級ピノノワールのような香りや美しい上品さが感じられる点にあり、可愛らしくで軽快なガメイのイメージを覆す複雑さや奥深さが感じられ、その味わいは熟成を経ることで深みが増します
そのような品質になる理由には、
・ムーラン・ア・ヴァンは最も力強く長期熟成に耐えるブドウが得られること。
・時間と手間は掛かるが上級ピノノワールで行われる伝統的な製法を実践しており、マセラシオン・カルボニックと呼ばれる、フルーティで軽快なワインを生むボージョレで主流の製法を行わない事。
が挙げられます。

バランス感覚に優れた上質ブルゴーニュのような味わいの傾向は口コミからも強く感じられ、並のボージョレとは一味違い、ピノと間違えてしまいそうだという感想を持った方が多かったことが印象的でした。
若いワインへの評価も高いですが、20年前後の熟成酒を楽しまれている方も多く、ボトルによっては枯れた印象のものもあるようですが、素晴らしい熟成を経たワインへの高い評価は非常に興味深いものでした。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

2.ダヴィド デュバン ブルゴーニュルージュ

エレガントで心地よい口当たり
良質な薄旨ブルゴーニュピノ

《価格》【およそ3000円前後

《ブドウ品種》ピノノワール

ル・メイユール・ヴァン・ド・フランス2015年版(フランスの権威あるワイン誌)
において、DRCやルロワにルフレ―ヴなど、超有力な17の生産者に並んで満点3ツ星に昇格。

成長著しい若手の新鋭が造るコスパブルゴーニュです。

このワインの特徴は、凝縮感や奥深さこそありませんが、ピュアで繊細な果実味と美しい酸を主体に、上品で心地よい味わいを表現している点にあり、適度なタンニンに出汁の効いたような旨味や樽の風味も加わった品質は決して安っぽくもなく、納得できる薄旨ブルゴーニュピノの佇まいがあります。

手頃な広域ブルゴーニュであり、感動レベルの口コミをされる方はいませんが、綺麗で心地よい薄旨系の味わいに価格以上の価値を感じる方が優勢で、やや浅いと感じる方もおられますが、良くないとまでは感じていない印象です。

とは言えニューワールド系のパワフルな果実味や、上級ワインの品格を求める場合には選ぶべきではなく、そっと寄り添うような薄旨系の味わいは、サラッとしたワインを気軽に楽しみたい時におすすめしたい品質だと言えます。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

3.マシャール ド グラモン ブルゴーニュルージュ

繊細で落ち着きある
コスパブルゴーニュ・ピノ

《価格》およそ2500円前後

《ブドウ品種》ピノ・ノワール

このワインの特徴は、出汁の効いたような旨味に大地を連想させるような土っぽい落ち着いたニュアンスが感じられる点にあり、上品な果実味に綺麗な酸に適度な樽の風味も加わり、ブルゴーニュらしい薄旨な味わいがあります。

そして、比較的手頃な価格で購入できる点も嬉しい特徴の一つと言えるでしょう。

口コミからもそのような品質傾向は十分に読み取れるもので、感動するような方はいませんでしたが、価格に対する品質の高さに好感は覚える方は多い印象で、若くしても落ち着いた風味が楽しめる傾向がありました。

そして10年程度の熟成物に高評価を与える方が多数みえた事も印象的で、手頃な価格で熟成を待つ楽しみ方ができるのは魅力的であると感じました。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

白ワイン【4種】

1.ヴィレーヌ ブーズロン

透明感とふくよかさ
スレンダーで
気品を感じる

《価格》【およそ2600~4000円

《ブドウ品種》アリゴテ

あのロマネ・コンティを生むDRCは、プリューレ・ロックの当主であるヤニック・シャン氏と、ここで紹介するオーベル・ド・ヴィレーヌ氏の共同で運営を担っています。

そのような肩書はさておき、このワインの最大の特徴はアリゴテを使用している事。

ちょっとここで補足情報ですが、ブルゴーニュの白と言えばシャルドネしかしここで紹介する村名ブーズロンを名乗るには、アリゴテを使用しなければなりません。ブルゴーニュ広域AOCであるブルゴーニュ・アリゴテに使用されるアリゴテ・ヴェール(緑のアリゴテ)と比べ、上質な果実を実らせるアリゴテ・ドレ(金のアリゴテ)のみが使用されるのがブーズロンであり、アリゴテとはボトルに書いてありませんから、一応心得ておいた方が良いでしょう。
味わいの特徴は、雑味の無いピュアで透明感のある品質にありますが、決して薄っぺらくもなく、ふくよかさも感じられる味わいはバランス感覚にも優れます。
適度な酸とほんのり塩気を持ったミネラル感は気品を感じさせるもので、全体的印象としては、リッチというよりはスレンダーな美しさが感じられます
手頃な価格帯のワインにしては、洗練されたピュアさや清潔感がある事が口コミからも伝わってくるもので、奥行きも程良く感じられるバランスの良さは、感動レベルの評価こそありませんが、一定の高い満足感を感じる方が非常に多い印象です。
私自身もこのワインは体感済みで、その清潔感を高く評価する皆様の意見には、非常に共感できるものでした。
ブーズロンあるいはアリゴテを楽しむのであれば、ルイ ジャドも良いですが、このワインを必ず選択肢に入れるべきです。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

2.コルディエ ペール エ フィス マコンヴィラージュ

豊潤で柔らかな果実感
上品で親しみやすい
コスパワイン

《価格》【およそ2500~3000円

《ブドウ品種》シャルドネ

手頃で親しみやすいワインを生むマコン・ヴィラージュの中でも、特に人気の高い銘柄です。

このワインの特徴は、心地よい樽の風味と豊潤な果実味を持った柔らかな品質にあり、ブルゴーニュらしい美しい酸からは、上品さも感じられます。

あえて完熟の遅摘みブドウを使用することで得られる凝縮された果実感が魅力的で、そのようなリッチな傾向で上品な樽も効いた品質に、感動には至りませんが高い好感を得ている事は皆様の口コミからも伝わってきました。

そしてこれは個人的意見ですが、ボトルデザインもセンスの良さが感じられ、期待が高まるようなその見た目は、ちょっとしたプレゼントにも使いやすいとも感じました。

ワイン単体でも楽しめるような味わいで、日ごろの疲れをちょっと癒すには、これくらいの価格帯のワインは重宝するのではないでしょうか。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

3.ジョゼフ ドルーアン ブルゴーニュブラン

豊かな果実味・上品な酸
適度な樽のバランスを持った
コスパブルゴーニュ

《価格》【およそ2000円前後

《ブドウ品種》シャルドネ

バランス・エレガンス(上品さ)・コスパ

以上3つの特徴を兼ね備えた、とっても親しみやすいブルゴーニュ・ブラン.。

安い・早い・旨い!!

とは少し違います。(笑)

2000円程度で購入できるという事で、近年価格も上昇中のブルゴーニュにおいては珍しく、しかも良質という事で、特におすすめしやすいワインです。

味わいの特徴は、親しみやすく豊かな果実の風味を、上品でキレイな酸が味わいをまとめ、ほどよい樽の風味が感じられるところで、突出した特徴や奥深さはありませんが、親しみやすさとバランスの良い味わいは、価格以上の価値があるコスパブルゴーニュと言えます。

口コミからも、そのコスパの良さを高く評価する傾向は強く感じられ、2000円程度で購入できるブルゴーニュワインはほとんど無いという意味でも、重宝されている事が伝わってきました。

ワイン初心者の方が、ブルゴーニュのシャルドネを知る時。

熟練ワインラバーが、気軽に楽しむブルゴーニュ・ブランとして。

飲食店のグラスワイン。

などなど、非常に現実的で実用的なコスパワインであると感じています。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

4.アントワーヌ シャトレ シャブリ

ほどよい強さの果実味主体で
飲みやすい品質

《価格》【およそ16002300円

《ブドウ品種》シャルドネ

「1000円台程度の手頃な価格で、フルーティで飲みやすい白ワインありませんか?」

そう聞かれたらこのシャブリを候補に挙げます。

多くの航空会社や星付きの有名レストランでも採用される実績もある生産者。

そんな生産者の造るシャブリは非常に手頃で、飲んだ方々の評価も好感度の高い傾向がありましたので紹介する事にしました。

柑橘類のフレッシュな果実香に、リンゴ・白桃・パイナップルなどのフルーティな果実香。
味わいはグレープフルーツなどの爽やかな果実味に加え、ほのかに蜜を感じさせる甘味も感じられ、
ほどよい酸味は味わいをまとめ、軽やかな余韻があります。

平均的なシャブリに比べると酸やミネラルはやや弱く、その代わり心地よい果実味が感じられる傾向で、スッキリ爽やかな品質を求める方にはおすすめできませんが、フルーティな味わいを好む方におすすめできるコスパワインと言えます。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

ロゼワイン【1種】

1.ルイ ジャド マルサネ

フレッシュな風味とコク
バランスの良いエレガントなロゼ

《価格》【およそ27003500円

《ブドウ品種》ピノノワール

このワインの特徴は、強すぎないエレガントな品質と、洗練された透明感とバランス感覚に優れな質感にあると考えます。

そのエレガントさは、冷涼な産地でピノノワールで造られることによってもたらされ、温暖な産地の熟した果実によるジューシーな果実味ではなく、綺麗な酸味を持ったスレンダーな印象のワインになります。

また、ブルゴーニュを代表する生産者である自覚と責任をしっかりと受け止めている事で、常に高いレベルで安定感を誇るルイ・ジャド社が手掛けている事もあり、洗練された雑味の無い味わいは、甘味・酸味・渋味・コク・アルコール感などの要素のどれが主張しすぎる事はありませんが、全体のバランスによって優れた味わいを表現しています。

ブルゴーニュのロゼをお探しでしたら、このワインを候補に入れるべきでしょう。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

 

スパークリングワイン【1種】

1.フランソワ ミクルスキー クレマン ド ブルゴーニュ

上品かつリッチ
洗練された味わいは
クレマンの最高峰

《価格》【およそ3000円前後

《ブドウ品種》
ピノノワール
・シャルドネ
・アリゴテ
ガメイ

ブルゴーニュのスパークリングワイン、つまりクレマン・ド・ブルゴーニュの中では私が最もおすすめできると感じた一本です。

並のシャンパーニュに匹敵、いや凌ぐ味わいで多くの飲み手を楽しませる品質は必ず紹介すべきと思わせるものでした。

肉厚でリッチかつ上品な白ワインを生むムルソーで人気を集める生産者ですが、そのような特徴を持つムルソーのシャルドネと、味わいに厚みを与え、飲み応えのある品質を生むピノノワールを主体に造られるクレマンです。

特徴は、豊潤さやリッチさが他の生産者に比べて強く感じられる点にあり、洗練された雑味の無さやキレの良い酸味は、リッチさと上品さを合わせ持ちます。

口コミからもそのような味わい傾向が読み取れ、感動を覚えるほどの品質ではありませんが、否定的なコメントもほぼ見当たらず、高い確率で飲み手を納得させている事が印象的でした。

クレマンの中でもトップあるいはトップクラスであり、シャンパーニュと間違えそうと評価される方も複数見られた事も印象的でした。

クレマン・ド・ブルゴーニュを選ぶなら、必ず候補に入れるべき銘酒です。

※このワインの《味わい》《その味わいを生む理由》《当たり年》《飲み頃》《口コミ》など、
さらにくわしい解説はコチラ

ちなみに以下の生産者のクレマン・ド・ブルゴーニュもおすすめです。
クリックするとくわしい解説記事に行きますから、参考になれば幸いです。
・ルー デュモン3000前後
・ポール ショレ3000前後
・ラ メゾン デュ クレマン2500前後
・シモネ フェブル2000前後

 

おすすめワインのまとめ

いかがでしたでしょうか。

とても現実的で実用的なワインの数々でした。

テレビやスマホの中の有名女優やイケメン俳優に憧れるのも良いですが、いつも献身的に支えてくれる妻やご主人、あるいは彼女に彼氏はありがたいものですね。

なんだかそんなワイン達のような気がしたもので・・。(笑)

あ。

独身の方と、お付き合いの無い方を放置してしまいました。(苦笑)

え~

ワインはいつでも誰にでも寄り添ってくれますから大丈夫です。

・・・。

私は何を言っているのかわからなくなってしまいましたので、もうやめます。(笑)

この記事が参考になり、あなただけの好みのワインが見つかれば幸いです。

※尚、もっとたくさんの銘柄を知りたい方はおすすめワイン一覧でも確認できます。

 

では、今回紹介したワインのおさらいです。

赤ワイン3種】
ルイ ジャド シャトー デ ジャック
ムーラン ア ヴァン

3000~3500
ボージョレの最高峰。
上級ピノの佇まい、芳醇でエレガントな品質は熟成で真価を現す。

ダヴィド デュバン
ブルゴーニュ ルージュ

3000前後
若き5つ星生産者。
そっと寄り添うような薄旨ブルゴーニュ・ピノ。

マシャール ド グラモン
ブルゴーニュ ルージュ

2500前後
若くしても土っぽい落ち着いた風味が楽しめる傾向。
手頃な価格で熟成を待つ楽しみ方ができるのは魅力的。

白ワイン4種】
ヴィレーヌ
ブーズロン

2600~4000
アリゴテの最高峰。
透明感とふくよかさを両立し、スレンダーで気品を感じる。

コルディエ ペール エ フィス
マコン ヴィラージュ

2500~3000
完熟ブドウに由来する豊潤で柔らかな果実感、上品で親しみやすいコスパワイン。
ボトルデザインもお洒落。

ジョゼフ ドルーアン
ブルゴーニュ ブラン

2000前後
豊かな果実味に上品な酸、適度な樽のバランスを持った、非常に現実的で実用的なコスパワイン。

アントワーヌ シャトレ
シャブリ

1600~2300
スッキリ爽やかな品質を求める方にはおすすめできないが、フルーティな味わいを好む方におすすめできるコスパワイン。

ロゼワイン1種】
ルイ ジャド
マルサネ

2700~3500
洗練された透明感とバランス感覚、綺麗な酸味を持ったスレンダーな印象のロゼ。

スパークリングワイン1種】
フランソワ ミクルスキー
クレマン ド ブルゴーニュ

3000前後
上品かつリッチ洗練された味わいは、並のシャンパーニュに匹敵するクレマンの最高峰。

 

以上です。

この記事が何かしらのヒントになり、ワインを通して一人でも多くの方の幸せな時間が増えれば嬉しく思います。

 

サイト全体像がわかる【もくじ】はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました